自転車と家族の日記

My Life with bicycle

石鹸が作る食物アレルギー

食物アレルギー抑制、スキンケアにも注意を 兵庫医科大チームが発症メカニズム解明

 食物アレルギーには、皮膚に卵や乳製品などのアレルギー原因物質が付くことで発症するものがあり、発症には特定のタンパク質が関与していることを、兵庫医科大学(兵庫県西宮市)の善本知広教授らのチームがマウスを使った実験で解明し、3日発表した。

 タンパク質は「TSLP」で、この働きを抑えることができれば、乳幼児に多い食物アレルギーの予防や新たな治療法の開発に役立つという。

 事前にアレルギー原因物質を口などから投与することで、「TSLP」の増加が抑えられることも研究結果から判明。善本教授は「皮膚を通して食物アレルギーが起こることを知り、スキンケアにも注意してほしい」と話している。

 チームは、界面活性剤を塗り皮膚を弱い状態にしたマウスに、卵白に含まれるアレルギー原因物質の卵白アルブミンを塗り続けた。するとマウスはアレルギー体質になり、その後卵白アルブミンを口から投与すると、アレルギー症状を起こした。マウスの体内では、アレルギーの原因となる上皮細胞から生成されるタンパク質「TSLP」が増加していた。

 一方、皮膚に界面活性剤と卵白アルブミンを塗る前に、卵白アルブミンを口から投与したマウスでは、TSLPの増加は見られず、アレルギー症状も出なかった。(引用終わり)



界面活性剤を塗った皮膚に卵を塗ると,卵アレルギーを起こすってことです.
だけど事前に食べさせてると,アレルギーは発症しません。

界面活性剤って,要するに石鹸です.

今の育児書って,赤ちゃんを毎日石鹸で洗って下さいって書いてます.
その上,卵はアレルギーが怖いから,なるべく食べさせないように,ってなってます.

こういった指導が卵アレルギーを増やした原因になってきたのは間違いないでしょうね。

スポンサーサイト
  1. 2014年06月25日 23:07 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/1591-176d62cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)