自転車と家族の日記

My Life with bicycle

雪山の写真など

昨日の雪山は残念だったけど,最後に晴れたのは収穫だったですね.
素人がスマホで撮った写真ですが,雪山写真館

IMG_2104.jpg

IMG_2106.jpg

IMG_2124.jpg

やはり雪山ってのは特別な場所です.しかし,通常の登山よりずっと体力がいる.
元気なうちに行っておかないと.
スポンサーサイト
  1. 2017年02月20日 22:40 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

準備不足の明神平

友人のFBを見て,山に行こうって思い立った.

今日は午後から晴れるという予想だったので,6時半起床で,7時に自宅を出る.
もっとも,なかなかモチベーションが上がらず,ベッドでごろごろしてたというのがホントのところ.

雪はたいしたことないだろう,って思っていたら大又林道の上部はめちゃ積もってる.
去年のフィットくんブルーから四輪駆動に買い換えたのに,なんと途中でスタック.
下ってきた人に聞くと,マツダの四駆が上まで上がったらしい.四駆でも性能が違うのかな?
しばらくバックして,勢いを付けて上がったら何とかなりました.
前回も林道でおっこちたけど,クルマが重いからダメなんでしょうかね?

9時にスタート.駐車場はこんな感じ.
myoujin20170219001.jpg

今日は人が多そうです.通常ルートではなく,バリエーションルートで.
階段を右へ上って行きます.
myoujin20170219002.jpg

人工林の急坂を上って行く.1年前よりマーカーが増えたかも?
myoujin20170219003.jpg

トレースなしです.心細く思いながら上ります.
GPSがなければとてもじゃないが無理です.

直登ルートなんで坂がきつい.いったい何度あるのかな?
myoujin20170219005.jpg

アイゼンの前爪を食い込ませつつ
myoujin20170219004.jpg

考えていたよりずっと雪が深い.ひざ上ラッセルしんどい.
IMG_2063mm.jpg

もちろん,こんなところばっかりじゃないですけどね.

林道からの標高差は500mくらい.たっぷり1時間半ほどかかった.消耗しました.

1300メートル付近.少し明るくなってきたかな.
myoujin20170219006.jpg

薊岳への稜線に出た.トレースありません.
myoujin20170219008.jpg

今回はスノーシューもワカンも持ってきてません.
これは致命傷.少し歩きますが,雪が深いんで薊岳は断念.ラッセル続けて行く体力はありません.

仕方なく逆の明神平の方へ進みます.これも2Kmの道がひたすら遠かった.
明神平に近づいたところで,2組の人とすれ違う.スノーシューですいすい行ってる.
なんで持って来なかったのか?自分に腹が立つ.

途中で休憩を入れながら明神平まで.午後から晴れてきた.
myoujin20170219011.jpg

樹氷もばっちり.
myoujin20170219014.jpg

しかし,歩き回るのも大変.ズボズボ足が入っちゃう.疲れた.これはさっさと帰りましょう.

下山したときのバリエーションルートの入り口.ここに入ったのはわたしだけだったみたいです.
myoujin20170219016.jpg

このルートは静かだし薊岳まで近いってのがメリットだけど,ひたすら急坂を上るだけなんで楽しくはない.
一応ログ貼っておきますが,雪が深いときは入らないのが賢明ですね.


とはいえ,台高ブルーがまた見れたのは良かったかな.
スノーシューさえあれば,,返す返すも残念.
  1. 2017年02月19日 17:58 |
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子育て支援と経済成長



期待して買ったわけじゃなかったが,新しいことが書いてあった.
なぜ北欧が高福祉社会になったかは,キリスト教の中でもルター派が多いかららしい.

中世カトリックの贖宥状(免罪符)は悪い制度の代表みたいに思っていた.
単なるお金儲けと勘違いしていましたが,教会はそのお金で貧者救済を行っていたんですね.
ところが,贖宥状を買うことで天国に行けるって話は聖書には書いていない.
ルターは宗教改革で贖宥状を否定したわけですが,もともと教会が行っていた貧者救済ができなくなった.
そこで,みなでお金を出し合ってするような制度を作った.これが社会福祉の始まりなんですね.

一方,カルヴァン派にはそういった制度ができず,集財産制度を認めて資本主義を発達させることになった.
だからカルヴァン派の多い米国では,自由主義経済が一番で,国民が社会福祉を認めようとしないんですね.

戦後の日本社会は米国の影響が大きいので,社会福祉は経済の重しみたいに考えられることが多い.
ところが,福祉にお金を回すことで,投資以上にGDPを押し上げる効果があると筆者は指摘しています.
中でも保育所への投資はリターンが大きく,また子供の貧困を減らす効果も大きいとのこと.

  1. 2017年02月18日 16:37 |
  2. 読書と映画の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子育て世代包括支援センター

全国でこの制度が始まるそうな.


これは大きな動きです.注目したい.


組織ってのは,ある程度大きくなると本来の目的を離れて自らの権威を高めることが目的になるらしい.
方向がそれてくると,権威があるだけに多くの人の迷惑になってしまいます.
中の人も,それが正義だって思っちゃうから始末が悪い.
下手な善意が,人々にとってもっとも迷惑なんでしょう.
  1. 2017年02月18日 00:09 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワクチンは怖くない



舌鋒鋭い岩田氏の本.

しかし,,うーん,残念.理系脳の本ですね.データと知識を並べても人の気持ちは動かないでしょう.
読んでいるとありとあらゆる菌にワクチンを開発しないといけないみたいで,気が遠くなる.

気持ちが動くのはみんなが納得する物語です.それが感じられなかったかな.
読んでいてしんどくなる本だった.

ワクチンは大切ですが,現状は少々やり過ぎ感もある.
行政,薬剤メーカー,接種する医師,誰も止める人がいないからです.
行政は専門家に意見を聞くけど,専門家はもっともリスクに過敏な人だってことを忘れてはならない.

例えば,現状は日本脳炎をワクチンで予防する意義は少ない.
だけど,専門家にコンサルトして,接種を止めることになったとして,一人でも死亡者が出れば大変です.
意見を出した専門家が責任を取らないといけなくなる.
マスコミに「なぜ止めたんだ.」って大騒ぎされるのも間違いないでしょう.

日本では始まったワクチンは構造的に止めることができなのです.
ちょっとでも効くなら良いだろうって意見もありますが,ワクチンって高価なものです.
日本脳炎は4回接種する必要があって,1回7000円くらい.
100万人の出生数として,毎年210億円のお金がかかってる.
みんな自分のお金で接種しているわけじゃないので,どれだけ膨大なコストがかかっているかは省みられることもない.

ワクチンを評価する第三者機関を作って,そこにはトランプさんみたいなコストに厳しい企業経営者もいれるべきですね.






  1. 2017年02月16日 22:57 |
  2. 読書と映画の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本日の自転車通勤

寒いが快晴


週末はどこかアウトドアに行きたいですな.
天気が良ければ良いのですが.

娘が作ったキャラクター つくしちゃん
tukusi1.jpg

こっちはつくしくん
tukusi2.jpg

次回出版する本の表紙に使ってもらえることになった.
さて,最終校正です.
  1. 2017年02月15日 23:21 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春を感じるものなど

先日居酒屋で食べた若竹煮,今年の筍とのこと


本日の自転車通勤で見つけた

ホトケノザ
IMG_2789hotoke.jpg

ナズナ
IMG_2791nazuna.jpg

春の植物が色々出てきているようです.
  1. 2017年02月14日 23:45 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0