自転車と家族の日記

My Life with bicycle

沖縄の不都合な真実

特に書くこともないので,少し前に読んだ本

okinawa20150611.jpeg

著者の意見は,

沖縄の経済は基地とそれに伴う公共事業に依存している.基地への反対運動は,沖縄の利権をがっつり掴んでる支配層が振興費を引き出すために行っていることで,反基地ではなく,反日がその正体ではないか.

沖縄はその歴史から本土に対する複雑な思いがあるのは確かだ.そのために本土の大手マスコミは,被害者意識と基地問題をリンクして考えるが,実はそれは本質ではない.被害者意識に対して反論しにくいことを利用し,振興予算を上げるため,反基地運動を中央政府との政治的な駆け引きに使っているのだ.

沖縄の振興予算ってここで見れますけど,3340億円と確かに巨額です.

沖縄の経済ですが

okinawa20150611.jpg

国庫支出金ってのが沖縄振興予算から来るもの.

税収(地方税)と国庫支出の割合を各都道府県別に計算してみると,沖縄が1.7とダントツでトップ.
ちなみに東京は0.1,大阪は0.3,北海道は0.67でした.
つまり,沖縄の経済は県民の税収より,振興予算の方がはるかに大きいってことになる.

こういった依存体質が沖縄の産業の発展を阻害してきた.
しかも,振興予算は公務員,大手土建会社などに回るだけで,社会福祉には回らない.
その結果,沖縄のジニ係数(所得の不平等さの数字)は国内トップになっており,社会的貧困層が増えている.

ってものです.

うーん,考えさせられる.
沖縄の人がこれ読んだらどんな感想を持つんでしょうね.



スポンサーサイト
  1. 2015年06月26日 23:17 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/1993-57d559bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)