FC2ブログ

自転車と家族の日記

My Life with bicycle

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

戦争と平和

o0300038612435800432.jpg

トルストイの戦争と平和 1956年の映画らしい.
今までの人生で,名作映画ってほとんど見てこなかった.タイタニックも知らん.
そこで,ちょっとは見ないと,って思い,ツタヤでたくさんレンタル⇒HD録画しておいたのを少しずつ見ている.

この映画,途切れ途切れに見たんですが,3時間以上もあって,ひたすら長い.
約200年前,ナポレオンのロシア遠征の時代,戦いの中での人々の生き様を描いた物語,ってところですか.

主人公のピエール(ヘンリーフォンダ)は最初は戦争が嫌だったけど,否応無に巻き込まれていく.
最後は捕虜になって,雪の中を行進し,仲間がバタバタと死んでいく.
そこを何とか生き延びて,モスクワに帰ってオードリーへプバーン演じるナターシャと結ばれる..

何のあらすじにもならんな,,しかし,ストーリーがあまりに平坦で説明できるほどの盛り上がりがないんだよね.

とは言え,オードリーへプバーンは顔見てるだけで良い.
特に表情の可憐さは最高です.
他の映画も見てみよう.って思えたのが良かったかな.

これに限らず昔の映画って分かりにくい.見なれないとダメなのかも.
スポンサーサイト
  1. 2015年03月18日 23:30 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。