自転車と家族の日記

My Life with bicycle

王滝MTB 20Km

昨日やっと王滝のリザルトが出た.タイムは1時間38分.26位(完走88台中)でした.
まあそんなもん.練習して,写真なんて撮らずに真剣に走ったら15分くらい縮められるかも.
だけど下りで怪我するかもしれんし,一生懸命走ることはないかな.
ファンライドで十分です.

来年のために参戦記を残しておきます。

王滝のMTBレースは20Km,42Km,100Km部門がある.

あのコースで100Km走破するのは超人ですな.わたしは,はなから無理だと思ってたので,20Kmクラスにエントリーしました.
首の故障も治らないし,体力的にも今じゃ,ロードでの100Kmも怪しいので.

土曜日の仕事を早く切り上げて,名阪国道から名古屋~中津川ICまで.
日本史のCDを音楽代わりに聞きながら走る.江戸時代のはなし.

途中の恵那SAで昼夜兼用の飯。飛騨牛丼↓
IMG_3158hida.jpg

高速下りてからも遠い。会場まで1時間半ほどかかった.着いたのは午後7時過ぎになりました.
ホントは6時までに着いてエントリーしないといけないらしいけど,間に合いませんでした.

パーティ会場もすっかり静かになってた.
IMG_316200.jpg

幸い,王滝は翌日早朝にも申し込み枠を設けてくれているので大丈夫.

スタート地点は松原スポーツ公園です.大きな駐車場があるので,皆さんそこで車中泊をしている.
IMG_3165jj.jpg

明日のレースのためか、ほとんどの人は早くから就寝してて静かな夜です。
やることもないので,わたしもさっさと寝ることにします.
クルマの後部座席を倒して,柔らかいコルクタイルを敷き詰め,その上からマットを引きます.
ベッドとは言いませんが,これで下の固さがマシです.マットは2枚引いた方が良いかも.
ただ,寝袋をひとつしか持って行かなかったのが失敗だった。
5月とはいえ信州の夜は寒い。窓から冷気が下りてきて、体が痛くって眠れなかった。
クルマの中って外より寒いんじゃないか?あまり眠れず,翌朝3時半には目を覚ます.

夜明け↓ 4時頃にはほとんどの人が起きています。
IMG_3163.jpg

100Kmは6時出発ですが,順番取りが必要なんで早いようです.
なお,42Kmクラスは7時出発、20Kmは8時出発ですが,スタート地点は少し離れているので移動に時間がかかる。
わたしは100Kmの人のスタートを見てから移動。これで十分でしたが,42Kmクラスはスタート前に出発するみたい.

スタート前はトイレが混むので大変です。100Kmは間に合わなかった人もいるんじゃないかな?

わたしのバイク.いつもは通勤に使ってる.今どきVブレーキだけど,
wwIMG_3168

持って行くのはチューブがひとつ.ボトルは1本のみ.その他はスマホとウインドブレーカーをウェストポーチに入れて走ります.
チェーンが切れれば対処できないのですが,その場合はリタイヤかな.20Kmだし何とか返ってこれるでしょう.


6時半頃に駐車場を出て、7Kmほど離れたスタート地点に向かいます。
IMG_3171oo.jpg

途中は軽く坂もあるけど、ひどく疲れるほどじゃない。20Kmの出場者は皆さん和やかムードです.

スタート地点ではたくさんのMTBが並んでる。本気モードは前列の数台くらい.
IMG_3186oo.jpg

ロードのようなぴりぴりモードはなく、のんびりしたものです。

8時になってスタート。最初は舗装路の軽い上り。しばらくするとしまったダート。この区間はそれほど疲れない。
IMG_3191.jpg

のんびり写真を撮りながら走る。

山岳地帯っぽい風景が随所に見れます。
IMG_3196.jpg

そのうち激坂が出現.。ダートの上りはとってもつらい。岩もごろごろしているので抵抗が大きいし,上りにくい.
何名かは下りて押している。

激坂を超えた辺り.御嶽山をバックにして撮ったのですが,あまり見えなかった.
IMG_319855.jpg

上りは終わりかって思っても細かいアップダウンが続き、足が疲れてくる。
ぜんぜん体が出来上がってません.きっちり練習してれば,って思うけど今の状況では難しいかな.

15Km地点からはようやく下りが続きますが、スピードがのると怖い。
下りで42Kmの先頭集団の人が追いついてきて,次々抜かれますが、カーブのスピードが違いすぎますね.

長い下りが続くと首の痛みがひどくなってくる.早くゴールしたいけど,時間がかかる.

1時間40分ほどでやっとゴール地点へ。
IMG_3201oo.jpg

余韻を楽しむまもなく、すぐに駐車場まで移動。夜に家族と会食する約束をしていたので、急いで帰る。

ネットで帰り道の途中の日帰り温泉施設を検索.やきやまの湯に寄って帰る.
かなり山の中に入ったところにあった.
IMG_3205yuki.jpg

民宿で温泉を貸してくれるところみたいです.

わたしの体力でも20Kmなら何とか走れます。来年出場するとしたら42Kmかな。それでもかなり鍛えないと難しいかも.
あと,首の故障を治さないと楽しく走れない.

100Kmに出場することは生涯ないでしょう.

スポンサーサイト
  1. 2016年05月27日 12:38 |
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 2016

憧れの大滝に参加してきた。

今の体力では100Kmはとても無理で、20Kmの部です。

通勤用のMTBで出場。
wwIMG_3168

いまどきVブレーキですが、わたしのだけだった。

駐車場からスタート地点まで移動します。距離は7Kmほど。これだけで結構疲れた。
IMG_3171oo.jpg

スタート地点。こうやってバイクを寝かせて待ちます。
IMG_3186oo.jpg

早く来たんで、実力以上に前の方に並んでしまってます。1時間以上も待った。

スタート後。素晴らしい天気と景色です。
IMG_3190oo.jpg

レースですが、止まって写真を撮りながら走ります。

御嶽山はまだ噴煙が上がってますね。
IMG_3196.jpg

途中で他の参加者の方に撮ってもらいました。
IMG_3200oo.jpg

すっかりお腹が出てしまった。

レースでは、上りはともかく、下りは激遅いです。抜かれまくった。
森の中なんで明るくなったり暗くなったりで路面が見にくい。
タイヤも通勤で使ってるブロックタイヤなんで、減っちゃってるのかグリップしない。
26インチハードテールってのもあるのかも。言い訳を並べてますが。

まあ、速さを競うつもりで出場したわけじゃないので、良いか。

ゴール地点
IMG_3201oo.jpg

表示は2時間前にスタートした100Kmの人たち用です。
わたしのタイムは1時間38分台ということになる。女性のトップの人とほぼ同着でした。

帰りの高速がつらかった。睡眠不足の上に、適度な疲れ眠くなって。何度も休憩しながら帰る。
  1. 2016年05月22日 17:21 |
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MTBエンデューロinグリーンピア三木

初めてMTBのレースに出場してみました.

とは言っても,MTB用のトレイルって走ったことなかった.
20年前にオートバイのエンデューロに出てたから,何とかなるだろう,いざとなったら押せば良いや,
って練習がてらエントリー.しかし,こんなにハードだとは思わなかった.

6時前に自宅を出発.意外に近い,7時40分ごろ到着.

まだ誰もいません.もうちょっとゆっくりで良いようです.
2014-02-23 2014-02-23 001 006

受付は8時30分から.8時を過ぎるとパラパラとMTBを積んだクルマが到着.
30~40台くらい?思ったほど多くない.

パドックの向こうに見える丘にコースが作ってある.
2014-02-23 2014-02-23 001 027

わたしのバイクは通勤で使ってるMTBです.
2014-02-23 2014-02-23 001 023

受付後に試走ができる.走ってみて,びっくり.こんなにハードなコースだとは思わなかった.
かなり押しが入ると分かった.SPDペダルだと怖い.下りやすいようにフラットペダルに変更.

こんなコースです.※ブロックノイズで見にくいですが.
[広告] VPS



[広告 ] VPS


10時スタート.一斉に走り出します.皆さん,速いですな.とてもじゃないが着いていけない.
1週目は25分くらいで帰ってきた.2週目はちょっと慣れたが,タイムは同じ.
3週目はふらふら,4週目で体力の限界でした.帰ってきたところでリタイヤ.
トップは2時間で8周も走ってた模様.すごいな~

上手な人は上りも下りも乗車してる.かなりの斜度でも押すことはないようです.
上りはゆっくりでも確実に進んでる.下りのスピードもすごい.わたしには絶対に無理ですな.

走ってるうちにペダリングにもコツが必要だってのが分かった..グッと体重を掛けると滑って上らない.
一定のトルクペダルをで回すのがコツのようです.

今回,特にタイヤが悪かった.
2014-02-23 2014-02-23 001 020

パナレーサーのCG XCなんですが,とにかく滑る.上りませんね.
あと,Vブレーキは怖いです.泥が付くと途端に利かなくなる.

まあ,それ以前に体力的,技術的にお話にならなかったわけですが.
楽しかったから良いか.

グリーンピア三木内にある温泉に入って帰る.

とにかく無事に帰れてよかった.一回だけ林に突っ込みましたが,ゆっくりだったので助かった.
今度出場するとしたら,少なくともタイヤを変更しないといけないですね.


  1. 2014年02月23日 20:03 |
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天満屋ハピータウンエンデューロ

天満屋ハピータウンエンデューロに参戦してきました。
2時間ソロのクラスです。

岡山国際サーキットでのレース。サーキットを使ったレースは初めての経験です。ちょっと楽しみ。

朝早いので9日夜にキャンピングカーで出発。近くの道の駅まで。
ちょうど横に居酒屋があったので一人で入る。
夫婦でやっている小さい店だった。明日、自転車レースに出るんですよ、、ってお話したら、帰り際に「がんばってくださいね~!」って。次回もこの居酒屋に行きましょう。2011_10_09_20_30;Canon IXY 50S_IMG_3171

レース前の夜なのに、腹いっぱいとビール3杯も飲んでもーた。

道の駅で寝るも、キャンピングカーを止めた位置が悪かったです。道のすぐそばだったのでうるさい。
ほとんど眠れず。明け方にウトウトして起きたら寝過ごしてもーた。慌ててサーキットまで走ります。

今日は快晴。絶好のレース日和。

コースはこんな感じ。バックストレートです。弱い上り。
2011_10_10_10_40;Canon IXY 50S_IMG_3172

試走が終わったら眠い。クルマの中でグダグダしているとスタートで集合のアナウンスが。
並ぶのが遅くなって、集団真ん中からのスタート。
全クラスの一斉スタートなんで、何百台もの自転車が並びます。IMG_3589.jpg

最初は負荷を上げてできるだけトップグループに付いていく作戦で。
とはいえ、前の方は速い。頑張っても周回ごとに差が開きます。
20分経過時点かなりつらくなってきた。yoshiさん、Lowさん、ユーロの人を見つけると後ろに付かせてもらいます。セカンドグループの集団の中で走ってるみたい。
IMG_3627.jpg

50分経過。早くもトップグループが後ろから追いついてきました。
集団がすごい勢いで抜いていきます。速や~、、
トップグループの集団最後尾に飛び乗ってしばらく走ります。
疲れた脚にこのペースはきつい。1周持たずに千切れてしまった。

その後は周りと合わせて淡々と。負荷をかけ過ぎるとつらいので、徐々に心拍も下がってきた。
低い姿勢を保つために首が痛い。そのうち背筋と腰がつらくなってきます。
IMG_3675.jpg

レースも終盤。再びトップグループに追い付かれます。
何とか付いていきたいけど、腰が悲鳴を上げている。
それまでずっと競り合っていた人にも差を付けられてしまった。挽回できない。。

1時間55分経過。2時間ソロのクラスは専用レーンへ。
やっと終わった~、、って思ったらまだチェッカーじゃなかったんですね。
あと1周ありました。ここで気持ちがキレてしまい、最後の1周はがくんとペースが落ちてしまった。
後方から同クラスの何台か抜かれてしまい、順位を落とす。

ようやくゴール、ヘロヘロ。何とか無事完走できて、ユーロの仲間が迎えてくれます。
応援してもらったんで頑張れた。

順位は37位(225名中)だったと思う。だいたいどのレースでも上位10~20%くらいの順位になります。
実力通りなのか?これ以上順位を上げようと思ったら、もうちょっと付きぬけた練習が必要だな~

写真はhanahanaさんから頂きました。ありがとうございます。



帰りの中国自動車道の渋滞にうんざり。早く湾岸線作ってくれないかな。
  1. 2011年10月10日 23:03 |
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トップで走る快感

先日のクリテ、初心者クラスとはいえ、しばらくトップを走りました。
(写真はユーロのHPから転載)
369.jpg

先頭は風を受けるので早い段階でトップに出るのはまずいのですが、そこはやっぱりレースだし、トップに出たい。できれば逃げ切りたい。無理でしたが。

この悔しさがあるから次のレースも!って思うのでしょうね。


本日の自転車 自転車通勤 復路のみ

昨日の淡路島のダメージで脚が痛い。無理しちゃだめっす。
  1. 2011年09月26日 23:21 |
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CATEYE. クリテリウム クレフィール湖東

CATEYE. クリテリウム クレフィール湖東に参戦してきました。

コースは一見フラットなんですが、コース左に向けて緩やかに上ってる。
下りは強烈な向かい風というコンディション。いや~きつかった。
20110923koto_course.jpg

レースは初心者クラスのC5H。早くC4に上がりたい~

並ぶのが遅くって中段くらいに並んでました。
スタートと同時にダッシュ第一コーナーまでで4番手。このあたり、1~4位までユーロワークスのメンバー。
これは表彰台独占か?と思ったらそんなに甘くはないですね。

1週目のヘアピンまでに後続が入ってきて、バラバラ。
私は3番手だったかな?同じユーロの92KATAさんがトップに出ている。
私も続こうと思ったら、ヘアピンで2番手の人がミスでコースを飛び出しそうになって失速。
直後にいた私もブレーキをかけて、一気にトップとの差が開いてしまう。
92KATAさん、速いですね。徐々に差が開く展開に。

私は2~3番手でしたが、いったん差が開くも、2周目の後半、徐々に詰まってくる。
ついに私がトップに立って、さーこれから!と思いましたが、後続を引き離せません。
後ろに何人かぴったり着いてくる。引き離すほどの脚力は残ってませんでした。
しばらくそのままで走行すると、、、脚が売り切れちゃいました。
3週目で次々抜かれてしまいます。

ここで頑張らんといかんのに、心拍は190台のレッドゾーン。これ以上頑張るのは無理でしたね。最終的に差を付けられて7位でゴール。残念な結果でしたが、練習量を考えればこんなもんか?


最後に分不相応なTTにも出場。私以外はほとんど角のついたTTバイクでした。
走ってる人も速いひとばかり。圧倒的なスピード差で抜かれます。
10周(10Km)はあっという間でした。
TTは意外に面白いということを発見。

天気も良かったし1日楽しめたレースでしたね。
次は岡山のエンデューロレースです。頑張ろう!
  1. 2011年09月23日 21:52 |
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日は久々のクリテ

明日はCATEYE. クリテリウム クレフィール湖東に出場。

もちろん初心者クラスのC5Hです。コースがカーブだらけ。うーむ。
20110923koto_course.jpg

オートバイに乗ってた時代はカーブ大好きだったのですが、自転車になってからは全然ダメ。
特に骨折してからは無理ですね~

さらに、最後にTTレースに初挑戦。ものすごく場違いな気がしますが。

バイクはM10で。さあ、がんばろ~
2011MG_0512.jpg




  1. 2011年09月22日 21:40 |
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

けいはんなサイクルレース

けいはんなサイクルレース2011に出場してきました。
全般的に言い訳ブログです

2回目のクリテリウム形式のレースで、当然一番下のC5Hです。
一周2.4Kmのコースをたった3周ですが、短いからこそ難しいかも。

朝から雨、C2やC3のレースは大雨の中行われましたが、昼前になると雨はあがってきました。
C5Hは一番最後のスタートなので、路面は半乾き、あちこちにウェットパッチがあるという嫌なコンディション。
せっかく最前列に並んだのですが、クリートキャッチに失敗。あっという間に後方へ。
スタート

どうもカーボンのペダルはクリートがはまりにくい気がします。

けいはんなはカーブの途中で白線がある。絶対に転びたくない!
と思うと、自然に腰が引けてしまいますね。
クリップボード02
クリップボード03

カーブの手前でゴボウ抜かれ。裏ストレートを走っててもどんどん前に人が入ってくる。
走りにくいな~

後半に上りがあるのですが、ここが頑張りどころ。
前走者を一気に抜いて4位へ。そこから下りになって、カーブ手前でゴボウ抜かれ。

次の周回の上りで頑張って2位まで挽回。ホームストレートを2位で通過、、
しようと思ったら、途中で抜かれてまたもや後方へ。

最終ラップの裏ストレート。スピードが乗ってる。
ここで位置取りを間違えてしまいました。
上りで挽回しようと、何とか右(アウト側)に出たいと思ってたのに、どんどん選手が入ってきて出れない。
仕方なく左位置で上りに突入。ここで一気に順位を上げる、、、って思ったけど、加速した途端に、、残念、
前に女性クラスの人が走ってて急ブレーキ。これは痛かった。
再加速して、何とかセカンド集団のトップへ出て最後の下りの直線へ。

前に先頭集団が4台。下りで踏み込んで何とか追いつけるか、、、、
と、思ったけど、一人で踏み込むと何秒しか持たないですね。
追いつきそう、って思った途端に失速。
後方から集団がゴーって、抜いてった。どうやら先頭集団に追い付くための風よけにされちゃったみたい。
セカンド集団の真ん中あたりでゴール。。しまった~、、最後の位置取りが悪かったかも。

なんか、短いクリテはわけのわからないうちに終わっちゃいます。
もうちょっとスピードを出せるように練習しないと駄目ですね。
学会が終わる9月になったらユーロで鍛えてもらおう。。

レース後にGiroさんのお宅にお邪魔させてもらいました。
集まってたのは、(私を除き)関西の自転車競技の強豪ばかり。
楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございます。
とっても素敵なお家だった。
  1. 2011年07月18日 18:42 |
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大台ケ原ヒルクライム

うーん、ちょっと頑張れないレースでした。
自分的には大台ケ原を目標にしてきたのですが残念。
タイムとか順位じゃなくって、納得できない走りでした。

5月に高取山ヒルクライム、6月の比叡山に続いて本命の大台ケ原に出場したのですが、あまりたくさん出場するとモチベーション下がってしまうようです。疲れるのかな。
比叡山が終わってから、あまり練習もせず。仕事を言い訳にしたりして。
体調管理も悪かったみたいで、昨日はお腹を壊したり、少し微熱が出たりしちゃいました。
単に嫁の夏かぜがうつったのでしょうけど。

大台ケ原は土曜日に受付があるのですが、自宅にいったん帰宅。
日曜日の4時にクルマで出発。
2011_07_10 05_16_24image015

現地着が5時40分。早朝だと速いです。
2011_07_10 05_39_59image016

荷物を預けて、ユーロワークスの皆さんとお話しているうちにスタート時刻。
今日は愛車のコルナゴM10で出走。
天気は大台ケ原にしては珍しく、晴天です。
2011_07_10 06_08_55image021

スタートの合図と同時に大集団がスタート。
一応先頭集団で走ります。かなりの速さですが、集団ですのでなんとか付いていける。
集落に入った辺りから道が狭くなってきます。位置取りが難しい。
私はロードレースの経験がないので、ちょっと恐怖感がありますね。
橋を渡って川沿いの細い道を突っ走る。この頃になると2分前に出発したグループの最後尾の集団を抜いていきます。

徐々にアップダウンが出てきてしんどくなってきた。
私の限界はここまで、トップグループから千切れていきます。
ここで早くも脚にただならぬ疲労感。やばい。このままじゃ、全部上りきれんかも?
ガクッとペースを落とし、後続集団に抜かれていきます。

左ヘアピンまでゆっくり。いよいよ辻堂林道です。ここは激坂が10Kmも続くのですが、とにかくきつい!
Fはもちろんインナー、Rは27で回しますが、それでもつらい。
ふと見ると、サイコンにケイデンスが表示されないのを確認。ますますモチベーション下がってまう。
ひーこら上る、昨年は遅いスタートだったので、抜くばっかりで抜かれることは少なかったのですが、今年は抜かれてばかり。めっちゃ長く感じる。しかも気温が高いので汗が滝のように流れます。

第二給水所を過ぎて、あと一息。傾斜がゆるんでホッとした。
ドライブウェイトの合流地点まできました。村の皆さんの声援がありがたい。

タイムを見ると60分を過ぎている。何とか1時間30分以内で走りたい、、、
ここからは激坂はありませんが、アップダウンを繰り返しながら標高を上げていきます。。距離は約10Km。上りはきつくはないが、もう体が悲鳴をあげてます。
脚だけでなく、お尻の内側、サドルに当たるところに激痛が走るようになってきました。
サドルはフィジークのアリアンテですが、今までロングライドでも痛くなったことないのに?
最近乗ってなかったからかな?

シッティングでサドルに触ると痛い。かといってダンシングは、ヘロヘロでできません。
林道区間で抜いた選手に次々抜かれていきます。ペースが落ちているのは明らか。
でも、どうにもなりませんでしたね。

あと1Km地点。何とか完走できそう。最後の上りはホントにつらかった。
ゴール地点が見えたときにはホッとしました。
タイムは1時間33分34秒。目標に遠く届かず。

とにかく今まででもっともつらいレースでした。
練習なしでタイムは出ないってことを痛感しました。
地道な練習で身体機能を上げるしかないですね。

最高に天気が良かった。下山の時にはきれいな景色が。
2011_07_10 10_32_17image034

下山って途中で何度も休憩するので、上りより時間かかるんですね。
帰宅途中で温泉に
2011_07_10 13_23_27image038

夕方から家族で大阪のハイアットホテルのガーデンバーベキューへ
朝から食べたのはバウムクーヘン1個、ゴールで貰った素麺2杯のみ。
腹へって勢いよく食べ過ぎた。
  1. 2011年07月10日 21:08 |
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

比叡山ヒルクライムレース

比叡山ヒルクライムレースに出場してきました。

朝4時15分起床。着替えて、パン食って4時40分頃自宅出発。
西名阪~第二京阪~京都高速~西大津バイパス経由で現地へ。
1時間30分くらいで到着。もうちょっとゆっくり出発しても良かったかも。2011_06_26 06_29_16image002


ところが、駐車場から受付の小学校までは5.5Kmもある。
晴れていたから良かったけど、雨なら辛いですね。
大勢のバイクが会場に向かうので、迷わず着けましたが。。
小学校のグラウンドにバイクを置いて受付。これも雨だったらとんでもないことになりそう。

2011_06_26 07_27_44image009

受付して、荷物を預けてからスタート地点まで移動。この間も1Kmくらいある。
途中、歩いてバイクを押さないといけない。
事情があるんでしょうけど、ビンディングシューズなので、歩きはつらいな~

今日は滋賀のレースなんで、ユーロワークスの人にはぜんぜん会いません。
と、思ったらF井さんがいた!Eクラスの優勝候補です。

さらにスタート地点へ移動。
同じDクラスの出場者が並んでいる。。しかしなんちゅう数や!
300人くらいはいそうです。列が延々と続いている。

そんな中、スタートを待ってると、救急車や消防車がやってきた。
なんだ?と思って先を見ると、どうやら観客の人が橋から下に落ちたようだ。
レーススタートはいったん中断し、待たされる。
20mくらいの落差はありそうなところなんですが、命は大丈夫なんだろうか?
レースの再開さえ危ぶまれましたが、救急車で運ばれていってからレース再開。

今回は、スタートしてチップ計測地点を通ってからタイム計測開始。
ゴールのチップ計測地点までのタイムです。
スタートは20名単位で。

スタートの合図と同時に動き出しますが、スタート直後は計測されないので、あせる必要はない。
ゆっくりクリートキャッチして、チップを越えてから加速します。
しかし、あまりの人の多さになかなか前に出られない。自転車の中をかいくぐるように前に出ます。

鎖骨の術後なんで、肩が痛くってダンシングができません。
シッティングでくるくると。

途中KUOTAの人を抜いたのですが、後ろに着いてきた。
レーシングゼロをつけているので、かなり走る人みたい。
どうやらペースメーカーにされているよう。自分も苦しくなってきて、先に行ってもらう。
この人とはゴールまで抜いたり抜かれたりでした。

コースの傾斜は一定であまりきついところはない、、けどやっぱりしんどいです。
心拍はずっと170後半。ちょっと休んで心拍を落とすと、KUOTAの人から離れちゃう。
コースが混んでるので抜かすのが大変。後ろいきまーす!なんて声を掛けながら走ります。

途中1人だけ圧倒的なスピード差で抜かされる。結局、最後まで抜かれたのはこの人だけでした。
速い人は前方スタートだったのかな。

6Km地点を過ぎると下りになってきた。危険なほどの下りじゃないですが、コースが混んでるので気を使う
その後アップダウンを繰り返し、KUOTAの人と競りながら走ります。

ゴールのレストランが見えた!最後は上りだからダンシングでスパート
・・・・と言うほど速くないですが。
KUOTAの人を引き離してゴール。ヘロヘロ、、だけどあまり追い込めなかったかもです。
昨日、六甲に無駄に上ったのと、ビール飲みすぎがイカン。

タイムは手元の計測では27分台。

ゴールでつるさんと合流。延暦寺まで走ります。

手前の黒と蛍光オレンジのM10が私の。つるさんは赤のM10です。かっこいい!

2011_06_26 09_49_44image012

リザルトを見ると40番くらい。私の実力どおりの数字。
※最終結果は38位/完走378名中でした。
レース中の平均心拍は176。それなりには追い込んで走ったようでした。
トップはI原さんの23分台。やっぱりすごいですね。
4分落はまずいので、あと2分縮めたい。。

駐車場~コースはこんな感じ。参考までにGPSログをアップしときます。



下山の待ち時間に延暦寺を見学。勉強不足で何も分からん。
落ち着いた雰囲気はとっても素敵なんですが、いかんせん歴史の知識がなくては面白くない
レースのついでに来るとこじゃないな~
2011_06_26 11_04_21image014

日帰り温泉に寄って帰りました。レース帰りの人多数。みんな同じこと考えるんですね。
2011_06_26 12_24_31image021

帰りの高速の運転がつらかった。私には信州や富士山までの遠征は無理だな~

本番は2週後の大台ケ原です。頑張るぞ!
  1. 2011年06月26日 17:06 |
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2