自転車と家族の日記

My Life with bicycle

バブル?

ダウ平均株価の推移 - 世界経済のネタ帳

一昨日ダウ平均が初めて17000ドルを突破.
2008年にリーマンショックがあって,底をついた後はグングン上がってる.
リーマンショックの前は15000を越えなかったと思うので,今の株価は明らかに異常.
グラフを見ると明らかにバブルですな.アベノミクスもそれに乗っかってるわけだ.

アメリカがドルを刷る,日本も金融緩和ってことで,とにかくお金が余ってるのでしょう.

最近は株高なのに,国債も低金利です.
⇒債券の人気が高く,欲しがる人が多いので利率が低くても売れる.国債の人気がなくなれば,欲しがる人が少なくなって,利率が上がるって理屈らしい.今の10年物の国債は0.56%です.

普通はリターンの良い株に集中するはずですが,余ったマネーは債権にも流入してんでしょう.
投資家がリーマンショックで火傷したの覚えてるってこともある.

しかし,株と債券の二重高なんて,ちと危なくないかな?
それだけなら良いかもしれませんが,石油や天然ガスなんかのとか生活やエネルギーに欠かせない商品の価格も上がってしまい,新興国の貧しい人たちが苦しむことになってしまうでしょう.これって先進国の金融緩和の影響ですよ.

こんな状況おかしいので,またもやドーンって下がるときが来るはずです.

きっかけは何かな?

1,中国バブルの崩壊
2,大規模なテロ
3,ロシアとウクライナの戦争 
4,尖閣での日中の衝突?
5,米国の金利引き締め

くらいですかね?うーん,分からん.

問題はダウ平均が下げれば,日経平均はその倍くらい下がるってことです.
またバブル崩壊の苦しみが来るのかも?
スポンサーサイト
  1. 2014年07月05日 22:17 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/1609-771581f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)