自転車と家族の日記

My Life with bicycle

抜糸

抜釘術から1週間。

ようやく抜糸して頂きました。

本日のレントゲン

ヒップスクリューが入ってたところが見事に抜けてる。
プレートの跡形もついてますね。骨が弱ってるので、しばらく無理しないように強く言われた。

IMG_3223.jpg

病院通いもこれでようやくひと段落。ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2012年01月31日 21:31 |
  2. 大腿骨頸部骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大腿骨抜釘後

ヒップスクリューを手にとって触ってみると、ものすごく硬い。
曲げようとしても全く曲がらない。
IMG_3190.jpg

ヒップスクリューの抜釘術をした人は少ないと思うので、私の経験を書いておきます。

なお、基本的に一定の年齢を過ぎれば抜く手術はしません。
老人などは、ずっと入れたままです。
私は1965年生まれで、この手術するには比較的若いので、主治医の先生に抜くことを勧められたのです。

ます、抜くことのメリットは、
異物が体の中にあると長期的にはどのような影響があるか分からない。
体の中は隅々まで血液が流れている。血が流れないところは感染のリスクがある。
チタン棒そのものに感染を起こすわけじゃないが、その周囲の組織に起こさないとも限らない。
いったん感染を起こすと、治療が困難です。血流のないところには薬も届きません。

また、次回同じような骨折を起こした時、複雑に折れることが予想されます。

⇒ただし、感染も骨折もそれほどリスクが高いものじゃありません。

一方、抜くことのデメリットは、、、、
何といっても手術しなければいけないってことです。

今回、手術を受けてみて、かなり侵襲が強いということが分かりました。
手術は全麻もしくは腰椎麻酔だし、大腿は厚い筋肉に覆われているので、それを切るというのも大変です。
出血が多い部分でもあります。輸血が必要になることもあるでしょうね。

また、チタンが入って固定されていた部分はレントゲン上、明らかに骨が薄くなっています。
しばらく再骨折の可能性もあるし、抜いた後1カ月ほどは松葉杖の生活になるようです。

抜釘するかどうかは、主治医の先生と良く相談して決めて下さいね。


術後1日ですが、何とか出血が止まったので、血抜きの管を抜いてもらいました。
その後、皮膚のホッチキスで止めるのですが、これが痛い。

松葉杖もしくは車いすでトイレに行けるようになった。
術後の痛みは入れた時よりずっとマシです。
今日は普通に本を読んだり、ブログを書いたり。

あと、腰椎麻酔の後は頭痛がしますね。少しですが。鬱陶しい。
入院中に片付けようと思ってた仕事、、、する気にならん。明日からにしようっと。








  1. 2012年01月25日 19:34 |
  2. 大腿骨頸部骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大腿骨頸部骨折 ヒップスクリュー 抜釘術

本日、入院。外は雪降ってる。

午前中に病院に来て、病室に案内してもらう。
看護師さんが手術着と紙パンツ持ってきてくれた。

本読みながら手術の時間を待つ。

デフレの正体 -経済は「人口の波」で動く
top_book_dehure11.jpg

かなり納得。ついでに書くと、経済だけでなく、政治も「人口の波」の影響を受けてますね。

現在の日経平均 8,812.72円。ユーロが買われたんで、トヨタなんかの主力株が上昇している。
頑張れ日本株。

不安感を紛らわすのに、本を読んだりネットでチェックしたり、、

ドキドキ、、、


いよいよオペ室の看護師さんが点滴に来ます。
オペ着に着替え、しばらく待って、昼前に入室。
オペ室までは歩いて行きます。

さて。いよいよまな板の上に乗せられたおっさん。
横向きになって腰を中心に消毒。腰椎麻酔です。
私、過去何度も腰椎穿刺をしたことはありますが、自分が刺されるのは初めて。痛そうやな~

ドクターが
「さー行きますよ。」
って言ってチクリ。思ったほどじゃない。だけど背中だから恐怖心はありますね。
麻酔を入れて、手術する側を下にて寝ていると、徐々にしびれてくる。

当然意識はあるし、しびれるだけで足の指は動きます。
触られているのもよーく感じる、ゲゲゲっ!これで切り裂かれるのかよ~
って思ったけど、いつの間にやら手術は始まってました。

で、骨にねじ込まれているプレートをひきはがすのですが、ドクターが悪戦苦闘しているのが良く分かる。
「なかなかやな~」、「固い!」

わたし
「抜けんかったらどうなるんやろ?」

整形外科の手術は骨を扱うものですから、力仕事っっぽいところもある。
ハンマーを使ってカンカン。
麻酔が効いてるとは言え、ものすごく衝撃を感じるし、深部は麻酔が効かないからか、結構痛い。
このまんま痛いの続くの、嫌やな~
って思っていると、やっとプレートが外れたようです。ありがとうございました。

その後、何層もの筋肉を塗って、皮膚を縫いつけて、ドレーンっていう血抜きの管を入れて終了。
手術の時間は1時間ほど。何とか耐えられる痛みの範囲だった。
現代に生まれてホント良かったです。
私の祖父は盲腸を麻酔なしで切ってたらしいですから。

レントゲンを確認して終了。
看護師さんが病室まで運んでくれました。

病室に帰ってから徐々に麻酔が切れてきて、痛い。
鎖骨のプレートを抜いたときよりずっと侵襲は大きいですね。
また、腰椎麻酔は1日頭を上げたらアカンらしいです。これもつらいな~

とはいえ、ここまで無事終了。
I見先生、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

外したスクリュー。体重を支えるものですから、太いですよ。チタンでできてます。
2012_01_24_15_53;Canon PowerShot S95_IMG_3187

現在酸素吸ってます。明日まで吸わんとアカンらしいです。
  1. 2012年01月24日 19:03 |
  2. 大腿骨頸部骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

明日、手術


大腿骨骨折+鎖骨骨折の事故から約1年

私の右脚に入ってるチタンの棒です。

IMG_1058.jpg

明日、これを抜く手術をしてきます。また入院日記になるわけだ。

麻酔は腰椎麻酔ってやつ。背中に針を刺して脊髄の麻酔を掛けるのですが、、、

痛そう、、ホンマ、嫌やな~

とっても憂鬱です。
  1. 2012年01月23日 21:47 |
  2. 大腿骨頸部骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

骨折後半年

大腿骨頚部と鎖骨を骨折して半年経ちました。

意外に早く復帰できて、鎖骨のプレートも抜いたし、来年1月には大腿骨に入ったヒップスクリューも抜くことになっています。

日常生活には不自由なし。鎖骨が動けなかったので、腕だけを動かすことで肩関節炎を起こしてつらかったのですが、それも徐々に回復しつつある。右上腕の可動域がややせまい程度。

あんな事故にあったのに、自転車に復帰。あちこち走り回ってる。

もっとも、昨年の今頃と比べると明らかに体力が落ちてる。完全に元通りになってるわけじゃないみたい。無理すると膝が痛くなる。
また持久力がなくなっているのは確か。何本も坂を上ることができない。

今朝は信貴山に上ってから職場へ。
昨年は12分台で上っていたのに、今年は13分切れない。

今朝のタイムは14分4秒。徐々に遅くなってる。ちと悲しい。

2011.8.20 IMG_2454

午後は雨でDNS。まあ、ぼちぼち走りましょうか。

なんと、Edge800がまた壊れた。ガーミン、ええ加減にせーよ!

Edge800の顛末については後日書きます。台湾からメールの返事来ました。
英語メールだったのでフィルターに掛かってしまってたみたい。
  1. 2011年08月20日 17:39 |
  2. 大腿骨頸部骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

病院受診の日

今日で受傷から30日目。手術から28日目です。

手術からちょうど4週間。今日は病院を受診する日です。
レントゲンはどうなったかな~?

昼休みのローラーは怪我後最高タイム。心拍も181まで追い込めました。
ドクターにばれたら怒られそう.

タイム: 00:46:30
距離: 20 km
カロリー: 487 C
平均心拍: 155 bpm
最高心拍: 181 bpm
体重 59.7Kg
体脂肪率 12.7%

しかし、この運動量なのに心拍上がりすぎ。ペダリングがスムーズでないからですね。
今はスリッパでこいでるのですが、明日からビンディングペダルに換えてみる予定。
足元が滑るのはやっぱり良くないっす。

体重は増えすぎないようにしているのですが、体脂肪率が上がってる。
筋肉量が落ちた証拠ですね。目標は体重58Kg、体脂肪率 9% です。




夕方に病院の午後診を受診。

先に肩と腰のレントゲンを撮って診察室へ。
順調に骨はくっついてきているようです。ありがたや~

次回受診は6週間も先で良いとのこと。そりゃ~、そうか。
あとは骨がくっつくのを待つだけですから。
4~5ヶ月後に鎖骨のプレートを抜く予定。7月くらいかな。
大台ケ原のヒルクライム出た後に考えます。


  1. 2011年03月08日 22:02 |
  2. 大腿骨頸部骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

骨折画像

大腿骨頚部骨折の3DCT画像が手に入った。(クリックで大きくなります。)

3DCT画像 2500

分かりますかね?右の大腿骨頚部が2箇所、横と縦にざっくり割れてます。
  1. 2011年02月24日 00:09 |
  2. 大腿骨頸部骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

退院

今日で退院。受傷から17日目、手術から15日目です。

多少なりとも杖なしで歩けるようになりました。何とか社会復帰できそう。
お世話になった方々のおかげです。

今朝の写真。ちょっと傾いてるか?

IMG_1100.jpg

ユーロワークスの皆さん
事故処理と連絡ありがとうございました。

救急隊の皆さん
 忙しい中、搬送ありがとうございました。
 
救急外来の優しい看護婦さん
 痛い中、丁寧に接していただいて助かりました。

主治医で手術してくれた○し○先生
 ありがとうございました。手術してとっても楽になりました。

病棟スタッフのみなさん
 何から何までお世話になりました。

看護助手の方
 リハビリ、検査、入浴、連れてってもらってありがとうございます。

掃除のおばちゃん
 いつも病室をきれいにしてもらって感謝。

リハビリの 大○さん つか○たさん
 リハビリがこれほど大切とは、目からうろこでした。

その他、病院運営に関わっている方々。
大変お世話になりました。

また、お見舞いに来ていただいた皆さん、ありがとうございました。
ご心配お掛けして申し訳ありませんでした。

自転車には乗りますが、もう怪我しません。

2011_02_23 15_20_07IMG_1107



  1. 2011年02月23日 17:52 |
  2. 大腿骨頸部骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

松葉杖

今日で受傷から16日目、手術から14日目です。明日退院予定。

昨日から松葉杖を使って歩いています。車いすよりずっと移動しやすくなりました。
階段の昇降もできます。

2011_02_22 06_58_12IMG_1097

足の痛みはないですが、肩の下で杖を挟むところが痛い。
昨日、はりきって病棟をうろうろし過ぎたのかも。

2011_02_22 06_59_11IMG_1098

で、タオルを巻きました。手元にあった輪ゴムで止めた。

嫁さんに買ってきてもらった自転車雑誌。
やる気まんまん。早く乗りたいぞ。
ただ、前と同じように乗れるのか、不安ではあります。痛みが残らないかな~?

2011_02_21 17_26_13IMG_1094
  1. 2011年02月22日 08:32 |
  2. 大腿骨頸部骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

退院決定!

今日で受傷から15日目、手術から13日目です。

昨夕、ドクターがやってきて、突然、「もう全負荷かけましょう。良ければ退院しましょう。」って言われました。
経過が良いので、早い目に退院しても大丈夫だろうとのこと。

リハビリでは1/3負荷でほとんど右足に体重をのせてなかったのですが、これにはびっくり。大丈夫か?

全加重であれば、両足に均等に体重をかけても良いということです。
やってみると、以前よりまっすぐ立てるようになりました。この状態では痛みはありません。

2011_02_21 08_11_23IMG_1086

確かに、私、車いすでウロウロしてますし、飯もワシワシ食べている。
ちなみに病院食だけでは足りませんので、食後はチョコレートやクッキーを談話室まで持って行き、自販機のコーヒー飲みながらPCの仕事したり、ブログ書いたりしています。

病棟の友、コーヒーと新聞の自販機

2011_02_19 06_15_37IMG_1072

そんなこともあって、元気だと思われているみたい。そりゃ~、他の大多数の入院患者は老人なんで、私など元気な方なのですが、、

ただ、“立つ”から“歩く”まではかなり遠いですね。
歩くためには、左右の足に交互に全体重をかけなければいけません。
上下動もあるために、足には体重以上の負荷がかかります。
立っているだけで一歩も歩けないのであれば、仕事どころか日常生活ができません。

病院は車いすで移動していますが、ほとんどバリアフリーとなっており、トイレに行くのも車いすのままで入っていけます。入浴も風呂場用の車いすに乗って行くので不安感はありません。
食事も部屋まで持ってきてくれます。階段の上り下りもありません。全てエレベーターです。

バリアフリーがなぜ必要か、身にしみて分りました。
ほんのちょっとの段差があっても越えられません。

自宅は一般的な住宅ですので、車いすは使えません。段差はあるし、階段もある。
お風呂に入るのも段差、トイレは段差はないですが、手すりはありません。

さてさて、どうするのか?

とりあえず、今日から松葉づえの練習を開始します。鎖骨骨折のため、まだ右肩に負荷をかけられないので、左だけです。たった1~2日の練習で少しは動けるようになるのか?

ということで、かなり不安はありますが

23日(水曜日)退院予定です。



退院にそなえて、松葉づえの使い方をリハビリで教えてもらいました。

まず、私は右足が不自由なので左に杖を持ちます。
歩くときには杖と右足を一緒に出して、次に左足を出す。

階段が大変です。
上りは杖と右足で支えてまず左足を上げる。その後、右足を引き上げる。
下りは左足で支えて、杖と右足を下げる。その後、左足を下して支える。

これは大脳に覚えさせても失敗します。しっかり練習して、小脳に回路を作らなければ。。

それにしても、リハビリの理学療法士さんは偉大です!
教えられたようにすればちゃんと歩けました。日常生活が可能かも。
怪我や病気を治すことも必要だけれども、その先には体の機能を元に戻して、社会生活を送らねばならないということがあります。リハビリはそこで活躍するのですが、こんなに重要だったとは。。目からうろこでした。

リハビリの○森さん、ありがとう。ちょっと痛かったけど。
  1. 2011年02月21日 07:46 |
  2. 大腿骨頸部骨折
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10