自転車と家族の日記

My Life with bicycle

正月の山上ヶ岳

大晦日からほとんど飲み食いできなかったが,1日の夕方から徐々に回復.

それなら,,ということで,お山に行くことに.嫁さんに呆れられた・・・

相変わらず朝が遅い.起きたら5時半だった.6時前に出発するも,カメラのメモリーを入れてくるのを忘れて取りに帰る.
準備悪いな~

今日の目標は山上ヶ岳.年末に途中敗退したので再チャレンジ.
今度はスノーシューも持って行きます.

現地に着いたのは7時30分,写真はごろごろ水の横を通るところ.
2014-01-02 2014-01-02 001 003

雪はかなりのもの.愛車のフィットはFFなんですが,何とか奥の駐車場までたどり着いた.
前に何台か行ってなかったら上らなかったですな.四輪駆動が欲しい・・

8時に出発.この時間で10台くらい止まってる.
2014-01-02 2014-01-02 001 006

清浄大橋を渡って出発です.
2014-01-02 2014-01-02 001 008

先行者が数組いるようです.助かった.

踏み跡はしっかり付いている.これなら頂上まで行けるかも?
2014-01-02 2014-01-02 001 013

天気もそこそこ.頂上からの景色も期待できそうです.
2014-01-02 2014-01-02 001 021

洞辻茶屋が見えてきた.ここから雪が深くなる.踏み跡も少なくなってきます.
2014-01-02 2014-01-02 001 032

前回はここで敗退.今日はスノーシューを持ってきました.
2014-01-02 2014-01-02 001 034

上りで前の人を追い抜いちゃったので,トレースがない.ここはスノーシューでももぐります.
2014-01-02 2014-01-02 001 037

ところどころ雪が吹き込むところがあるようです.ここは右に迂回します.

陀羅尼助茶屋が見えてきた.
2014-01-02 2014-01-02 001 038

かろうじて雪の隙間があります.もう少しで埋まってしまいそう.
2014-01-02 2014-01-02 001 040

右に行くと平成新道.トレースが頼りなくなってきた.
2014-01-02 2014-01-02 001 043

ここはちとまずい.
2014-01-02 2014-01-02 001 053

右に落ちたらやば過ぎる.

もう少し進むと
2014-01-02 2014-01-02 001 050

トレースはいつのなのか?スノーシューでもズボズボ潜ります.

上までずっとラッセル?と思うと,わたしの技量では無理ですね.
諦めて引き返すことに.

ところが,分岐のところで待ってると上りで追い越した後続のパーティーが上っていきます.
しかも,その後,修行で上る人たちの団体が.

これだけの人数だと行けるでしょう.親切な方が列に入れてくれました.
2014-01-02 2014-01-02 001 054

皆さん,毎年上ってるようで,まったく迷うことなくどんどん上ります.
雪山の険しさは先行者がいるかどうかでぜんぜん違いますな.
自分ひとりだと絶対に無理でした.

やっと大峯寺の鳥居が見えてきた.
2014-01-02 2014-01-02 001 063

頂上近くにある宿坊(と思う)の建物です.ほとんど雪に埋まってる.
2014-01-02 2014-01-02 001 081

今年の雪はとってもすごいらしい.

頂上のお花畑に到着.4時間掛かりました.思ったほどは晴れなかった.
2014-01-02 2014-01-02 001 071

付近の木はすごいことになってますね.
2014-01-02 2014-01-02 001 074

少し下ってご飯.
2014-01-02 2014-01-02 001 085

テルモス忘れてきたんで,冷たいお茶と,凍りそうに冷たいおにぎりでした.

あんまり時間がない.すぐに下山.

西の覗からの眺め.風が強いので危ない.崖に近づけません.
2014-01-02 2014-01-02 001 094

こんなトラバースは落っこちたらこわいですな.
たくさんの人が通ると,写真のような道ができてきます.これでないと行けません.
2014-01-02 2014-01-02 001 101

駐車場まで戻ってきました.行動時間は6時間半くらいでした.
2014-01-02 2014-01-02 001 117

本日の装備の備忘録

上半身はインナーにモンベル;ジオライン+ユニクロ;ヒートテック+薄手のセーター
アウターにミズノのベルグテック・ハードシェルジャケット

下半身はインナーにイオンで買ったなんちゃってヒートテック
アウターはミズノの冬登山用ズボン 

手はミズノのブレスサーモ(インナー用)のみ 
寒くなればパールイズミの真冬用グローブ 激寒ければ,その上からオーバーグローブ(スノボ用)

足はブレスサーモのインナー靴下+DexShellの防水靴下

頭はニットの帽子+耳あて

防寒はこれでOK
モンベルのジオラインの性能は素晴らしいですな.最新の登山グッズはとっても進化しているようです.


スポンサーサイト
  1. 2014年01月02日 21:56 |
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/1371-ffc542b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)