自転車と家族の日記

My Life with bicycle

アオゲラ

昨日大普賢岳に上ったのだが、

下山して麓のキャンプ場で初めての鳥を見た。

アオゲラでした。
R0010566tori.jpg

これで50種目の鳥です。

アオゲラは比較的良く見かけるキツツキの一種だとのこと。
公園なんかにもいるらしいけど、見たことないな~
コゲラに比べてずっと大きいし、目立つんですけどね。

その他はシジュウガラやヤマガラなんかを見たけど、ちゃんとした写真は撮れなかった。

登山中あちこちで鳥の鳴き声が聞こえる。
よーし、写真に撮ってやろう、って思っても、山の鳥って警戒心が強いので難しいです。

今までも登山中にろくに撮れたことがない。コゲラくらいかな?

山に登るとき、鳥の名前とか、樹木の名前、雑草や高山植物の名前をたくさん知ってるととっても楽しいと思う。
もっと色々覚えたい。

スポンサーサイト
  1. 2013年04月30日 22:19 |
  2. 自然観察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大普賢岳

大峰奥駆道の途中にある大普賢岳。厳しい岩峰の山で知られる.
雪の大台ケ原に上ったときにきれいに見えてた。過去記事

IMG_6699uyuyg.jpg

かなり険しそうなのだが、そろそろ山の経験値も上がってきたので、上ってみることにした。

起床4時30分、自宅を5時過ぎに出発し、約1時間30分掛かって登山口の和佐又ヒュッテの駐車場に
2013_04_29_06_501.jpg

駐車料金は1000円ですが、ヒュッテの方は山岳救助活動にも協力されているとのこと。
普賢岳はアクシデント多いでしょうからね。

これから上る大普賢岳。
2013_04_29_07_0210.jpg

ウーム、厳しそうや。手前は修行僧が残した和歌の歌碑です。

ブナ林を上っていきます。
2013_04_29_07_0915.jpg

徐々に岩場になってきて

朝日窟
2013_04_29_07_3835.jpg

岩が道にのしかかっているように見える。少々恐怖を感じるところですが、、
上るにつれ、もっと恐いということが分かった。

笙の窟(しょうのいわや)
2013_04_29_07_4039.jpg

内部に滴り落ちる水がためてあった。
2013_04_29_07_4141.jpg

この岩窟群で修験道の開祖、役小角(えんのおづの)が最初に修行したとされている。

いよいよ核心部、鉄梯子が続きます。
2013_04_29_07_5650.jpg

右に落ちたら助かりませんな。
2013_04_29_08_0359.jpg

上れないところは、全て梯子が設置されている。
2013_04_29_08_0360.jpg

小普賢岳への分岐
2013_04_29_08_0461.jpg

上ってみたが眺望はない。
木の隙間からみた大普賢岳の頂上。
2013_04_29_08_1067.jpg

いったん岩場の急坂を下ります。
2013_04_29_08_1569.jpg

頂上まで上りますが、通路は設置されてるものの、、この高度感。
2013_04_29_08_2074.jpg

景色は最高ですが。立ち止まるの、ちょっと恐い。
2013_04_29_08_2075.jpg

奥駆道と合流します。
2013_04_29_08_3478.jpg

少し上ると、大普賢岳頂上。
2013_04_29_08_4890.jpg

ここまで1時間50分でした。
わたし、上りは比較的速いのですが、下りがめちゃ遅いです。

右に山上ヶ岳、左が稲村ヶ岳
2013_04_29_08_4182.jpg

ここは最高の眺望です。晴れて良かった。

ピークを過ぎて国見岳方面へ
2013_04_29_08_5896.jpg

右は切り立った崖ですが、確保のための鎖が
2013_04_29_09_29104.jpg

七曜岳から弥山、八経ヶ岳方面。手前のピーク行者還岳
2013_04_29_10_20130.jpg

ここからの下りがきつかった。斜度もきついし、ひたすら長い。足に来た。
2013_04_29_10_31135.jpg

南側で標高の低いところではブナが葉を付けている。
2013_04_29_11_08162.jpg

急斜面を下りきった所で岩から水が流れ出している。無双洞です。
2013_04_29_11_39189.jpg

左から無双洞の水。山全体が巨大な岩だから見られる現象です。
2013_04_29_11_42193.jpg

ヒュッテに向けて再び上りです。崖みたいな岩場を上る。
2013_04_29_12_12208.jpg

駐車場に着いたのが午後1時30分でした。
2013_04_29_13_30240.jpg

かなりヘロヘロになった。特に七曜岳からの下りがつらかった。

行動時間は約6時間30分。頂上に行ってからが長い。

危ないところはあるけど、梯子や鎖が設置されているので、わたしレベルでも大丈夫です。
ロッククライミング等の特殊な技術は要りません。
ただ、ヨロヨロって落っこちたら命も危ないところも。

ここを冬に行くのは自殺行為ですな。いつ滑落してもおかしくないでしょう。

  1. 2013年04月29日 21:41 |
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

'13食博覧会・大阪

インテックス大阪で開催されている'13食博覧会・大阪へ行ってきた。

近鉄⇒阪神なんば線⇒地下鉄⇒ニュートラムと乗り継いで行く。
南港は雰囲気は良いけど、とっても電車のアクセスが悪い。

いつもは閑散としたインテックスも大賑わい。
2013_04_28_11_4745.jpg

入場料2000円を払って入る。お祭りの雰囲気たっぷり。
2013_04_28_11_5248.jpg

テーマ館では料理コンテストが。食べることはできません。見た目だけですが。

和菓子コンテスト
2013_04_28_12_0153.jpg

日本料理
2013_04_28_12_0661.jpg

中華料理
2013_04_28_12_1165.jpg

世界の味覚館

タイ料理のブース
2013_04_28_12_3078.jpg

ラーメンは日本にはない味ですな。砂糖と唐辛子が入ってる。
2013_04_28_12_4082.jpg

イタリアブースで生ハム
2013_04_28_13_3391.jpg

イギリスブースで、フィッシュアンドチップスやローストビーフをペールエールビールで食べる。
2013_04_28_13_4598.jpg

トルコ料理
2013_04_28_14_07100.jpg

なんとパキスタンの料理も
2013_04_28_14_44121.jpg

ワールドビアフェスタでは世界中のビールが飲み比べできる。
ここはドイツビール
2013_04_28_14_15103.jpg

飲み過ぎ、食べすぎで腹がしんどくなって帰る。
2013_04_28_17_07159.jpg

とてもじゃないが1日では回りきることができません。

4年に1回開催されるらしい。4回連続、16年前から必ず行ってる。楽しいイベントです。
とってもお勧め。
  1. 2013年04月28日 21:48 |
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0