自転車と家族の日記

My Life with bicycle

結論

昨日の会見が何だったのか?考えてみた.

3つのパターンがあると思う.

1,完全に嘘をついている.

 細胞にストレスを与えた場合,死に掛けた細胞ではOct-4遺伝子が出現することはあるらしい.小保方さんがそれをSTAP細胞と考えたが,多能性を証明するためにはテラトーマ(奇形腫)ができなくてはいけない.もうひとつは,若山氏に依頼してキメラマウスを作ってもらうことだ.
 小保方さんが何度も作った細胞が単なる死に掛け細胞だった.テラトーマ画像は完全な捏造,若山氏には別の多能性細胞を送ってキメラマウスを作ってもらった.

 これは一番罪が深いケース.完全な捏造.しかし,悪いことしているという意識があって,昨日の会見ができるなら,これも特殊技能?

2,Oさんは解離性健忘を持っている.

 キメラマウスの画像をわざと捏造した,若山氏に別の細胞を送った,という行為は,自分がこうであったら良いな~って願望を形にするためのもの.その部分は完全に忘れちゃっている.精神医学的には解離と呼ぶ症状.
 自分はそんなことをしてしまった記憶はない.だから実験は完璧に成功しているという思いが強い.自信を持って実験が成功したと話をすることができる.

 この場合にどのくらい罪に問われるかは分からない.が,やっぱりデータ捏造.

3,Oさんは何も悪いことをしていない.

 会見通り.本物のSTAP細胞を何度も作った.おそらく論文を仕上げたのはS上司だと思うが,肉付けするデータは全てOさんがやらなければならない.あれだけのデータを管理するのが大変なのは分かる.画像の取り違えして,あわててネイチャーに連絡したが,その後の報道合戦で活動できなくなってしまった.電気泳動のデータは特に問題にならない.キメラマウスに関しては謎?若山氏との間でのコミュニケーションの齟齬があった?

個人的には3であって欲しいですが...

昨日の会見でのやり取りで

Q.第三者の追試成功はあるのでしょうか?
A.ありますが、個人名ですのでここでは発表できません。

Q.小保方さんが関与しないとSTAP細胞が確認出来ないので第三者の確認があれば強い説明となると思いますが
A.なるほど…

他の誰かがSTAP細胞を作って証明してくれるはずだ!と強く主張していたにも関わらず,第三者の追試成功が証明になることでは口をつぐんでしまう,,というのは明らかに矛盾したロジックでした.

STAP細胞は存在しない,かつ,Oさんもウソを付いてない,というのが真相で,結論は2です.
だから本人もなぜ周囲がこれほど騒ぐのか,分からないのでしょう.

わたしも会見を見てすっかり魅せられてしまいました.外見や話しぶり,細かい素振り等,非常に誠実に見える.
実際,真っ正直な人なのでしょう.だからこそ,周囲の人も彼女の雰囲気にのまれてしまい,これだけのプロダクトを作り上げちゃったってことでしょう.だますつもりは全くなかった,ってのがポイントなんです.

パーソナリティ障害なので,彼女を責めることはしないほうが良い.
また,弁護団の方は,彼女をこれ以上世間に出さない方が良い.
現在も入院中だと思いますが,その筋に詳しいドクターに相談してみて下さい.

この話題は今日で最後.



 
スポンサーサイト
  1. 2014年04月10日 19:35 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

exblogでランキングトップの記事です。私はこの意見に賛成です。時間があれば読んでみて下さい。

http://critic20.exblog.jp/21968209/
  1. 2014/04/11(金) 03:13:24 |
  2. URL |
  3. nori #-
  4. [ 編集 ]

たつおさんの示されたSTAP細胞の論文を少し読んでみると、生き残りの細胞でないという証明は、疑惑の差し替えた電気泳動の写真と博士論文からの写真ですね。一番大事なことを証明する2つのデータに疑惑があるとすると、これは修正では収まらないことになります。論文は見事な文章でこれは、上司が書いたものでしょう。それに合わせた結果を出してしまったということのようですね。
  1. 2014/04/11(金) 03:42:13 |
  2. URL |
  3. nori #-
  4. [ 編集 ]

noriさん

ブログの紹介ありがとうございました.わたしも同意です.
結局,例の論文では科学的事実としての証明はできてないんです.
今朝,S氏がSTAP現象はある,って語ったという報道がありましたね.ホント,ミステリーです.
  1. 2014/04/11(金) 07:53:47 |
  2. URL |
  3. たつお@奈良 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/1501-d7018717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)