自転車と家族の日記

My Life with bicycle

史上最強の哲学入門

IMG_2236tetu.jpg

今日は久々の東京出張です.待ち時間で読んだ本.

哲学ってとっつきにくいイメージですが,この本は素晴らしい.
従来の哲学本は,ひとつひとつの考え方を解説することが主体で,分析的なものが多かった.
対して,この本は哲学全体を俯瞰しています.
ソクラテスもデカルトもニーチェ,ハイデッガーも相対化されてるので,とっても理解しやすい.
きっと作者はネット時代の申し子で,幅広い情報を得て,自分なりに整理できる視野の広い人なのでしょう.

新しい世代の情報処理できる人は,視野が違う.そんな気がする本でした.とってもお勧め.
スポンサーサイト
  1. 2017年03月04日 21:28 |
  2. 読書と映画の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0