自転車と家族の日記

My Life with bicycle

ルスツリゾート

ルスツリゾートの感想を書いておきます。

泊まったのはルスツタワーですが、3月終わりの宿泊であれば一人11000円(大人)と比較的リーズナブル。
タワーは2階を使った驚くほど広い部屋です。内装もまだまだきれいですし、ベッドも悪くない。ゲレンデにも近いですから、子供でも利用しやすい。スキー宿としてはこれ以上のものはないでしょうね。

2011_03_29 16_08_51IMG_1401

3月終わりのゲレンデですが、内陸にあることと、標高も高くないので春スキーの雪質はキロロやニセコより悪いです。実際、シーズンも3月いっぱいで終了ですので、キロロやニセコより短いです。

この時期、ゲレンデ下部は北海道とはいえ重い湿雪です。ただし、イゾラの上の方なら標高は高いのでまだまだ素晴らしい雪質でした。

コースは関西のスキー場とは比べ物になりません。信州に比べてもはるかにスケールが大きい。長距離のクルージングが楽しめます。スキー板は長いのがお勧め。スピードを出して体をぐんと傾け、大きなカービングターン爽快に滑るのが気持ちいい。
子供たちはGS(ジャイアントスラローム)用の板をはいてますが、ロングターンが気持ち良いみたいですね。

とにかくコース幅が広いので、ハイシーズンでも混んでる感じはありません。リフト待ちもほとんどなし。今回は特に空いていたので、ゲレンデ中見渡しても私たちだけということもありました。

ゲレンデからの景色も最高です。北に羊蹄山、山頂からは洞爺湖が見える大パノラマ。
特に好きなのはスティームボートコース。ここを滑っていると前方には見渡す限り雪をかぶった森林が見え、滑って行くのは最高の気分ですよ。

2011_03_28 11_57_51IMG_1322

今回、震災の影響でお客さんが少なかったからか、イーストゴンドラとイゾラゴンドラが止まっていたのが残念。またレストランやお店もところどころ閉めており、多少さびしい思いをしました。経費節減で仕方ないのかな。

最後にルスツリゾートでのご飯。
私の一押しはオクトーバーフェストというバイキング。
バイキングというと安物のイメージですが、どの料理もそれなりに美味しい。取り放題のお肉やカニ、いくらなどもそれなりのクオリティ。北海道の食材を使った料理も良いですね。たっぷり皿に盛って、ジョッキの生ビールをぐいぐい飲みながら腹いっぱい食べます。

2011_03_30 19_14_31IMG_1455

1日スキーを滑って、温泉にどっぷりつかって、家族みんなでご飯を食べながら歓談する。笑い声が絶えません。何よりもこのために来てるって感じですね。

さてさて、明日から普通の日常に戻ります。

スポンサーサイト
  1. 2011年03月31日 23:29 |
  2. 家族旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供とスキー

家族旅行も色々あるでしょうが、私のところはとにかく家族が一緒にアウトドアスポーツができるように計画をたてます。スキーやトレッキング、キャンプ、登山など、家族全員で色々なことを経験すると、会話も弾むし、晩御飯が美味しく食べることができます。

今回のルスツリゾートの旅行。
子供と一緒にスキーを楽しむのは最高です。

IMG_1440.jpg

初めてルスツに来たのは長男が小学校2年生のとき。
スキーを覚えたてだったのですが、ルスツはコースが広く、雪質も良いため滑りやすい。
Mtイゾラのロングコースを上から下まで突っ走ってました。
当時、長女は雪遊びと半日スキー、次女はホテルの保育所です。

まだ幼い長男が短いスキーで懸命に滑っている姿は、本当に感激しました。

来年から高1、中2、小6ですが、みんながスキーを楽しめるように成長したのはうれしいですね。

スキーの後は温泉、晩御飯を腹いっぱい食べる。みんなでワイワイ話をして、私はビールを飲み過ぎて沈没するというパターンです。

  1. 2011年03月30日 23:30 |
  2. 家族旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大腿骨頸部骨折とスキー

今日で受傷から51日目。手術から49日目です。

怪我する直前に北海道のルスツリゾートの予約をしておりました。
震災のこともあり、キャンセルしようか迷ってたのですが、子どもたちが楽しみにしているので、結局行くことに。

なお、震災で色々なことを控えるのはかえってまずいと私は思っています。
亡くなった人に哀悼の意を示すのは当然のことですが、あまりに委縮した生活をしているとかえって不況が激しくなってしまします。実害のなかった我々がしっかり仕事して普段通りの消費をすることで経済が回り、復興の役に立つのじゃないかな。
そう考えると各地のサイクルイベントなどが中止されるのもどうかと思います。

さて、手術から49日ですが、脚の方は多少の痛みが続き、少しびっこを引いているという状態。
筋力は激しく落ちているのと、急な動きでは痛みが出ます。

ただ、激しい痛みはなくなっていますし、自転車にも何とか乗れている。
この旅行では思い切ってスキーにもチャレンジしてみました。

ルスツリゾートのイーストマウンテン下部。広大なゲレンデが広がります。

IMG_1360.jpg

結論から書くと、滑れないことはないって感じですね。
私は右足の骨折ですが、まだ踏ん張ることはできません。
ですが、スキーって究極には1本足で滑ることも可能なので、左ターンは外足のみ、右ターンは内足のみで行えば右足はほとんど使いません。
ルスツの長いコースも何度か滑ることができました。

ただし、転倒は非常にまずい。スキーの爽快感を感じるほどのスピードは出せません。
また重いスキー靴とスキーを持ち上げるのは困難なので、スケーティングが厳しいですね。
右手も使えないので、少しでも上りがあるとつらい。

妻と一緒に休憩しながらゆっくり滑り、子どもらは勝手に何度もコースを滑ってました。

写真は我が家のスキー

IMG_1372.jpg

右から
長男 サロモン GS用 178cm
私  K2 Minemy ファンスキー 140cm
長女 サロモン ジュニアGS用 155cm
妻  サロモン スクランブラー77 145cm
次女 サロモン ジュニアGS用 145cm

せっかくのルスツのロングコースなのですが、足の負担を考えてファンスキーで滑っています。


  1. 2011年03月29日 17:30 |
  2. 家族旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0