自転車と家族の日記

My Life with bicycle

鈴木英人

昨日からの絵の流れで,部屋に飾る絵を物色.
天保山で昔好きだった鈴木英人さんのギャラリーが開かれているとのことで,行ってみた.


勢い余ったひとつ絵を購入.英人さんの直筆サイン入り.一緒に撮影してもらった.
IMG_5098ei.jpg

もう69歳になられるとのこと.病気もあって,大阪まで来るのが大変らしい.
バブル世代の人はこういう絵は懐かしいのではないかな.あの頃の自由ってlこういう雰囲気でした.憧れましたね.

ノスタルジーだけでなく,南の海にも行ってみたいものです.
来年は夏休みを長く取ろうっと.
スポンサーサイト
  1. 2017年08月20日 20:21 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怖い絵展

兵庫県立美術館で行われている絵画展


ドイツ文学者の中野京子氏がプロデュースした絵展で,単に怖い絵というわけではなく,西洋美術の中にある歴史とか時代背景を掘り起こし,“恐怖”という感情を表出するような情報と同時に掲示してある.

中野氏は,これまでの絵画の見方は「何も前提条件を知ることなく,絵から感じることが大切である」と教えられていたが,それは間違っているという.時代背景や作者の思いを知れば,その絵から様々なストーリーを想像することができ,想像の羽が広がるのだとのこと.非常に納得した.

パンフレットはレディ・ジェーン・グレイの処刑がモチーフになっている.
IMG_5085e.jpg

中世イギリスで,カトリックとプロテスタントの勢力争いが激しかったころ,プロテスタント側の女王として戴冠させられた16歳の少女ジェーン・グレイが,カトリック側の女王との勢力争いに負け処刑される直前を絵にしたものだとのこと.
このときのカトリック側の女王は,ブラッディ・メアリーとして有名なメアリー1世です.
宗教改革を邪魔したとして,ものすごく評判の悪い女王様ですが,こういった絵もその評判に一役買っているのかも.

背景を知るととって面白い.絵画ももうちょっと分かるようにならなくては.


  1. 2017年08月20日 13:56 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

河原の石

昼休み,近くの河川敷で


こんな石とか
IMG_5049i.jpg

白っぽい,花崗岩だろうか?

こんな石は?
IMG_5053o.jpg

??黒っぽいが,火成岩のように見える.

ハンマーで割ったのを持ち帰り,並べて鑑定です.
IMG_5059i.jpg

なかなか難しい,が考えるだけでも楽しい.

  1. 2017年08月18日 20:27 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0