自転車と家族の日記

My Life with bicycle

ウインドウズ10への移行

事情で職場のメインPCをウインドウズ7から10proへ移行している.
これが大変で,ここ数日PC画面を見るのも嫌になってる.

まず,10では適当なメーラーが付いていない.もともと付いているメールソフトは振り分け機能がないので,仕事でバンバンメールを扱うには向いていない.Thunderbirdをインストールしてみたが,これも使いにくい.返信すると文字がやたらと大きくなるし,変に改行されてしまう.面倒でメールを書く気も起こらない.

最悪なのが,10ではモニタのドット数を調整すると文字がにじむこと.毎日何時間もモニタを見るとひどく目が疲れる.明らかなバグです.今調べると,ネットで対処法がのっていた.明日に試してみよう.

プログラムが一覧で示されない.目的のプログラムを探すのがとっても面倒.

アカウントの管理方法が変わってしまい,理解不能.家族アカウントとその他のユーザーってなに??

画面右下のデスクトップへのショートカットが小さすぎ.

文字変換のIMEがおせっかい.文字入力した途端に予測変換が多数表示されるのがとっても邪魔.

数々ひどいところばっかりで,新しいOSのメリットは何も感じない.
OSのバージョンを変えても操作性は従来にしておくことはできないのだろうか?

アイフォンのテザリングを利用してVPNから仕事場のPCが操作できるように設定したもらった.
これで,日本中どこにいても仕事場のPCシステムが利用できる.


オフィス拡大が可能になったが,さて?
スポンサーサイト
  1. 2017年03月24日 23:27 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VPN

VPNとVirtual Private Networkの略で,インターネット回線を用いて,仮想的にLAN回線を組むことができるものです.

今日,仕事場のLAN回線に専用のルータをつないで,外部からVPNでアクセスできるようにしてもらった.
これで,ウインドウズサーバー,最新のファイルメーカーによるデータベースのネットワークが外部から使えるという優れたシステムになる.
一見便利なようですが,実は仕事に追われているのかもしれません.



  1. 2017年03月23日 21:12 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウインドウズ10

仕事用PCの入れ替え.


データベースソフトを入れ替えたら,ものすごく重たい.
仕方なく,ハイスペックのPCに買い替えた.

初めてのウインドウズ10ですが,扱いにくいですね.これまで使っていた7の方がずっと良い.
なぜインターフェイスを変えてしまうのか?意味が分からない.OSなんて,基本性能だけ変えて,使い勝手は変えないで欲しい.

最近,仕事の3割くらいはコンピューター関係のことになってますね.
明日もネットワークの整備です.
  1. 2017年03月22日 21:15 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レーザープロジェクター

明日の講演用に買ったプロジェクター
IMG_2365sjjj.jpg

5cm四方と非常にコンパクトなんですが,ちゃんと写る.
スマホの映像もPCも大丈夫でした.重いプロジェクターを運ぶ必要がないので助かります.

デジタルグッズの進歩はすごい.
  1. 2017年03月21日 20:46 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

奥飛騨

昨日は研究会の発表2つ.

無事終わって,高山から奥飛騨の温泉へ移動.奥さんとゆっくりしました.
今日は朝から西穂のロープウェイに上ってから帰宅.

西穂からの稜線
IMG_2350.jpg

反対側に笠ヶ岳
IMG_2351.jpg

天気が良く最高の眺望だった.
同じロープウェイに何人もの登山客がいたが,西穂の頂上まで行くのだろうか?
せめて山荘まで歩いてみたいものだが.
  1. 2017年03月20日 22:00 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高山

明日の発表に備えて高山へ


車ですが,それなりに遠かった.

高山はスキーや乗鞍サイクリングなんかで良く来たところですが.
何年ぶりだろう?

今年は雪が少ない気がします.
  1. 2017年03月18日 19:44 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もぎせか

もぎせかとは予備校講師の茂木氏の世界史授業のことです.
ものすごく分かりやすい.しかも,授業の音声がHPに全てアップされている. ここ

スマホでこれを聞きながら,山川の図譜を眺めていると楽しく世界史の勉強ができます.


高校時代に大嫌いだった世界史がうそのように面白い.

ただ,茂木氏の考え方は,かなり右寄りですね.
普通の高校の授業ではできないかも.予備校ならではなんでしょう.

世界史といい,倫理といい,優れた音声ファイルが無料同然で手に入る.
教育は事実上無料で受けられるわけで,良い時代になりました.
  1. 2017年03月17日 23:08 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小池知事

何かと話題の小池知事
f994c3699f3c19645dcfbf377a2a3faf.jpg

豊洲問題は彼女の一人芝居ではなかろうか?

最新技術で作られた豊洲と,昭和初期に作られた築地
どちらが危ないかは一目瞭然です.築地なんてみるからに汚い.

小池氏のポスターですが
tominkoike.jpg

都民が決めるって???
決めるのは政治家の役目です.
小池氏はいたずらに豊洲だけ化学物質の危険を強調して,都民から安心を奪っていますね.

NHKニュースから  ここ

豊洲市場 消費者の信頼得られず安心とは言えない 小池知事
3月14日 19時15分
東京都議会の予算特別委員会が14日開かれ、小池知事は土壌汚染が明らかになった築地市場について、土壌がコンクリートで覆われているなどとして「安全安心だと宣言できる」と述べる一方、同じくコンクリートで覆われた豊洲市場については、安全性は確保されているものの、消費者の信頼は得られておらず安心だとは言えないとする認識を示しました。


???
こりゃ~誰が見たって完全に論理破綻してます.
安全は科学が作るものですが,安心は政治家が作るものです.
自分から安心を壊しておいて良く言うよ,って感じ.

豊洲,オリンピック問題を見る限り,小池氏は単なるデマゴーグのように思える.
過去何代かの都知事の中で飛びぬけて無能ではないかな?

ところが,支持率はとっても良いという不思議.

  1. 2017年03月15日 22:27 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メサイアコンプレックス



ここからの引用

メサイアコンプレックスとは,モラルハラスメントの大きな原因となるものです.
メサイアはメシアのことですが,ターゲットになる人や人々を助けることで自分の存在意義を確認したり,知らず知らずのうちに存在価値を上げようとして,問題を無理に作り出すのです.こういう心理的な流れをメサイアコンプレックスと呼びます.自分がメシア=“救世主”になりたいわけですね.医療の世界でも多々見られます.

最近,日本小児科医会,日本医師会から出されて話題になったポスター
C5KkM2QVcAIa9wv.jpg

この仕掛け人の1人に 清川 輝基氏がいます.

清川氏の本を読んだことがあるのですが
kiyokawa.jpg

amazonには著者からのコメントとして

子どもたちの危機を前に、今、大人たちは何をすべきか!
子ども期に、人間としてのからだや心、コミュニケーション能力を発達させる時間と場所を奪われ“メディア漬け”で育つと、からだや心の発達にどんな歪みや遅れが現れるのか――「言葉がでない」「視線が合わない」など幼児教育や小児医療の現場から報告される“新たな異変”。背筋力、自立神経、視力、足の発達などの“からだの危機”。そして、キレる子ども現象や学級崩壊、不登校、引きこもりの激増、「人を殺す経験がしてみたかった」と本当に人を殺した少年――子どもたちに異常事態が起きているのは明らかだ。
“子どもの危機”の実相とは何なのか。子どもたちが、からだも心も“人間になる”ためには今、何が必要なのか。


と,あります.

これが典型的なメサイアコンプレックスで,メディア評論家?という自分の存在価値を上げるために,火のないところにも煙をあげているわけです.

なお,言葉が出ない,とか視線が合わない,というのは,自閉症の初期症状のひとつですが,これは生まれつきのもので,メディアとは何の関係もありません.切れる子ども,学級崩壊,不登校に関しても,ほとんど無関係です.
いかにも近年話題になっている“子どもの危機”をメディアの責任であるように書いてミスリードしているのが分かって頂けると思います.

専門家は,ある特定の問題にフォーカスするのが仕事です.そこに社会の注目が集まるほど自分の存在価値が高まるということになります.ですので,自分でも気がつかないうちに,モラルハラスメントを起こしやすいのです.
特に子どもの健康面に関与する人間は,常にその主張が過剰になっていないか,監視が必要でしょうね.
  1. 2017年03月14日 21:00 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人類と気候の10万年史

これは間違いなく良書です.


最近のブルーバックスはほんとにレベルが高い.
中川氏は湖の堆積物から過去の時代の気候を推定するのが専門とのこと.理系の人なのに,文章も上手です.

気候ってのは現在はものすごく安定しているが,過去には急激な気候変化が繰り返した時代の方がずっと多かった.むしろ現在の方が特殊な時代のようです.長い地球の歴史の中で,いま文明ができているのは,例外的に安定した時代が続いているかららしい.

あと,特に気に入ったのが,最後の人類がなぜ農耕を始めたかの考察です.
農耕は収穫を増やすが,生物多様性を失わせることになる.だから,気候が激しく変化する時代には農耕を始めることはできなかった.収穫が不安定になるからです.
間氷期に入り,気候が安定したからこそ農耕を開始することができたのではないか,とのこと.
わたしは単に暖かくなったからだと思っていましたが,そんな単純なことではなかったようです.
目からうろこでした.

本を読んでもやもや感が残るのが多い中,この本はズバッと頭に入った.
とってもお勧め.
  1. 2017年03月11日 23:21 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0