自転車と家族の日記

My Life with bicycle

黄色ブドウ球菌とアトピー

黄色ブドウ球菌対策が有効か=アトピー性皮膚炎―慶大など
時事通信 4月22日(水)1時21分配信

 アトピー性皮膚炎とよく似た症状を示すマウスを遺伝子操作で生み出したところ、皮膚に生息するさまざまな細菌群の中で黄色ブドウ球菌が異常に増えて発症に至ったと、慶応大と米国立衛生研究所(NIH)の研究チームが21日付の米科学誌イミュニティ電子版に発表した。
 アトピー性皮膚炎の患者では、症状がひどくなると皮膚の細菌群の半分以上が黄色ブドウ球菌で占められる例が知られる。今回のマウス実験の結果から、皮膚の細菌群を正常化することが新治療法になる可能性が示された。ただ、細菌を退治する抗生物質を使うと、腸内の細菌群に悪影響が及ぶとみられ、工夫が必要になるという。
 慶応大医学部の永尾圭介元専任講師らが、皮膚の細胞の分化や機能を調節する酵素「ADAM17」ができないマウスを生み出したところ、乾燥肌やアトピー性皮膚炎のような症状を示した。
 離乳直後から抗生物質を投与し続けると皮膚の細菌群が正常な状態を保ち、皮膚炎の発症を抑えられたが、10週目で投与をやめると黄色ブドウ球菌が増えて発症した。 



引用終わり

なんか,短絡的な記事で笑ってしまいます.まるで抗生物質で黄色ブドウ球菌を殺せば,アトピーが治る,みたいな書き方ですな.ちょっと誤解を生むんじゃない?

アトピーの原因のひとつに黄色ブドウ球菌の感染があることは間違いない.
だけど,皮膚の上は黄色ブドウ球菌だけでなく,他の常在細菌もいっぱい住んでいる.
黄色ブドウ球菌は皮膚毒を出すので,アトピーを悪化させる.その上,自分が皮膚上で住みやすい環境を作っちゃうので,他の常在菌が生えにくくなる.
アトピーの子どもはもともと肌が弱い.遺伝的なものだけど,だから黄色ブドウ球菌が生えやすい.
皮膚上の細菌バランスが黄色ブドウ球菌>>他の常在細菌,となることが,アトピー性皮膚炎の皮膚炎につながっている.

しかし,安直に記事のように抗生物質を投与するとどうなるか?
実は,アトピーの悪化時には一時的に黄色ブドウ球菌が減少し,アトピーが改善することは分かっている.
もちろん,他の常在細菌も減少するのだが
黄色ブドウ球菌>>他の常在細菌 の状態で抗生物質を投与すると,黄色ブドウ球菌の方が減り方が激しいからだ.

だけど,アトピーを治すために投与を続ければどうなるか?
黄色ブドウ球菌は病原性が高いため,アトピー児だけでなく,とびひや他の皮膚疾患の原因にもなる.
病原性が高いとどうしても抗生物質に触れることが多い.細菌のターンオーバーも早く,耐性遺伝子を持ちやすい細菌である.
実際に黄色ブドウ球菌は,もっとも早く多剤耐性菌が問題になった.MRSAってやつです.

最初は
黄色ブドウ球菌>>他の常在細菌
で,抗生物質を投与すると一時的に効果があるが,何度か投与するうちに黄色ブドウ球菌には抗生物質の効果がなくなってくる.
すうなってくると,抗生物質の投与により,黄色ブドウ球菌はそれほど減らず,その代わりに常在細菌が減ることになる.

抗生物質投与後に
黄色ブドウ球菌>>>他の常在細菌
となって,ますますアトピーが悪化してしまうことになるわけです.

ということで,あまり短絡的な記事を信用しない方が良いね.

付け加えるなら,黄色ブドウ球菌に感染しやすい体質というのはある.
こちらのHPを参考にさせていただいたが

一般人口の20%の人が一生ずっと黄色ブドウ球菌を保菌する『永久保菌者』
60%が人生の一時期にのみ黄色ブドウ球菌を保菌する『一時的保菌者』
20%が一生黄色ブドウ球菌を保菌しない『非保菌者』

ということだ.

皮膚の蛋白質の構造に由来すると思われるが,遺伝的に黄色ブドウ球菌に弱い人は存在する.
問題は,そういう人は,生後すぐからでも黄色ブドウ球菌に感染しやすいということだ.

人の免疫は黄色ブドウ球菌のような病原性のある細菌を排除するような抗体を作る作用がある.
しかし,生まれてからすぐに細菌に感染し,その後ずっと保菌状態が続くと,免疫抑制がかかってしまい,抗体が作られにくくなってしまう.アトピーの成人では実際に黄色ブドウ球菌に対する免疫レスポンスが弱いことが証明されている.
(面倒だから引用文献なしです.)

つまり,遺伝的に皮膚が弱く,生まれてからずっと黄色ブドウ球菌等の病原性細菌を持ち続けることが,アトピー性皮膚炎の最大の発症リスクだということです.アレルギーは二次的に起こるもので,アトピーの悪化因子にはなるが,アトピー発症の直接の原因とは違います.

付け加えるならば,,なんで黄色ブドウ球菌がこんなに都合の良い細菌になったんだ?
という疑問がわいてきます.

これは,そういう風に皮膚の上で細菌が進化したからなんですね.
人の肌は様々な細菌だらけです.ほとんどは必要な細菌ですが.
しかし,細菌の寿命は短い.常に分裂を繰り返していないと,あっという間に死滅してしまいます.
分裂と再生を繰り返すということは,常に遺伝子の変動が起こって,細菌は変化していくということです.
そこであまりに強い病原性を獲得してしまうと,宿主である人を死滅させたり,人も強い免疫を持つようになるので,子孫を残す可能性が低くなる.
病原性がなく,常在細菌としてじっと生き残るのがひとつの方法です.あまり増えることはできないけど,死滅することもない.何十万年も人の肌で住むことで,人もそれを利用するようになっていった.細菌で皮膚のバリヤーを強化するのですね.

しかし,ブドウ球菌は違う方法で進化した.弱い病原性を獲得し,ある皮膚の上では増殖し,ある皮膚の上では増殖できない.皮膚の蛋白質は多様性があるので,我々ヒトの個体は,皮膚が強いか,弱いかの差を持っています.その多様性を細菌に利用されたのですね.

弱い皮膚の上では増殖し,強い皮膚の上では生きることができない.その中間の皮膚の上では,一時的に生きることができたりする.
ヒトは集団で生活します.弱い皮膚を持つ人は,キャリアーとなって,他のヒトにブドウ球菌をうつします.うつっても,強い皮膚のヒトは何も無いけど,中間の皮膚のヒトは一時的に保菌して,皮膚の上で増えることでキャリアーになることもある.

そうやって代々生きてきたのが黄色ブドウ球菌です.細菌の生き延びる戦略が,ヒトの皮膚の上で行われた結果なんですね.

そこで,非常に皮膚の弱い個体では慢性の感染を起こしてアトピー性皮膚炎を引き起こし,また赤ん坊から感染することで免疫抑制がかかった個体でも,アトピーを起こします.アトピーは皮膚の多様性,免疫の仕組みに加え,細菌の生き残り戦略が起こってる結果,ヒトが持つようになった病気なんですね.

なお,成人になって突然アトピーが治ったり,脱ステロイドで治ったというのは,何らかの方法でブドウ球菌に対する免疫抑制が取れた結果で起こるのだと思われます.(実証されてません.)

将来的には黄色ブドウ球菌のワクチンが開発されて,アトピーを治すことが可能になるでしょうね.



スポンサーサイト
  1. 2015年05月01日 22:46 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/1931-c609984a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)