自転車と家族の日記

My Life with bicycle

驕れる白人と闘うための日本近代史

胃腸かぜでダウン。1日だらだら。



以前に中国の教科書を読んだことがあるが、完全に自国視点なのに驚いた。
この本は日本視点の近代史。タイトルほどは過激じゃないが、アンダードッグ史観ですね。
日本は小さい弱い国だけど、欧米に対して頑張った!ということらしい。
とは言え、アジアに対してはライオンだったっんですけどね。


スポンサーサイト
  1. 2015年05月31日 22:18 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

保育所はブラック企業?

ブラック企業の定義は(Wikiから)

1,暴力団など反社会的な団体とのつながりがある
2,新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業を指す。

でした..

2の代表はユニクロだって思われてるが,ほんとのところは分からない.単なるバッシングかも?
ただ,働いている人の話では,ものすごく過酷な勤務ってのは確かだったようだ.

ところで,身近にブラック企業並みの使い捨て産業ってあるんです.

主に若年女性が勤務できるような福祉業界に多いのですが,介護職とか保育所,幼稚園なんかですね.
保育士,幼稚園の先生は小さい子が憧れる職業の割りに,離職率が極めて高いことが分かってる.

特に私立幼稚園,保育所等では,給料は安いし,勤務はめちゃくちゃ過酷です.
その上,子どもを預かるということでの,保護者からのプレッシャー,女性職場での人間関係,行事の際の持ち帰りの仕事など,プライベートにも仕事が入り込んでくる.
勤務条件が悪いので、1年で辞める人が後を絶たず,離職率を引き上げる原因になっているようです.

背景には,保育所,幼稚園の経営の苦しさというのがある.
保育所は保護者が保育料を支払いますが,あんなので運営ができるわけがない.
じゃ,どうしてるか?というと,補助金が出てるんですね.
預かる子ども1人当たりいくら,みたいなので計算されます.
(実際の計算はとっても複雑になってる.)

たとえば保育所の運営費のほとんどは人件費です.保育士さんってたくさんいるでしょう.
補助金がそもそも安いので人件費も上がらないのですね.

このグラフは保育士の平均年収ですが
hoikusinensyuu.jpg

年間310万円.しかも徐々に下がってきています.

聞くと幼稚園の先生は,1日10時間労働で,仕事の持ち帰りなんてことも普通にあります.
情熱だけではやってけんので,離職率が高いのは当たり前.
だけど辞めても新卒の補充が割りとできるんですね.使い捨てみたいに考えられているのかもしれません。
実は闇のブラック企業なんだと思う.

保育士とか幼稚園の先生って,子どもの安全とか,成長・発育のためのベース作りとか,社会の中で大きな役割を担ってる.質の高い人材が必要だと思うのですが,その勤務条件とかにはスポットが当たることはほとんどない.
あんまり社会的地位も向上しませんね.
またシングルマザーも多いのですが,資格を持ってても十分な収入が得られない..

やっぱり女性の社会的地位が低いからでしょうね.
「どうせ結婚するんだから」という目で見られているのかもしれません。

明治時代の話ですが
男軍人 女は工女 糸をひくのも国のため
なんて言葉があった.

男は勇ましく戦争に行って,日清,日露戦争に勝って領土を広げた.
女性は何してたか?富岡製糸工場なんかで,カイコの繭を絹糸にしてたんですよね.
それを米国に輸出して外貨を稼ぎ,ヨーロッパから機械を買って産業革命を進めていた.

男性の職業って目に見えて勇ましいことが多い.女性の職業は地味だけど,その後の社会の変革に役に立つものが多い.
子育て支援法は子どもだけじゃなく,子どもの先生にもっとスポットを当てるべきじゃないかな.
  1. 2015年05月30日 23:38 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

政治・経済



大学入試のための政治・経済の本ですが,これも分かりやすい.今の参考書は優れものですな.
センターレベルの知識があれば,一般社会人として物知りな方でしょう.

一昨年から世界史⇒日本史⇒倫社⇒政経って参考書読んでみたけど,世の中の仕組みが少しは分かってきた.
新聞読んだり,報道番組見るのも楽しくなります.
細かいことはまったく覚えてませんが。

  1. 2015年05月29日 22:05 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0