自転車と家族の日記

My Life with bicycle

溶連菌感染症 ~腎炎とリウマチ熱はなぜ減ったのか?~

わたしが中学生の頃,急性腎炎という病気になり,1か月ほど学校を休む羽目になった.
ある日,熱が出て,扁桃腺が腫れた.自宅で寝ていたのだが,なかなか熱が下がらない.
やっと下がったと思ったら,えらく黒っぽいおしっこが出るんです.
「これはっ!」って思い,父親(内科医)に相談すると
「腎炎や,寝とけっ!!」
ってなった次第.

それからは,あちこちむくんでしまい,ベッド上安静.
塩分を制限しないといけないってことで,無塩バターってのをわざわざ買ってきて,“まずっ!”って思いながらパンに塗って食べてました.

この急性腎炎を起こすのは,“溶連菌”という細菌です.
これって,風邪と一緒にあちこち飛び散るので,たまたま吸い込むと,のどが痛くなって,熱が出たりするんです.

溶連菌は急性腎炎の他に,“リウマチ熱”という,心臓を痛めつける怖い病気を起こすことでも知られています.

ところが,いま,子ども達の間で溶連菌ってのはものすごく蔓延しています.
特に保育所に行ってる子は,普通に持ってるんです.大変だ~,,子ども達が危ない!

なんてのは早計で,急性腎炎もリウマチ熱もほぼ過去の病気になってしまいました.
溶連菌はたくさんいるのに,その合併症は減ったんです.なぜでしょうか?

ここからは,科学的な話じゃないですが,推理です.

溶連菌関連の腎炎,リウマチ熱は免疫病です.細菌そのものが悪いんじゃなく,細菌をやっつける抗体ができると,その抗体が体を攻撃してしまうのです.

免疫は生まれたときにはほとんど自前の免疫力はなくって,徐々に発達し,4~6歳頃に完成します.
原則として,細菌でもウイルスでも,移植した誰かの組織でも,異物を追い出そうとするのが免疫です.
そのために抗体というのが体で作られるのです.
実は,年齢が小さければ小さいほど,体は免疫の相手と共存しようとします.
移植でも,低年齢の方が生着しやすいということが分かっています.

ですので,免疫病は,ある程度の年齢に達した児で,強く免疫応答が起こるときに発症するのです.
細菌やウイルスは,“初めて”感染するときにもっとも強く免疫が働きます.
2度目,3度目の感染になると,前の記憶があるので,強い免疫応答は起きなくなってきます.
この原則をご理解下さい.

では,過去にリウマチ熱は,どのような人が発症したのか?

実は最初に流行したのは米国の軍隊です.元気な若者の間で溶連菌が流行し,リウマチ熱になって苦しむ人が続出したのです.恐らく,軍隊で若者が集団で生活する間に,溶連菌が次々と感染して行ったのでしょう.それまで溶連菌が問題になることは少なかったので,大半は軍隊に入ってから初めて溶連菌の感染を経験したはずです.
だから免疫応答も強く,免疫病であるリウマチ熱が多く発症したのです.

もっと時代をさかのぼってみましょう.溶連菌と人類がいつからお付き合いしているかは定かではありません.19世紀後半に米国で書かれた若草物語には猩紅熱の記載がありますね.日本でも明治時代に猩紅熱ってあったそうです.それ以前にどのくらいあったかは分かりませんが,インフルエンザや天然痘のように歴史上で大流行したという記録はありません.

溶連菌は飛まつ感染でそれほど感染力の強いものじゃないでしょう.
昔から局所的な感染はあったでしょうけど,世界で大規模な流行が始まったのは若者が集団で生活するようになった第一次世界大戦くらいからだったのではないかと,わたしは考えています.

日本で溶連菌が増えだしたのは,1945年の終戦後,米軍が来てからではないでしょうか.
恐らく,米軍の人の中に,溶連菌を持っている人がたくさんいたのでしょう.
※菌を持っているけど,症状が出ないってのを保菌者と言います.
ウイルスと違って溶連菌の伝播する力は弱いので,何十年もかけてゆっくりと人々ののどからのど,鼻から鼻へ広がっていったものと思われます.

細菌が伝播するのは,集団生活です.軍隊もそうですが,もっと大規模な集団生活は,,,学校ですね.

戦後は6-3-3の教育が始まりました.小学生で初めて集団生活を開始するので,学童で溶連菌が流行したものと思われます.
この年齢で初めて溶連菌に感染した子どもは,免疫応答が強く,自己抗体を作る結果急性腎炎やリウマチ熱が起こすことになったでしょう.

1960~1970年代頃からは徐々に幼稚園が普及しだします.1980年代は大多数の子どもが幼稚園に通う時代です.
この時代には幼児の間に徐々に溶連菌感染が広がっていったのでしょう.
リウマチ熱や急性腎炎は,この時代から減少が見られだしました.

1990年代になってからは,保育所が発達しますます低年齢から集団生活することが当たり前になってきてます.現在では1歳児で約20%が既に集団生活を行っています.約70%は3歳までに集団に入るようです.

乳幼児の集団生活が当たり前になってくるとウイルス感染症とともに,鼻咽頭の細菌も広がっていくことになります.
ウイルスが誘発する咳にのって,溶連菌も飛び散るからです.

現在では集団生活での溶連菌の保菌率は20%にもなるそうです.
任意の時期に調べて,5名に1名が溶連菌を持っているのであれば
その他の4名も必ず溶連菌に曝露されているでしょう.

ということは大多数の乳幼児は溶連菌に知らない間に感染するか,もしくは保菌を経験しているということになります.
恐らく小学生や青年期になって初感染を起こす人というのはほとんどいなくなっているのでしょう.

何度目かの感染では,初感染ほど免疫応答は強くない.
だから急性腎炎,リウマチ熱になるような,自己免疫疾患を
起こすことはなくなってきたものと思われます.

まとめると,わたしの推理は,
近年,乳幼児の鼻咽頭の細菌叢に変化が起き
低年齢からの溶連菌感染(もしくは保菌)が普通になったから,急性腎炎,リウマチ熱が減った,というものです.
低年齢の感染症罹患は良いこともあるのでしょう.

今では溶連菌感染って,普通の風邪です.ほとんど心配要りませんよ.
スポンサーサイト
  1. 2015年01月31日 23:25 |
  2. 風邪はぜったい治療するな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/1828-3d0afe9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)