自転車と家族の日記

My Life with bicycle

ポイント制度撲滅運動

インターネットプロバイダから,光回線がプロバイダ管理になる?とかで,手続きしてくれとのこと.

わたしが使っているのはNTT西日本ですが,


回線なんて普段触らないでしょう.IDは何とか最初の契約書に書いてあったのを発見したけど,パスワードなんて当然分からない.
仕方なく,電話で手続きのことを聞いて何とか設定したのですが,今度はポイントを移行してくれって.
なんじゃ,そりゃ?ポイント制度があるなんて知らんかったし,何でNTTがそんなややこしい制度を管理しているのか?
そんなのがあるから移行するのもめちゃくちゃ手間がかかる.全く時間の無駄です.
システムが複雑すぎるんですよ.

前にも書いたけど,ポイント制度なんて割引と違う.その分手間賃がかかってて,コストに上乗せされてるんです.
お得なポイント,って言葉は大嫌い.いざと言うときの足かせにもなる.
こういうことにかなり詳しいわたしでも無理なんだから,おじいさん,おばあさんレベルになると完全に無理でしょう.

なんでもうちょっとシンプルな制度にできないんでしょうね.
とにかくポイント制度は全て廃止すべき.世の中を分かりにくく,住みにくくしているだけです.
わたしは今後,ポイント制度のある企業,お店はなるべく使わないようにします.
スポンサーサイト
  1. 2017年02月22日 20:21 |
  2. 色々、考えたことなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HANSの子を救え!

ちょっと真面目な話.

子宮頸がんのワクチンが接種された後に,激しい体の痛みとかけいれんが出る子がいて,副作用じゃないかって言われている.
HPVワクチン関連神経免疫異常症候群(Human papillomavirus vaccination associated with neuropathic syndrome;HANS)という立派な名前まで付いている.

これってとんでもないことですよ。

まず、HANSの症状として、以下のようなものが良く見られるとされています。

1 頭痛
2 倦怠感
3 疲労感
4 脱力
5 しびれ
6 意識障害
7 筋力低下
8 記憶障害
9 全身疼痛
10 学力低下
11 歩行障害
12 生理異常
13 腹痛
14 関節痛
15 便秘・下痢の反復
16 集中力低下
17 めまい
18 (線維筋痛症と診断)
19 過呼吸
20 羞明(光過敏)

子宮がんワクチンを接種した後、このような症状が出ればHANSと診断しているとのこと。
しかし、こういった症状は不登校や拒食症、起立性調節障害といった思春期に発症しやすい心身症で典型的に見られるのものです。
わたしは思春期危機と呼んでいますが、現代の生育環境が本来人間が想定している環境とかけ離れているので、脳の成長期に長期に渡ってストレスが生じ、視床下部障害を起こしてくることが原因です。
感情に乏しくなったり、抑うつ症状が出たり、体のあちこちを痛がったり、あらゆる症状を引き起こします。
生育環境から感じるストレスは、自分で解決不能だし、長く続くので、一見精神病かと思うような症状を呈するのです。

こういうのは子どもの心身症に詳しい医師なら当たり前のことなのですが、一部の医師が子宮がんワクチンと結び付けてしまった。つまり、ワクチンの副作用としてこのような症状が出ているのだと断定したのです。

思春期危機を起こす子どもは、高学歴だし、それまで何の問題もない優等生が多い。過剰適応していることが多いのです。
それが、ある時を境にして、様々な症状が出てくる。親は嘆き悲しみますし、なぜそうなったかが理解できないので、どこかに原因があるのだろうと考えてしまいます。
実際は原因なんてどこにもない、強いて言えば、本人の特性と環境因子の相互作用なのですが、それは客観的に見ないとわからないのです。

ほとんどの親は、医師の説明を受けても、そういった事実をなかなか受け入れることができません。
治せるものなら治したいと考えて、“目に見える”具体的な原因を探してしまうことも多い。
理解できる原因を探すことは、不安感を克服する最大の方法ですので、人の本能にあるものなのです。
親の行動は人間である以上当然でしょう。

かつては、多くの思春期の女の子が子宮がんワクチンを接種していました。勧奨接種だったからです。
もちろん、その中から思春期危機を発症する子は多数います。ポピュラーな症状だからです。
ですが、一部の医師が、そういった症状は子宮がんワクチンの副作用である、と言い出した。
不安を抱えた親が、原因を探してそこに飛びつくのは当然です。
不安の感情は“怒り”へと容易に変換されます。ワクチンを接種したためだ!という怒りの感情が発生します。
不安や怒りの感情は、情報を統制します。感情に反する情報の入力を拒否してしまうのです。
誰だって経験があるでしょう。坊主憎けりゃ袈裟まで、、というあれです。

カルトはそれを利用して価値観を統一するものです。
子宮がんワクチンの副作用と信じている医師が、知らず知らずのうちにカルトを作ってしまうのです。
そうなると、医師の方も多くの患者がやってきます。ますます思い込みが強まってカルト化が進むという悪循環になっています。

“痛み”という症状は主観的なものです。たとえば、腰痛のほとんどは原因不明のもので、心因性の要素が大きいのです。
ヘルニアや脊柱管狭窄症が関係していることもありますが、多くの老人はそういった病気を抱えているので、“異常所見”が、どのくらい本人の“痛み”の原因になっているのかは、判定できません。
ひどいヘルニアや脊柱管狭窄症を持っていても、痛くないひともたくさんいます。
本当に腰痛の原因かを判断するのは慎重にならなくてはいけません。

実は、腰痛を訴える人に検査をして、何らかの異常が見つかったら、患者の“痛み”は悪化します。
検査によって痛みの原因を“見える”ようにしてしまうと、痛みのイメージが具体化してしまうのです。
イメージになってしまった“異常”を治さない限り、痛みは治らないと思ってしまうのです。
心因性の要素が大きいほど、こういうことが起こります。

思春期危機で、“体の痛み”を訴える子はたくさんいます。それが、子宮がんワクチンが原因だ、ということを刷り込まれてしまうと、痛みは余計にひどくなってしまいます。悪いことに、過去に接種してしまったという事実は消しようがありません。
痛み以外の様々な症状も出現しやすくなるでしょう。
HANSは明らかに医原病なのです。そういったことを言い出した医師が、子どもの病気を作ってしまっているのです。

なお悪いことに、一部の医師が、ワクチンを接種したことによる“免疫異常”である、ということを言い出しています。
“免疫”という言葉は、似非科学で頻繁に用いられるのですが、全ての症状を説明する便利な言葉です。
試しに「免疫力を高める」というキーワードでググッて下さい。そこに出てくる情報のほぼ全てはインチキです。
(腸内細菌の話だけは、ごく微量の真実を書いてありますが。。)

驚くべきことに、免疫の一種である抗体が原因であると、一部の擬似科学の医師が言い出して、抗体を血液から除去するための血漿交換とか、免疫抑制療法、ステロイドパルス等の治療を行っています。
こういった治療は、極めて危険性が高く、生命を失う危険性さえあるのです。
実際は自己抗体など、何も証明されていません。
何の根拠もない中で、子どもたちにこのような治療を試すというのは、医療倫理の点から許されることではありません。

HANSという病気などありません。むしろ診断されることが、思春期危機の子どもたちの症状の悪化や固定化につながって、かえって苦しめています。
そういった子どもたちを救うためにまず行うことは、“HANS”という一部の医師の想像だけで作られた病気をきっぱり否定することなのです。

MTBのタイヤ パナレーサーのCG-XC


これで王滝を走ったのですが,ブロックも減ってるし,グリップは明らかに悪いですね.
わたしの技術がないためか?

しばらく街乗りなんで,スリックへ変更
IMG_3382tai.jpg

さすがに軽くなった.通勤時間も55分と,チャクルよりも15分も短い.ロードなら45分くらいなんですけど.

通勤路の田舎道です.
IMG_3389tai.jpg

MTBはやっぱりアルミが良いと思う.割れないし,長持ちするし.安心感がある.
このバイクも15年くらい乗ってる.カーボンなら無理でしょうね.

  1. 2016年06月09日 21:56 |
  2. 色々、考えたことなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルト

カルトとは何だろうか?

カルトには必ず首謀者がいて,人々に恐怖や怒り,不安感を強調することで,自分の都合の良い情報だけを信じ込ませるようにする.
感情的なコントロールによって,人の脳内の情報統制が作られてしまう.こういった人々が反社会的な集団になるのがカルトです.

そもそも大昔からカルト化は,人間集団を動かすことに利用されてきた.
キリスト教をはじめとする一神教は,最後の審判が下される,という恐怖心から,神への絶対服従を唱えている.
為政者であるローマ帝国にとっては,キリスト教の集団はカルトであったに違いない.
当時の人々は,様々な情報を得ることは難しいので,現在よりはるかにカルト化は容易だし,集団は大規模なものになったでしょう.

キリスト教の情報は,パウロが作った聖書によって固定化され,多くの人々に広まっていった.
最終的にはローマ全体を飲み込んで,キリスト教がローマの国教になってしまうほどであった.
カルト化した集団は,価値観が統一されやすく,他のカルト集団に対して排他的になる.
ローマはキリスト教で人々の思想の均一化を起こしただけでなく,辺境の人々を征服して,強大な帝国を作ることになった.

一神教は仏教,ヒンズー教などの多神教と比較して,カルト化を起こしやすい.同じことは,イスラム教でも起こったし,キリスト教の歴史で数多できた分派でも起こっている.旧教への怒りが,新教(プロテスタント)を作り出して,激しい宗教戦争が起こったこともある.イスラム教でも,スンナ派,シーア派は戦争を続けている.カルト化による排外性は,人類の歴史上,巨大な悲劇の原因になっていると思う.

一方でカルトは,人々の集団化を起こすことにより,文化や文明を作り出してきた.
西洋文明は明らかにキリスト教の基にあるし,イスラム文明は当然イスラム教の基になってる.
中華文明は,一神教の神の代わりは,神から為政者として選ばれた皇帝だったのだが,そのために西洋文明とは明らかに異質のものとなっている.日本で一神教が本格的に入ってきたのは戦国時代だが,西洋文明の魅力と共にあっという間に広まった.
しかし,豊臣秀吉は全国統一を優先し,カルト集団化するのを恐れたために,バテレン追放令でキリスト教を排除した.

もちろん,現代社会でもカルトは多々存在する.
オウム真理教では,ハルマゲドンが来るという恐怖感が,オウムを信じることで助かる,という単純な情報だけを信じ込ませて,その他の情報をシャットアウトした.情報の統制は均一な人間集団を作ることに成功し,大規模なプロジェクトを動かすほどになった.他のカルト宗教でも同じだが,カルトによってマインドコントロールされている人は独特の目をしている.
健康な人間は,周りの様々なものを見て,感じて,表情を作って反応する.明らかにそういった反応を感じない.
情報の徹底的な統制化により,脳の“思考の多様性”が失われると,あのような目になるようだ.

カルトは宗教的なものに多いが,一般社会にも多く存在する.
民主主義では自分の意見を通すために人々の支持を得ようとするし,資本主義では経済的な事柄が絡んで,人々の意見を統一しようとする動きがあり,そこにカルト化が利用されることがある.
特に健康面に関係するもの,子どもなどリスクを高く感じるものにはカルトが発生する素地が大きいと言える.

例えば,反ワクチン集団はどうだろうか?ワクチンは人々の健康の向上に役立ってきたことは間違いはない.
しかし,多くの子どもに接種するのは,必ず一定の割合で副反応がでる.もちろん,副反応以外でも,何らかの有害なこと,例えば突然死などが発生すれば,ワクチンと関連付けて考えてしまうのは当然だろう.突然死は一定の確率で起こるし,ワクチンとは無関係であることは証明されている.むしろ,ワクチンは突然死を減らしているはずだが.

しかし,ワクチンの後で子どもを突然死で亡くした保護者は,当然ながら“怒り”を感じるだろう.
反ワクチンのカルトは,そういった不幸な保護者を利用する.“怒り”を増幅させることで,情報を統制し,同じような人々を集めることでカルト化させることは簡単だ.結果的に政治的に利用したり,利益誘導を行わせることに成功している.

大規模なカルトではないプチカルトも多々存在する.
ある種の自然派の人々はカルト化している.化学物質はいけないとか,遺伝子組み換え食品の排斥運動とか,薬や医療行為を絶対的に否定するとか.恐怖を煽って小さいカルト集団を作り出し,それを商売に利用している.

例えばアトピー性皮膚炎の治療で,ステロイドの恐怖をやたらを煽る人がいる.
そんな薬を使うと,一生台無しになるよ,なんて脅すことで,他の情報をシャットアウトしているわけだ.
アトピーの患者は全国で何百万人もいる.その中でごくわずかでもそれを信じると,巨大な集団を作り出すことになる.
これを利用するのがアトピービジネスで,ビジネスが成功することで巨大な利権になっている.
一見,患者のことを考えているような言葉を発し,カルト集団を作ることで,自分達はそれを利用してお金儲けをしているわけだ.
かわいそうなのは,苦しんでいる患者達だろう.



  1. 2016年06月01日 22:39 |
  2. 色々、考えたことなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一向一揆

日本史で織田信長のところ(織豊時代)を読んでると,信長がもっとも手こずったのは一向宗だったらしい.
一向宗というのは浄土真宗を信じる宗教集団ですが,驚くことに加賀ではほぼ独立国のような存在だったとのこと.

宗教というのは,人々のアイデンティティを簡単に同一化することができるので,“信じる集団”を作りやすい.
IS(イスラム国)だってそうですね。現代日本でもオウム真理教の事件がありました.

平安時代は仏教は貴族のものだったけど,鎌倉時代以降は仏教が庶民に広がっていった.
この時代の仏教は簡単ってのがキーワードで,浄土真宗は、念仏を唱えなくても信じるだけで極楽浄土に行けるって教えです.
現代的感覚ではピンと来ないけど,当時は死後の極楽浄土は非常に重要だったでしょう.
また、集団化によってそのアイデンティティはより強固なものへと変化していきます.
実際,加賀の一向一揆の際には,農民たちの“死んでも良い!”という気合が武士を圧倒したらしいです.
ISの自爆テロと本質は同じではないでしょうか.

考えてみると、人間は集団を大切にすることで,生存競争に勝ってきた生物です.
集団が生き残るためには,個が犠牲になっても良いという自己犠牲みたいなプログラムも持っているでしょう。
宗教集団では自分が死んでも仲間を助ける,みたいなメンタリティが出てきます.
ISの自爆テロなんてのもそうでしょう。戦いのためのモチベーションが極めて高くなるので,宗教集団は強い戦力になるんですね.

信長が一向宗を滅ぼしたのは、政教分離することになって、近代化の扉を開くことにつながったようです。
一方、イスラムではもともとコーランが生活上の細かい規則まで決めているので、政教分離しにくいようですね。
それがイスラム国家の近代化を妨げているひとつの原因ではないかな。



本日の自転車通勤

ヒルザキツキミソウ
IMG_3058hiruzaki.jpg

ヒナギク
IMG_3056hinagiku.jpg

堤防のコンクリに咲いているのは
P1020144.jpg

ツルマンネングサ
P1020143.jpg

葉が厚く、水をためるので、乾いたところにも生えやすいようです。」

チャクルのサドルを交換。
P1020146.jpg

赤い色がいまひとつ浮いている。


  1. 2016年05月16日 22:08 |
  2. 色々、考えたことなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新聞記事から考えた ~宗教のことなど~

最近,宗教に凝ってる.昔々,遠藤周作さんの本で,欧米のことを理解するのはキリスト教を理解しないといけないって書いてたように思う.いや,外人に知り合いは皆無なんですが,なんでそういう考え方になるかな?って思うことは良くある.例えばこの記事


中絶認める初の法案可決=カトリック国アイルランド

 【ロンドン時事】アイルランド下院は12日、母親の生命の危険がある場合に限り、妊娠中絶を認める法案を賛成多数で可決した。上院での可決と大統領の署名により法が成立する。宗教上、妊娠中絶が禁じられているカトリック教の信者が多い同国で、中絶が法的に認められるのは初めてとなる。
 ただ、今回の法案の中絶容認には、母親が自殺する恐れがある場合は含まれるが、レイプにより子供ができた場合や、胎児に奇形がある場合などは含まれない。
 今回の法案には一部に強い反対論があり、国論を二分した。ケニー首相率いる与党・統一アイルランド党内でも造反が相次ぎ、審議の過程でクレイトン欧州問題担当閣外相を含む議員5人が法案に反対し、党から除名された。(引用終わり)

--------------------------------------------------------------------------------
日本では中絶数は年間20万件らしい.
中絶がここまで問題になってるってのは,日本人的感覚では理解できない.
米国では,中絶を認めるかどうか,ってのも選挙の焦点ですしね.
共和党はダメ,民主党は比較的寛容,みたいな.

西欧では一神教なんで神が絶対です.
キリスト教は神が人間を作った,もっと言えば,人間は神の所有物だと考えられている.
という事は,受精卵は神が作ったもので,中絶は神の意思に背くものであるのでしょう.
受精した限りは人生を全うして,死後は最後の審判を受けなければならないってこと.

特にカトリックでは,ローマ教会が受精の瞬間にヒトは誕生するって決めたから,それを忠実に守ってるんでしょう.人々の考え方にまで宗教が深く根ざしているわけですな.

日本は仏教思想だから,根底には輪廻の考えがある.死んでも生まれ変わる,みたいな.
人も動物も仏も輪廻で回ってるわけで,自然の一部.
受精卵も自然現象の一部だから,欧米ほど中絶に抵抗ないんでしょうね.

あっと,わたし,中絶容認派ではないんで,念のため.

我々が普段何気なく考えていること,感じていることは,宗教の影響を強く受けている.
でも,見事なほどそれを意識することはない.こういうのって雰囲気ですからね.

ホモ・サピエンスが言葉を覚え,社会集団を作っていくと,そこには何らかの規律が求められる.
どのように行動するか,何のために行動するのか,また生と死の意味なんてのは,哲学者だけが考えるものじゃない.子どもの頃は誰だってそういった疑問を持ったはずです.

ヒトは漠然とした,目的のない状態って耐えられないですから.
原始人だって必ず生きる意味を求めた,,つまり必死で考えたはず.
それが宗教の出発点でしょう.

我々が成人して,そういうことを考えなくなったのは,社会に深く組み入れられるようになったからだ.
要するに考える必要がなくなったんですね.

みんなが納得できるような優れた考えがあれば,民衆は飛びついていく.
救いが欲しいわけじゃない.思考の核となるもの,アイデンティティが欲しいわけです.
それが否定されると,自分の全てが否定されたように思えて,戦いが生じる.
人は同種間で殺し合いになる唯一の動物ですが,大脳が発達するってのは困った副作用があるもんです.

歴史上,何度も宗教戦争もあったけど,最近ではオウムの事件なんかもそう.
社会的には絶対に許されんが,彼ら的には自分を守る戦いだったのでしょうね.

日本の刑法ではオウム事件は個人の責任を追及するしかないのだけど,本当の根っこはそういった危ない価値観を共有する集団ができるような社会的な背景があるってことだ.きっと今もあるのでしょう.
そこを分析しないといけないような気がするな.

なんかダラダラとまとまりのないことを考えてしまった.
思考遊びを言語にしておくのに,ブログってとっても便利です.


本日の小助
RIMG0031kosuke.jpg

今日は1歳の誕生日でした.




  1. 2013年07月20日 22:07 |
  2. 色々、考えたことなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洗剤って必要か?

最近,傷は消毒しないが常識になりつつある.
理屈は確かにその通り.消毒なんて,傷口を傷めるだけだ.
良くあんな無駄なことしてたな~..わざわざ病院に通って,痛い思いをしてね.
不要な処置は患者のためになってない.

風邪薬も一緒かな~.高いお金を出して,薬をもらって,何一つ効果がないってのもね.

一昔前の常識って,現在の非常識になりつつある.

日常生活でも一緒ですな.
昔は石鹸できれいに体を洗いなさい,なんて親から言われました.わたし,今では全くと言って良いほど石鹸は使いません.頭はくさくなるから洗いますけどね.体はお湯で流すだけです.
もう何年もそうしてるけど,全く不自由ありません.

石鹸って界面活性剤で,基本的に消毒薬と一緒.皮膚の常在菌を殺してしまうので,使わないほうが良い.
お湯だけでも十分きれいになるじゃない.

さて,最近もうひとつ気が付いたんだけど,洗濯するときに必ず洗剤入れますね.
あれって必要なんでしょうか?

我が家はわたしが洗濯機を回すことが多い.家の洗濯機.自動で液体石鹸入れる機種なんですけど,なぜかここ1ヶ月くらい液体石鹸が減らないんです.

なんでかな~って不思議に思ってたら,なんと,液体石鹸を入れるスイッチが入ってなかった.
IMG_0403sentaku.jpg

つまり1ヶ月くらい,洗剤なしで水洗いだけしてたことになる.
でも,家族は誰も気が付かなかった.衣服もきれいだし,変な臭いもしない.
洗剤がなくても何の不便もないんです.

でも,それを言ったら嫁さんが激怒
明日からは洗剤入れることになった.
  1. 2013年07月07日 21:06 |
  2. 色々、考えたことなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アベノミクス

にわかエコノミストでアベノミクスを考えてみる。

昨年に民主党⇒自民党に政権交代して以来,株価はこんな感じ.
日経平均が9000円⇒15000円まで上がったんですね.
たいしたもんだ.

nikkei321.jpg

株価ってのは,企業の未来への期待値のようなもの.
半年間も期待値が上がり続けるって,すごいことですな.

民主党は構造的に問題はあったのは確か.
民主党の支持母体は労働組合ですが,労働者と企業って対立の関係にある.
組合が強ければ企業は弱る,,みたいな,株価を押し下げる要因になってた.

自民党になれば組合色はなくなる.企業が強くなるのでグッと株価が上がる.

それにも増してすごかったのが,黒田日銀の“異次元の金融緩和”でしょう.
2年で270兆円ものお金を市場に供給するとのこと.
金融緩和ってのは,基本的に日銀が銀行が持ってる国債を買い上げること.
また株式の購入も行うらしい.これってほとんど禁じ手のような気がするが.

銀行は準備できるお金がドッと増える.銀行の商売ってのは,太古の昔から基本は同じ.
お金を貸して,金利で儲けるという仕組み.大量の現金を抱えた銀行は,企業に積極的に貸し出して,新規の事業を行ったり,個人では住宅ローンなんかを積極的に行える.余裕があるからリスクが取れる。金利が安く貸せるわけだ。
すると、市場にお金がたくさん出回ってくる.
⇒インフレになるのと同時に,海外の投資家が円が下がるってのを見越して円売り⇒円安に誘導される
って理屈でしょう.

※インフレと円安はほぼセットになってます.

ところが必ずしもうまくいくとは限らない.銀行が貸す気になっても,借りる側がその気にならんと,銀行にお金がプールされるだけで市場に出回らない.
ちなみにGDPで一番大きいウェイトを占めるのは個人消費で,全体の6割もある.

要するに,これを書いているわたしも,読んでいる人も,みんながお金を使わないと,アベノミクスはうまくいかない.失敗すると,莫大な国の借金だけが残るという悲惨な結果に...

アベノミクス,最初は株価が急上昇するし,企業の海外投資を促進するって威勢の良いことを言ってたので,インフラ企業なんて株が爆騰しました.三菱重工とか,電源開発なんてそうでしょう.

株価は上昇してムード作りは良かった.わたしも勢いにのってデジカメとPC(中古)を買ってしまったくらいだ.

企業業績は実際上がってる.各企業の決算は良くなりましたね.

だけどそれで潤うのは一握りの人だけだ.本当に個人消費を増やそうとすれば,企業が給料を上げなければいけない.ところが,人件費ってものすごくでかい固定費だし,自分のところだけ増やせば企業間の競争に負ける.

景気回復のためには人件費アップ,,,なんて,どこの企業も百も承知だけど,自分ところだけ上げるのは嫌だな~
なんて思ってる.これもNIMBY問題のようなもの.

だから給料は業界単位で一斉に上げないと,ということで安倍さんが一生懸命「所得を上げよう!」なんて言ってるわけですな.

ところが,ちょっとアベノミクスに水を差すデータが出てきた.
tyoukikinri201306.jpg

国債の金利が上がっちゃたんですよね.

国債も売り買いされるものですから、需要と供給の関係で、需要が減ると価値が下がる。
すると売れなくなるから金利が上がるってことです。
国債の人気と金利ってのは反比例するわけですな。

この金利の上がり方が微妙に急激でいやらしい.
その理由として考えられるのは

1、アベノミクスが成功して、将来にインフレになるだろうってみんなが思った。だから,金利を上げないと国債が売れにくくなった.将来のお金の価値が減るのだから、長期であれば買いたくないのが当然。

2、利回りの悪い国債より、株の方が儲かりそう。国債を売って株を買う動きが出た。

3、それとも,黒田さんの国債バラまきが滅茶苦茶だって思って将来のデフォルト(国債を返せなくなること)を見越して国債が売られた?

3番目の理由がちょっと頭をかすめて,みんなちょっと不安になったんですよね.

その上、金利がドーンって上がると、国の国債の払いが増えるし、貸し出し金利に影響することで、借りにくくなる。つまり、市場にお金が出回りにくくなる。

金利上昇を防ぐためには、金融緩和を中途で止めなければいけなくなるかも?ってちょっと不安に.

このままうまくいくのか~?

なんて誰もが思った途端,株価がドーンと下がった.
nikkei20130605.jpg

アベノミクスが途中で頓挫するかもしれないから、株を売ってしまおうか?とも考える。
それとも、お金の価値がドーンって下がってしまうので、金⇒株に変換しておこうか?
この2つで悩みまくって、株価が激しく上下しております。

ということからの乱高下って思ってますが、今日も日経平均が500円以上も下がった.
いやはや,ジェットコースターのような相場です.

さて、アベノミクス、成功するのか?
失敗したときのリスクはかなり高いが、、、

  1. 2013年06月05日 22:47 |
  2. 色々、考えたことなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八尾空港

R0010696yaokuukou.jpg

葡萄坂の関電施設横から見た八尾空港.

大阪の東の端にある空港で,セスナが飛ぶのに使われている.
遊覧飛行もあるらしい.

橋下氏がオスプレイの訓練を八尾空港でしたらどうだ,みたいな話をしているとのこと.
八尾市の市長とか怒ってたけど,根回しが足らんかったんですな.

ただ,言いたいことは分かる.
防衛ってのは国の問題だから,地方もそれを分かった上で、少しずつ負担をかぶらなければいけない.
ところが、どこの人も,「なんで自分ところで引き受けないといけないのだ!」
なんて言っちゃいますね.

東北の瓦礫を引き受けるのに大反対した人いるけど,あれって自分のことしか考えてないよな~
個人の権利を振りかざすのも良いけど,人権が守られるのって国がしっかりして、安定した社会があるからこそ.
国全体のことも考えなきゃ、って思いますけどね。

なお,オスプレイが危険だって良く言われてますが,オスプレイは飛行時間とか事故とか詳細に記録されているので,どのくらい危険か?というデータがあるんですね.危険度が見えるようになっている.

一方,普段八尾空港で飛んでいるセスナなんて,どのくらい危険かなんて分からない.
実は過去にもセスナが市街地に落ちたって事故は起きてます.

恐らく,事故リスクだけを見れば,セスナ>>オスプレイ なのですが
オスプレイの危険性だけがものすごく強調されているように思います.
背後に政治的な思惑があるからでしょうけど.

今回の件も八尾市長と市民がどう判断するか分からない.
そもそも橋下さんが言ったって,国が動かないと話しにならない.

ところで,もし八尾市がそういったリスクを引き受けるなら,対価を求めるのは当然.
お金かな?もっとも、実はあんまり役に立たないのはお金.安直で納得されやすいんですけどね.

本当はそうじゃなく,国や米国との信頼関係であったり,日本各地から「よくやった!」という尊敬の気持ち,沖縄の負担軽減の感謝の気持ちなど,目に見えないことの方がずっと大切だ.

中国や韓国にいくらお金を援助してきたって言ったって,あの状況ですしね.
援助など、ほとんどしていないだろうトルコはものすごく親日だ.台湾だってそう.
お金よりも気持ちのつながりの方がずっと価値があるってことだ.

さて,わたしの頭の上をオスプレイが飛ぶ日が来るのか?

  1. 2013年06月04日 19:43 |
  2. 色々、考えたことなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

慰安婦問題2

今日は朝仕事,昼から○会の総会,講演,会議..ゲロゲロ.

夜はシェラトンの地下にある豆腐料理屋で食べて帰る.酔った.
美味しかったけど,ちと割高かも.

先日から続くプチ右翼.

韓国の慰安婦の方はホント可哀想ですな.

なぜかって言うと,彼女らは政治的に利用されていて,ホントはもらえるはずの補償さえもらえてないからだ.本当に韓国の慰安婦だった方を苦しめているのは,慰安婦を利用している韓国内の右翼勢力でしょう.その点を日本のマスコミはもっと報道した方が良いと思う.

慰安婦の根っこの問題は,当時働いていた人たちはものすごい高給を貰えるはずだったのに,日本の敗戦によってそのお金が支払われなかったことでしょう.もともとの訴訟はそうだったはず.
払うはずだったお金を払わないのは詐欺だ.だから日本もアジア女性基金なんかを作って,アジア各国の元慰安婦の人に補償をした.
保障の額は一律200万円だから,平均収入の差を考えると,現地の価値としてはかなりのものになるでしょう

だけど,韓国の慰安婦だけはお金がもらえなかった.なぜか?
韓国国内の右翼組織が邪魔をしたんですね.
これを挺対協といいます. リンク

この団体.慰安婦問題を解決するために作られた,,ってなってますが,内実は韓国国内の極右団体でしょう.
慰安婦問題を利用して,政治活動してるんですね.

最大の問題は,韓国内の慰安婦に対して,ちゃんとした補償ができないことでしょう.
慰安婦の怒りも本来はそこにある.日本から補償もらってないじゃないか!ってね.
だけど,本当の敵は身内にいるわけで,日本からはどうもできない.
慰安婦の不満を日本にぶつけるように仕向けているわけだ。

なぜこんな状況になっちゃったのか?
反日教育をこれだけ続けてしまうと,同調する人はたくさんいるし,極右団体の勢力も凄くなってきた.
韓国は民主主義国家だから,主権は民意にある.政治家は民意には逆らえないので,どうしても教育の結果が出てしまう.だから指導者も今のような発言になってしまうのでしょう.

慰安婦は全員が高齢のおばあちゃんと思われる.
そんな人が,今さらナショナリズムとか,国家のため,とか,人権の問題,,なんて考えるか?
日々の暮らしの方がよほど大切でしょうに。苦労したんだから、良い暮らしさせてあげてよ。。

だけど,補償金を受け取ったら売国奴扱いだから、受け取ることができない。
国が誤らないのなら,補償金は受け取らないって言ってるが、、、
ほとんどは挺身隊に言わされているのでしょう.というか,日本からお金を貰うってことを許さない世論の雰囲気があるのでしょう.

彼女らにとっては,むしろ過去のことはそっとしておいて欲しい,,っての本音だと思う.
普通に考えりゃそうでしょ。そもそも何十年前の話だ?
当時の社会情勢がどうだったか、彼女らが正確に覚えてるわけないでしょう。
あいまいな記憶だからこそ、都合の良いようにストーリーを作られて、利用されてしまうわけだ。

日本のマスコミはそういった慰安婦の生の声を取材すれば良いのに。




  1. 2013年05月25日 21:32 |
  2. 色々、考えたことなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

従軍慰安婦

先日からプチ右翼。

橋下氏の発言で大騒ぎになってたが、、従軍慰安婦問題。
そもそもこの言葉って最近の造語で、当時はそんな言葉はなかったらしいが、面倒なんでそのまま。

慰安婦ってはっきり人権侵害で、許されるものじゃない。

しかし、人権を守るってのは、社会制度が安定して機能してこそ可能になるわけで、戦時中なんか無理でしょう。
敵を殺しても生き延びなきゃならん世界で、他人の人権に配慮することができる人間なんてほとんどいないって思います。

ということで

戦時中はどこの軍隊だって同じことしてた。

というのが正解でしょう。

それを日本の軍隊のことだけ大きく報道するから、こんなに騒ぎになってしまった。
要は日本のマスコミの情報操作。自国を貶めるような報道をすれば、こうなるのは自明のことです。
国賊ですな。

あまり知られてないみたいだけど、韓国ってベトナム戦争に参戦してる。
そこでどんなことが行われていたのか?ちょっと調べれば誰でも分かる。
米軍だって一緒でしょ。沖縄の統制された軍隊でさえ何度も事件起こしてるんだから。
最前線で行われている事なんて、、想像するだけで、、(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

例えばトヨタ社がものすごく危険だって報道されたけど、あれも情報操作による一種のバッシング。科学的にはトヨタ車だけが危険だってことはない。だけど情報が偏ることであのようなことが起きてしまった。慰安婦の問題も一緒。

旧日本軍のことだけが情報として世界中に発信されている。
こういった情報の偏りがあればあるほど、日本が悪者にされてしまうことになる。

日本は悪いことをした、だけど米国も、韓国も同じことをしてきた歴史がある。
そういった世界に戻らないようにみんなで努力しましょう、、ってことでしょう.

橋下さんはそう言いたかったんだろう.理念的には正しい。

だけどね、それは国内の政治家が言ってもダメですわ。
なんとかして米国の人とか韓国の人の口から言わさないと。そこがミスったわけですな。


本日の自転車

今朝も信貴山経由で出勤
RIMG0003MTB.jpg

この安物のアルミフレームMTB

めっちゃ気に入ってる。自分で色々と手を加えたから愛着もあるんでしょうね。

やっぱりカーボンよりアルミですわ。全く気を使わず乗れるし、岩場でこすっても平気。
安心感が全然違う。(って、カーボンのMTB乗ったことないけど。。)

タイヤをスリックに換えたら、上りも結構いける。

ただ、このバイク、Vブレーキなんですよね。
泥地でなければディスクは要らんし、軽いのでメリットもあるのだけど、今のホイールはほとんどディスク専用で、Vブレーキ用のはなくなってきてます。

ホイールを換えたいのだが、、、良いのはないか?



  1. 2013年05月24日 22:27 |
  2. 色々、考えたことなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0