自転車と家族の日記

My Life with bicycle

イージー・ライダー

easyrider.jpg

イージーライダーの映画に憧れてアメリカンバイクに乗った,なんて話を聞くことがあり,DVDで見てみた.

若者二人が自由を求めて,大陸を旅するって話だけど,映画素人のわたしには無理でしたな.
ストーリーのつながりが分からんし,会話も何を意味してるのか理解できない.
現代の分かりやすい映画と比べると,あまりに荒唐無稽.ストーリーに入り込めん.
昔ってこんな映画がスタンダードだったんでしょうか?

あと,1969年の映画だけど,「何となく気に入らない」って理由だけでヒトが殺される.
恐らく当事は人権意識も高くはなかっただろうから,今ほどの違和感はなかったのでしょう.
また黒人差別っぽい台詞もあるが,これも現代では許されないでしょう.
時代の変遷を感じさせるものではあった.
スポンサーサイト
  1. 2014年08月24日 22:18 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/1667-f6bcdcd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)