自転車と家族の日記

My Life with bicycle

本日の“やまだ”

今日のやまだの締めに頼んだヒラメの寿司。

大将が水槽から生きたヒラメをすくってくれた。
Y_m_d_RIMG0012.jpg

活けヒラメの寿司ということになる。
RIMG0014.jpg

レモンを絞っても良いが、シソの葉と食べてもとっても美味。
スポンサーサイト
  1. 2012年05月31日 23:58 |
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風邪はぜったい治療するな

以前に、ある雑誌にわたしの文章を掲載してもらったのですが、それを見た某出版社から本を書かないかってオファーをもらったことがあります。

もちろんただじゃないですよ。出版のためにいくばくかのお金を払います。
売れれば印税が入るから、それでチャラ。たくさん売れれば、儲かるという仕組み。
どちらにしても出版社は損をしないわけだ。

実は、以前からちょっとした冊子とかを書いて印税もらったりしてたのですが
それが予想外に売れて、ラッキーだったことがある。

そこでかぜ薬に関してブログ書き続けて、たまったら本にしてやろう、、ってあこぎなこと考えた。

タイトルは夏井先生の“傷はぜったい消毒するな”に引っ掛けて

natui-kizu.jpg

“風邪はぜったい治療するな”

しかし、本にするくらいの文章書くのって、どえらく労力がいるって分かった。はっきり言って面倒です。
あっという間に頓挫。

わたし、ADHD傾向が強いので、思い立ったら即するのですが、飽きるのも早い(笑)。

で、以下の記事。

風邪薬って意外に致死的な副作用もあるものなんです。


風邪薬など副作用 皮膚障害で131人死亡
2012年5月29日 朝刊

 薬の副作用で起きる皮膚障害のうち、症状の重いスティーブンス・ジョンソン症候群と中毒性表皮壊死(えし)症の死亡報告が、今年一月までの二年半で百三十一人に上ったことが、厚生労働省のまとめで二十八日までに分かった。

 スティーブンス・ジョンソン症候群は唇や目の結膜などに、中毒性表皮壊死症は全身の皮膚の広範囲に、それぞれ発疹などができ、重症化すると多臓器に障害が生じる。厚労省安全対策課によると、これらの皮膚障害は発症の仕組みが不明で、原因とみられる薬の種類も、解熱剤から抗生物質、風邪薬などと幅広い。発生頻度は年間で百万人当たり数人と極めて小さいため、皮膚科の医師でも診断が難しく、治療が遅れて重症化しやすいという。

 同課は「初期症状は高熱を伴う発疹。疑ったらすぐに受診して治療してほしい」としている。

 二〇〇九年八月から一二年一月の製薬企業からの報告をまとめた。発症は千五百五人で、このうち約57%は回復、軽快した。死亡の百三十一人には、専門家が因果関係は薄いと評価した事例も含む。

 発症の原因と疑われる薬は抗てんかん薬と解熱鎮痛消炎薬、抗生物質がそれぞれ二百例を超えた。薬局などで処方箋なしに買える一般用医薬品の風邪薬も五十四例あった。

 〇九年七月までの三年十カ月の死亡報告は二百三十九人。一年当たりでは最近二年半よりも多い。



つまり
風邪薬を飲んだから助かったという人はいません。
一方、風邪薬で亡くなる人は必ずいます。


日本人は、あの狂牛病のリスクでさえ大騒ぎしたのに、風邪薬のリスクに無頓着なのはホントに不思議。


本日の自転車

自転車通勤 復路 13Kmのみ

右膝かばいながら走る。

  1. 2012年05月30日 22:22 |
  2. 風邪はぜったい治療するな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

菅さんの答弁

今日の新聞朝刊、ほとんどが菅さんの悪口でした。

一部だけ引用



国会事故調 菅氏 余裕一転、気色ばむ…海水注入「私の発言と違う」
産経新聞 5月29日(火)7時55分配信

 菅直人前首相が28日、国会の東京電力福島原発事故調査委員会の公開聴取に応じた。「レベル7」という最悪の原発事故に直面した政府首脳の対応は適切だったのか。国民が注視する中、当時の“最高指揮官”は「情報が上がってこなかった」「事故は日本の病根を照らした」などと、自己弁護や持論の展開に終始した。


相変わらず新聞は、国民の敵を作ることに熱心ですな。

わたしには菅さんは冷静に、淡々と質問に答えているように見えましたが。一般的にはどうなんだろ?

あと、菅さんが現場に行ったことを新聞は批判している。
でも、行ってなかったとしたら、現場では大変なことになってるのに、官邸で見てただけだったって書かれるんだろな~。。
どうしたって批判されるってことだ思う。

新聞はホント、後出しじゃんけんが好きだからね。

その背景に病的な社会心理を持ってると思います。

例えば、水素爆発やメルトダウンするのがさも当時予測可能で、回避できたかのように書いている。
過去の事象を全て予測可能であったかのように見るのを、認知バイアスの一つで「後知恵バイアス」と言いますが、これにハマってるわけ。

あと、「確証バイアス」という言葉もある。

ウィキによると、、、

個人の先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけを集めて、それにより自己の先入観を補強するという現象。

原発事故でみんなが不幸になった。誰か悪者がいるはずだ。
当時陣頭指揮を取った菅さんが悪い。
言葉や表情のひとつひとつが全て悪く思える。発言は自己弁護に過ぎない。
⇒ここには明らかに情報の偏りがあります。確証バイアスに引っかかってるんですね。

人間のできることなんて限界があるからね~。。

あの極限状態で、菅さん個人は良く頑張ったと、わたしは思います。
近くにいたら、お疲れさんって言ってやりたい。



本日のラン

ちょっと走って膝が痛いのに気が付いた。3Kmほどゆっくり歩いて終了。
無理せんようにしようっと。

距離: 3.07 km
タイム: 35:50
平均ペース: 11:39 min/km
平均スピード: 5.1 km/h
高度上昇値: 63 m
カロリー: 182 C
  1. 2012年05月29日 21:05 |
  2. 色々、考えたことなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4