自転車と家族の日記

My Life with bicycle

イスラム国

赤丸のあたりにイスラム国が建国?されたらしい.
isuramu2015.jpg

なんでそんなのがいきなり現れたのか,自分なりにまとめてみる.
知識の整理をしておいた方が,ニュース見るときも分かりやすいので.

アラブの春ってありましたよね.シリアにもそれで民主化の波が押し寄せたようですが,アサド政権が倒されると思いきや,かなり頑張った.昨年6月に選挙があって,続投することになった.
中東はイスラムの宗派がモザイク状になってるので分かりにくいんですけど,アサド大統領はイスラムの中でもアラウィー派って言う,シーア派と土着の宗教が合わさった宗派なんですね.輪廻を信じるとか,一神教の世界では独特の世界観を持ってるので他宗派との折り合いが悪いらしい.

日本では国単位で物を考えるんですけど,あっちは国境線も後で引かれたものですから,国民国家って意識は薄い.部族単位で物を考えるみたいですね.だからイスラムの宗派同士で部族が結びつく.

宗教って,仏教とキリスト教みたいにまったく異なるものだったら意外に争いは起こらないんだけど,教義が近い方が激しく衝突するようです.中世ヨーロッパでも,ユグノー戦争ってカトリックとプロテスタントの戦争が長く続いたことがあった.イスラムだからって話でもない.

イスラムの中でもっとも多いのがスンニ派です.シリアの反乱軍の中でスンニ派が台頭してきた.シリアはイラクと国教を接しています.イラクはシーア派が多く,スンニ派は少数です.フセイン大統領(スンニ派)の頃はうまくバランスが取れていたのですが,今はスンニ派で不満を持つ人が多いようですね.それがシリアの勢力と結びついちゃったらしい.
イラク北部ってでっかい油田があるんですね.そこを制圧したんで,資金もものすごく潤沢だったようです.

それにしても,人質1人1億ドルって,政府は払えないことはないって金額だから微妙ですね.
人の命は地球よりも重いわけですが,これで払ったらまた誘拐されることになる.

こういった暴力を止めるのは結局は教育の問題でしょう.イスラム教ももともとは平和のための宗教です.
クルアーンも生活の規範が書いてあるわけで,ムハンマドが生きていた1400年前の常識で書いてある.
それを現在にあてはめて,しかもイスラム復興のためには人殺しも容認されるなんて,超拡大解釈だと思いますけどね.

今回の人質事件,ムハンマドは草葉の陰で泣いてるに違いない.
スポンサーサイト
  1. 2015年01月21日 23:59 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/1833-b91363a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)