自転車と家族の日記

My Life with bicycle

台風一過で考えた

今朝の空は雲ひとつない晴天だった。
R0010145.jpg

台風が余計な雲を全部持って行ったのかも。気温も下がって,かなり涼しくなった。

同時刻の天気図
2013-09-17-06-00-00-large.jpg

秋の移動性高気圧で晴天になってるようです.
台風は温帯低気圧ですけど,寒冷前線がついている.
移動してる間に,北から冷たい空気を引っ張って,今日の気温を下げたのかもしれませんね.

南の方ではまた,台風ができてます.こっち来るかも...

なんで台風が上陸するかを考えてみた.

地球の絵ですが,右から太陽光線が当たってると仮定します.
tikyuu1111-2500.jpg

地球は太陽の周りを回ってますが,地軸が傾いてるので,9月頃の地球はこのくらいの傾きでしょう.
ということは,北半球は赤道よりちょっと北で,太陽がもっとも高い.

その部分の海がもっとも暖められるので,上昇気流となり,赤道収束帯を作る.
収束帯で上昇した空気はコリオリの力で右に曲げられて,北東に噴出する.
一方,海上では周囲から湿った空気がどんどん集まるので,積乱雲がたくさんできる.

その中で,ある一定の条件,大きさとか,風向き,上空との気温差なんかがあれば,積乱雲が次の積乱雲を生み,ポジティブフィードバックが起こるとされている.ひとつの積乱雲が,下降気流を作って風を噴出し,次の積乱雲を生み出すということ.こうやって連続的に積乱雲ができてくる.

そんな中,最初の積乱雲が空気を集めて,超巨大低気圧となり台風となる.
いったんこのサイクルが回りだすと,海面からの水蒸気をエンジンとして,台風はどんどん大きくなる.

成長した台風は,最初は貿易風と太平洋高気圧に沿って西へ,ある程度太平洋高気圧が小さくなった時期では北へ向かい,偏西風のところで東に転向する.日本に来るのはちょうどそんなコースなんでしょう.

なお,陸に上陸すると低気圧に水蒸気が補充されないので,一気に勢力が弱くなる.水蒸気が少ない冷たい海も台風の勢力を弱める.

最終的に温帯低気圧となり,勢力を弱めていく...ってことかな.








スポンサーサイト
  1. 2013年09月17日 21:04 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/1236-ad2d4a3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)