自転車と家族の日記

My Life with bicycle

CoCo壱番屋

特に書くこともないので


CoCo壱番屋で晩飯.

年度末で色々なまとめが忙しい.といっても,わたしではなく,忙しいのは奥さんの方.
3月末までのまとめをして,4月の1週目までには市役所に出さないといけないらしい.
なんで行政ってそんなに無茶振りするんだろうか?

お陰で奥さんが自宅で料理する間もない.仕方なく外食,,,ですが,CoCo壱は美味しくて安いですな.
こういうのを食べられるのも資本主義社会ならではです.ビバ日本.

ん?ぜんぜんまとまりませんが.
スポンサーサイト
  1. 2017年03月31日 23:07 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モラルハラスメントの心理構造

昨日に続いて最近読んだ本.


あなたのためだ,って言葉がかえって相手を傷つける.
善意のおせっかいは何もしないよりもよほど質が悪いわけだ.

ってことを書いてる本.かなり期待したけどこりゃ~アカン.
毎ページ毎ページ同じ内容のことを繰り返し書いてある印象です.
読んでて激飽きた.というか,久々に読了できない本だった.

もっとも書いてあることは大切です.
例えば医師会の例のポスター
C5KkM2QVcAIa9wv.jpg

これがモラルハラスメントの典型で,リスクを過剰に強調して相手を不安にさせ,相手を守ってあげると優しく言う.
要するに自分達の地位を上げるためのマッチポンプなんです.

もっとも,医療の世界ではモラルハラスメントは良くあります.
過剰にリスクを指摘して,病気を作り出すことが産業的にされていることがある.
子どもだと,ぜいぜい言ってる.喘息だから薬を飲ませないと悪くなるよ.ずっとお薬を続けましょう.
ってのが典型例です.
⇒これで,医師も製薬会社も儲かります.

サービス業とモラハラを避けるのは正直難しい.自己防衛しかありません.
  1. 2017年03月30日 20:31 |
  2. 読書と映画の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界史を動かした思想家たちの格闘



予備校講師の茂木氏の本.とっても分かりやすい.お勧めです.

色々な哲学者が考えるのは,必ず時代の空気が関係している.それを分かりやすく伝えてくれるのは世界史の専門家ならではです.
例えばロックの革命権の考え方は,イギリスの名誉革命があったからだ,という説明はとっても的を得ているし,理解しやすかった.

思想ってのは人々を動かす最大のエネルギーであることは,未来永劫変わらないだろう.
  1. 2017年03月29日 22:51 |
  2. 読書と映画の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0