自転車と家族の日記

My Life with bicycle

久々の自転車通勤



季節が良くなって久々に自転車通勤復活。
13キロの道のりがこれほど遠いとは。

週末に富士山に登る予定にしていたのですが、天気が悪いようで泣く泣くキャンセル。
この時期の富士で悪天候は大変です。宿とレンタカーのキャンセル代が20%もかかった。とっても痛い。

では週末はどうしようか?
スポンサーサイト
  1. 2017年09月20日 20:19 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブリューゲル展

昨日大阪国際国立美術館でやっていたブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきた。


ものすごい混雑で、入場するまで1時間、中もゆっくり見るには程遠い。連休だったので仕方ないかも。

絵よりも、歴史的な背景が知りたかった。ブリューゲルはオランダ独立前のスペインに支配されていた
ときに生きていた人のようです。
当時は宗教改革でカルヴァン派が優勢になっていたにもかかわらず、スペインはカトリックを強要していた。
そういった不満がブリューゲルの絵にも表れているのかもしれないですね。

totyobijyutu_09.jpg

有名なバベルの塔の絵は意外にも小さかった。
original.jpg

1列目は混雑してて2列目の肩越しに見る。非常に細かい描写が特徴らしいですが、小さすぎて見えなかったのが正直なところ。

  1. 2017年09月19日 22:46 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダンケルク

評判の映画 ダンケルクを見てきた。


第二次大戦の戦争映画。ダンケルクはド-バー海峡に面したフランス領で、ドイツ軍に包囲された連合軍兵士がイギリスに脱出した実話から作られたらしい。
複数の登場人物がそれぞれ極限状態でどう行動したかを克明に描いている。息が詰まるような緊張感でした。
人が死ぬシーンもあるけど、苦手なエグイところはなく、全編ストーリーに入り込めた。

印象としてはリアリズムを追及している感じで、戦場のピアニストみたいな登場人物のヒューマンストーリーはほとんどない。
映像も迫力がある割に嘘っぽいところがない。調べるとCGはほとんど使われていないとのことです。

この映画を見ると、否が応でも自分だったらどうやって逃げようか?って思わせるものがあります。
一言で言うと臨場感の凄さ、というのがこの映画の魅力かな。見る価値は十分にあります。
  1. 2017年09月18日 23:17 |
  2. 読書と映画の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風

今日は久々に結婚式に出席。友人の結婚式に呼ばれることはなくなったが、姪っ子の結婚式でした。
generationが変わっていくのを感じますね。



大型の台風がもうすぐやってくる。式のときは雨は止んでいて助かった。
今晩に直撃のようです。
  1. 2017年09月17日 21:08 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火山の仕組みと超巨大噴火の脅威

科学雑誌 ニュートンの別冊


この豊富なCGと超きれいなカラー写真で1900円とは素晴らしい。

人類は核戦争ではなく超巨大火山の爆発で滅びるのかもしれませんね。
その時は意外に近いのかも?
  1. 2017年09月16日 18:59 |
  2. 読書と映画の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

sakura

ひいきにしていた、ホテルニューオータニのフレンチ、sakuraから。

大阪城も見えるし、夕焼けも素晴らしい。ここからの景色が好きだったのですが、


前に大きなビルが建ってしまうらしい。とっても残念。前のクレーンが邪魔です。
  1. 2017年09月15日 21:10 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車中泊

以前はフィットで車中泊してましたが 過去記事

さすがに狭かった。寝れなくはないけど、用意が大変。中での飲食も難しい。

今は中くらいのSUVになったのですが、まったく違う快適さです。後部座席を倒して、床マットをしきつめ、登山用マットの上から、普通のマットを敷きます。


下も固すぎないし、足を伸ばして眠れるので快適ですね。中でビール飲めるってのも良い。
十分登山基地になりそうです。次はどこで車中泊しようか?
  1. 2017年09月14日 23:49 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0