自転車と家族の日記

My Life with bicycle

鍋谷峠からかつらぎ町へ

今日は午後の仕事がない!

終わるや否や、服を着替えて、自転車でお出かけ。

石川CRを南へ
2012_10_25_13_00;_RIMG0059

その後河内長野から国道170号へ。
ガーミンの調子が悪く、ルートがうまく表示されない。
方角が分からない等、何度も道を間違える。

何とか鍋谷峠まで
関西ヒルクライムTTのスタート地点。ここに来るまでに上りあり。
既に脚に来てました。
2012_10_25_15_28;_RIMG0064

上ってる途中。雰囲気は高野山に似てる。
2012_10_25_15_41;_RIMG0066

薄暗い杉林の中の道を上る。斜度はきつくないが、長い。

えっちら、おっちら。34×28の低ギア比で上る。
やっと頂上に。
2012_10_25_16_05;_RIMG0069

タイムは34分40秒。サイトで1位の人の倍も掛かった。
みんな速いな~。。今の体じゃ、本気TTしても30分切れんでしょう。

記念に登録しておきましたけど、最下位でした。まあ、最下位がいるからブービーもできるってことで。

その後、和歌山側に下り、茶がゆさんのお家へ。
送って頂き、ありがとうございました。ホンマ感謝です。

スポンサーサイト
  1. 2012年10月25日 22:15 |
  2. 自転車ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

龍神スカイラインツーリング

久々に山岳ロングに行こうと思い、高野山方面に向かった。

早朝5時頃に出ようと思ったけど、昨晩から鼻づまりがひどい。微熱もあるし、4時半に起きたものの、めちゃ体が痛い。こりゃ~アカンって思い、しばらく様子を見ることに。

7時過ぎまで寝て、起きたらちょっと戻ってる。行くなら今日しかない、、って思い、とにかく出発することに。
時間も遅いし、たどり着けるか分からない。ダメなら途中で引き返すつもりだった。

というわけで、出発したのは午前8時30分。めっちゃ遅い。

国道24号を御所から五条方面へ。アップダウン多少あり。
IMG_5298-yokohama.jpg

この辺りは元気なので、30Kmで巡航。天気もよく、気持ちの良いサイクリング。

高野山道路へ。高架下が関西ヒルクライムTTの高野山コースのスタート地点。
IMG_5307-yokohama.jpg

高野山道路を上る。だらだらの上りが延々と続く感じ。
IMG_5310-yokohama.jpg

高野山に着いた。既に11時30分。体調は悪くはないが、、、ウーム、先に行けるかな?
247348_372311086181165_1082581355_n.jpeg

今日は連休の初日。高野山はクルマで一杯だった。
IMG_5313-yokohama.jpg

結局先に行くことに。龍神スカイラインを南へ。アップダウンをひたすら繰り返す。ここはとにかく長い!
IMG_5316-yokohama.jpg

標高は約1000m。すすきがきれいに並んでいる。
IMG_5320-yokohama.jpg

紀州の山々。
IMG_5325-yokohama.jpg

やっと護摩壇山スカイタワーの駐車場へ。
炊きこみご飯、200円でカロリー補給。
IMG_5327-yokohama.jpg

RFX8.ペダルはMTB用のSPDに換えてあります。SPDは輪行の時に便利。
IMG_5332-yokohama.jpg

和歌山方面への下り。渓谷の横の道を走ります。
IMG_5336-yokohama.jpg

とにかく疲れた。田辺方面までは最後に300m程度の上りがあります。
虎ヶ峰峠というらしい。すっかりイヤになって、休憩しながら上る。
IMG_53446666.jpg

ヘロヘロになって紀伊田辺駅へ。到着後15分で特急が出るとのこと。
大急ぎで輪行の用意。
IMG_5355-yokohama.jpg

特急くろしおで帰る。田辺ー天王寺は約2時間と、意外に時間がかかる。
IMG_5356-yokohama.jpg

本日のルート


それなりに面白いルートでしたが、ちょっと単調かな。
同じような景色が続くので、飽きちゃう。
前半は上りが延々と続くので、めっちゃしんどいです。
獲得標高もかなりのもの。

気軽に輪行できることが分かったので、次は違うルートで紀州まで行って見たい。

距離: 158.30 km
タイム: 7:39:00
平均ペース: 2:54 min/km
平均スピード: 20.7 km/h
高度上昇値: 2,475 m
カロリー: 6,002 C
平均気温: 19.3 °C

久々のロングライドで、首が痛いのと、尻が痛くて仕方ない。

  1. 2012年10月07日 22:46 |
  2. 自転車ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

黒滝~行者還ツーリング

以前から行きたかった国道309号線の行者還林道にツーリングに行った。



学生時代にオートバイで何度か行ったが、当時は未舗装だった。
現在は舗装されているとのことなので、ロードでも行けそう。

自走は厳しいので、道の駅吉野路黒滝までクルマで。自宅から1時間30分と結構かかった。
2012_09_22_09_00;_2

県道138号を黒滝川に沿って上っていく。峠を越えて洞川へ抜ける予定。
2012_09_22_09_19;_5

が、トンネル通行止めの表示が。
2012_09_22_09_25;_7

近くのおばあさんに
「通れませんかね?」
「あー、あんた自転車やろ。自転車やったら隙間抜けて通れるで!」
『??そうなのか?』
「えらい山道やで。まあ、通られへんかったら戻って来たらええわ。」
なんて軽く話された。納得できるようなできないような。。。
まあ、ええわ。とりあえず行ってみることに。

峠まで激坂が延々と続く道でした。
2012_09_22_09_38;_13

路面は石や枯れ枝だらけ。パンクが心配だ。
2012_09_22_10_02;_20

やっと上りきったと思ったら、、ガーン。
2012_09_22_10_40;_26

どうやって通ったかは想像にお任せします。

トンネル反対側
2012_09_22_10_46;_28

洞川へ。温泉街があるので、この付近は道も良くなってる。
2012_09_22_11_01;_31

天川村まで来ました。ローソンもどきの商店。これを右に走ると国道309号線、行者還林道方面です。
2012_09_22_11_12;_33

この道は素晴らしい。渓谷沿いに走ります。
2012_09_22_11_35;_54

神々しいくらいの水の色
2012_09_22_11_33;_50

上流に行くと、岩が荒くなってくる。
2012_09_22_11_59;_64

山の至る所から水が流れ出てきます。さすが、日本で最大の雨量を誇る地域ですね。
2012_09_22_12_16;_74

徐々に高度を上げていきます。写真を撮りながらゆっくりと。
2012_09_22_12_20;_77

ヒルクライム。ここの上りはダラダラ、めっちゃ長い。
2012_09_22_12_24;_78

やっと頂上。行者還トンネルについた。
2012_09_22_12_34;_80

トンネルの中。走るとめっちゃ寒いです。山の中の気温なのですね。
2012_09_22_12_35;_81

トンネルを抜けて、300mほど下った地点でUターン。
2012_09_22_12_56;_82

大台ケ原方面。ここも最高の景色でした。
2012_09_22_13_14;_87

国道309号を北へ帰る。トンネルを避けて旧国道を上ってると、台風で道が寸断されてます。
2012_09_22_14_54;_110

仕方なく戻ってトンネルを行く。
2012_09_22_15_00;_111

暗い中を高速で走るのは怖いです。クルマに抜かされるのも恐怖感、パねえっス。

道の駅まで帰って、上北の温泉に入って帰った。
2012_09_22_15_49;_115

ここは最高のツーリングルートでした。あちこち道が通れないのが残念でしたが。
紅葉の時期に走ったら最高だと思います。10月にまた行こうっと。

距離: 77.67 km
タイム: 6:06:01
平均ペース: 4:43 min/km
平均スピード: 12.7 km/h
高度上昇値: 1,668 m
カロリー: 2,923 C
平均気温: 20.4 °C






  1. 2012年09月22日 20:57 |
  2. 自転車ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五條~黒滝サイクリング

今日は行者還林道へ行くつもりだったが、黒滝村は晴れマークなのに、天川村は雨らしい。

それなら晴れてるところだけ走ろうと、五條から黒滝まで走ることに。

五条駅前にクルマを置いて、自転車で走り出します。
2012_09_16_08_42;_4

県道138号を南へ
2012_09_16_09_27;_8


一の木ダムから銀峰山方面へ上っていきます。
2012_09_16_09_41;_11

国道168号から県道49号を東へ。渓谷の良い雰囲気の道だが、東に行くにつれ雨になってきた。
2012_09_16_11_09;_24

道の駅吉野路黒滝で雨宿り。おにぎりセット食べる。
2012_09_16_11_45;_26

しばらく待つと晴れてきたので、国道309号から県道20号経由で五條へ。
2012_09_16_12_49;_28

距離: 68.93 km
タイム: 4:42:31
平均スピード: 14.6 km/h
高度上昇値: 1,506 m
カロリー: 2,597 C
平均気温: 26.3 °C

わたし的にちょうど良い距離と高度差のルートでした。
奈良県南部は面白い道がたくさんありそう。また開拓したい。



しかし、2年前に買ったタイヤ ブリジストン エクステンザRR2だが、ひび割れてカーカスが見えている。
これはまずいって思い、帰り道にあった自転車量販店でパナレーサー クローザーの25Cを購入。
帰ってメンテのついでに付け替えた。

さて、ニュータイヤ。どんな感触だろう。楽しみ。
  1. 2012年09月16日 18:40 |
  2. 自転車ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

乗鞍スカイラインツーリング

乗鞍スカイラインを上りに行ってきた。
A木先生、つるさん、お世話になりました。ありがとうございました。
めちゃ楽しかったっス。

写真の公開設定に手間取って、遅くなってしまいました。

朝4時50分にA木先生に迎えに来てもらって、高山へ向けて出発。
約5時間で、乗鞍スカイラインの入り口手前にある駐車場まで。
2012_09_09_09_30;_4

自転車を下ろして、登攀開始。
最初は樹林帯を上ります。
↓つるさん。
2012_09_09_10_04;_11

森林限界を越えると、別世界になってくる。
2012_09_09_11_54;_27

A木先生、余裕ですね。
2012_09_09_11_55;_30

頂上まであと少し。
2012_09_09_12_10;_37

2時間半ほどかけて畳平までゆっくり上った。
乗鞍スカイラインは極端に傾斜がきついところもなく、ゆっくりなら楽に上ることができる。
マイカーが通行できないので、交通量も少なく、初心者でも楽しめると思う。

写真のスライドショーです。

写真ダウンロードはこちら

数日間公開します。




  1. 2012年09月09日 23:29 |
  2. 自転車ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

六甲ツーリング

今日は朝起きたのが遅かった。

10時頃からお出かけ。逆瀬川から六甲へ上った。
2012_09_02_12_46;_4

タイムは61分。ウーム、2年前は47分台だったのですが。
衰えは激しいっス。

一軒茶屋を過ぎてそのまま摩耶山へ。
2012_09_02_13_13;_8

山上の気温は高くない。大分秋が近づいたようだ。
でも、帰る途中にはゲリラ豪雨でずぶ濡れになった。

夜は家族でイタリアレストラン、ALBAへ。

今日のメインは牛頬肉
2012_09_02_20_49;_29
  1. 2012年09月02日 22:20 |
  2. 自転車ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久々の六甲

ホントに久々にロードバイクに乗った。

何とか自転車通勤できてきたので、山に上ってみようと。
せっかくの日曜日だから六甲山まで。
最近はMTBで山道を上ることが多かったのですが、担ぎが足に負担がかかって無理。

逆瀬川駅前までクルマで移動。RNC3で一軒茶屋まで。

2012_02_19_12_35;IMG_3345

TTなんてとんでもない。上るだけで精一杯。途中何度も休憩入れた。
F34×R28でもしんどい。負荷をかけると手術した右股関節が痛みます。

いつもは摩耶山まで走るんだけど、一本で限界。さっさと帰る。

六甲山上は雪はありますが、路面は大丈夫ですね。
2012_02_19_13_31;IMG_3346

下りは激寒かった。オートバイ用の真冬グローブですが、指先が痛くてたまらん。

帰りに日帰り温泉宝乃湯に寄って帰る。良いお風呂だけど、混むのが難点かな。
  1. 2012年02月19日 20:32 |
  2. 自転車ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

六甲山~摩耶山ツーリング

今日は午後から宝塚へ移動。逆瀬川駅から六甲山の一軒茶屋までタイムトライアル。

甲寿橋で15分。汗がひどい。六甲に上がる道へ入ってしばらく行くと汗が目に入って痛い。
額を拭いた途端、ハンドルを取られて道脇の杭に激突。転んでもーた。

慌てて起こしてTT再開。右腕をひどく打ちつけて痛い。

R28を使ってその後の激坂区間を上りますが、それでもケイデンスが60以下に落ちるところもあり。
脚力落ちてますね。バイクも重いし、荷物もあるから仕方ないのかも。

芦有道路の分岐で43分。ここから約10分はかかる。
ヘロヘロになって一軒茶屋へ。タイムは53分51秒。。。クロモリでも50分は切らんとあきません。

汗をかくと山上は寒い。ジャンバーを着込んで走り出します。
六甲山上を快適ツーリング。ロードバイクで走るには最高の道です。
六甲は近畿では標高も高く、海が見えるので景色がいい。

午後から雲が増えてきました。摩耶山に着いたときには薄暗くなってきた。
少し秋の景色になってきましたね。紅葉のシーズンにまた来ようっと。




折り返して宝塚に帰ったときにはすっかり暗くなってます。
クルマまで帰って、バイクを積んでから有馬温泉まで走り、かんぽの宿で温泉に入って帰る。
ヒルクライムの後の温泉は最高です。

帰ってから打ち付けた右腕が痛い。
明日は天気が怪しいですね。ツーリングに行けるか?


  1. 2011年10月29日 22:39 |
  2. 自転車ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

河内長野経由かつらぎ町へ

今日は午後から大阪南部のショートツーリング。

柏原市から石川CRを南下して河内長野まで。大阪府道河内長野かつらぎ線で蔵王峠を越えて和歌山県かつらぎ町へ下ります。JR妙寺駅から輪行で帰る予定。

バイクは輪行しやすい小径車のMR-4Rをチョイス。折りたたむのが楽です。
2011_10_27_12_45;Canon IXY 50S_IMG_3366

石川CRを南に走ります。
L_2011-10-27_12_22_48_00010.jpg


途中で見つけたコサギ(だと思う。間違ってたらご指摘下さい。)
石川も昔に比べすっかりきれいな川になった。
2011_10_27_12_49;Canon IXY 50S_IMG_3371

天気が良いのでたくさん自転車走ってる。
L_2011-10-27_12_22_48_00025.jpg

Edge800のナビ機能を使って走れば道に迷うことはない。となりがINOU.。
何と、うまく止まってなかったのか、CR途中でINOUを落としてもーたorz。
その後も動いてるので壊れてないと思いますが。。

滝畑ダム。
2011_10_27_14_39;Canon IXY 50S_IMG_3378

ダムを過ぎれば道は悪くなる。
L_2011-10-27_12_22_48_00077.jpg

激坂も。
L_2011-10-27_12_22_48_00086.jpg

かなり荒れてきました。
L_2011-10-27_12_22_48_00090.jpg

やっと峠を越えて、和歌山側へ。
峠の南側に下りて明るくなってきました、もうちょっと。カメラが汗でぬれて曇ってます。
L_2011-10-27_12_22_48_00117.jpg

予定より1時間早い電車に乗れそう。MR-4Rを素早くたたんで、何とか間に合った。
2011_10_27_16_30;Canon IXY 50S_IMG_3390

輪行で帰るのは楽、、だけど途中で電車を間違えてえらく時間がかかってしまった。
  1. 2011年10月27日 23:29 |
  2. 自転車ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

若狭湾 原発めぐりサイクリング

今日は若狭湾沿いをサイクリング
愛車フィットにバイクを積んで出発。


車を東舞鶴の駅前の駐車場に止めます。1日500円。安いですね。バイクを下ろして走りだします。
2011_10_16_09_30;Canon IXY 50S_IMG_3197

散々悪口書いてますが、Edge800のナビ機能は素晴らしい。知らない道も不安感なく走れます。
2011_10_16_10_21;Canon IXY 50S_IMG_3212

今日のバイクは小径のMR-4R。小浜まで走って、電車で東舞鶴まで戻ってくる予定。
輪行しやすいようにと思ったのですが、後でハプニングが。。
海沿いのきれいな道をアップダウンを繰り返しながら進みます。
2011_10_16_11_00;Canon IXY 50S_IMG_3220

今日の目的、、、原発をこの目で見ることでした。
関西電力高浜原発です。
2011_10_16_11_21;Canon IXY 50S_IMG_3243

原発に流れ込む冷却水の取水口。2011_10_16_11_06;Canon IXY 50S_IMG_3232

ものすごい流量です。原発が作る熱量のすごさがわかります。
2011_10_16_11_05;Canon IXY 50S_IMG_3230

原発を過ぎて、半島を北へ。
高浜市には音海断崖という名所があるとのこと。トレッキングのための道ができてますが、落ち葉と小石で荒れている。パンクが心配ですが、自転車で進みます。
2011_10_16_11_26;Canon IXY 50S_IMG_3245

1.2Kmほど進むと音海断崖が見えた。一見の価値あり。ここからさらに1Km進むと灯台があるはずですが、自転車で行くのは苦しいです。今回は断念。
2011_10_16_11_39;Canon IXY 50S_IMG_3259

山を下りて、再び原発と自転車。近くは海釣り公園になってて、ダイビングを楽しむ人もいました。
事故さえなければクリーンな発電所なんですね。
2011_10_16_11_52;Canon IXY 50S_IMG_3265

ここで12時。腹減った。ただ、田舎過ぎてコンビニどころか食堂もない。
開いてる雑貨屋を見つけて、カップラーメンで昼ごはん。ちょっとさびしすぎ。
2011_10_16_12_03;Canon IXY 50S_IMG_3269

さらに海沿いを東に走ります。次の目的地は大飯原発。
2011_10_16_12_27;Canon IXY 50S_IMG_3271

これは途中にあった、関西電力の原発の研修施設。宿舎もたくさん。
写真は原子炉施設とほぼ同じ大きさと形。中には原子炉のシュミレートをする施設があるらしい。
2011_10_16_13_14;Canon IXY 50S_IMG_3281

もう少し進むと、半島の先からすごい数の送電線が来ています。送電線の先に発電所があるようですね。
2011_10_16_13_34;Canon IXY 50S_IMG_3283

大飯原発。残念ながら発電所はトンネルの向こう。同時多発テロ以降、発電所の見学ツアーもなくなったようです。
2011_10_16_14_24;Canon IXY 50S_IMG_3287

横に大飯原発のアピール館。勉強がてら休憩。
2011_10_16_13_46;Canon IXY 50S_IMG_3286

大飯町の交番。めちゃくちゃ立派。その他の公共施設も不必要と思えるほど立派。原発マネーで潤ってることは間違いないみたい。
2011_10_16_14_31;Canon IXY 50S_IMG_3288

小さな地区なのに集会所がすごい!
2011_10_16_14_35;Canon IXY 50S_IMG_3290

小浜市まで走って、電車で帰ろうかと思いましたが、国道27号はトラックだらけで危ないし、脚に疲れもきたので、並行して走ってるJR小浜線の駅を探して帰ります。加斗駅。

なんと、駅員さんは散髪屋さん。呼び鈴を押すと、出てきて切符を作ってくれる。
2011_10_16_15_27;Canon IXY 50S_IMG_3296

ここで、なんと輪行袋を忘れてきたのに気づく!ガーん! どうしよう~。ここから自転車で帰るのは大変だ。困ってたら、、

駅員さん(散髪屋さん)が親切にも使わなくなった自転車用のカバーをくれました。
2011_10_16_15_28;Canon IXY 50S_IMG_3297

何とかこれで電車に乗ります。おばちゃん、あらいがとう!!

2両編成のワンマン電車。バスみたい。ドアはボタンを押さないと開かない。
2011_10_16_15_35;Canon IXY 50S_IMG_3302

東舞鶴の駅前駐車場に戻ってきたのは16時16分でした。
ここからは車。帰りの高速がつらかった。中国道の渋滞はどうにかならんかな~

  1. 2011年10月16日 23:40 |
  2. 自転車ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0