自転車と家族の日記

My Life with bicycle

ターボプロップエンジン

先日大分まで行ったときの飛行機は
カナダのボンバルディア社のDHC8-Q400という機種だった.
ボンバルディア社はもともとはスノーモービルを作ってた会社ですね.ジェットスキーも有名です.
IMG_1169air.jpg

ペンシル型の細い機体にプロペラ.これはやばい,って思いましたが,,,
快適でした.プロペラでも力強い.

調べると,これもジェットエンジンの一種なんですね.
ジェットエンジンには,ターボジェットと,ターボファン,ターボプロップの3種類があるらしい.

ジェットエンジンの燃料はガソリン(みたいなもの)ですが,この燃料は圧縮した空気に入れると発火,爆発する性質があります.クルマのエンジンはピストンで空気を圧縮しますけど,ジェットエンジンは高速で移動するときの空気の流れと,それを利用したファンでの圧縮ですね.だから,スピードが速いほど空気が圧縮され,エンジンの出力が上がるってことになります.ジェット機は低速では飛ばないんですね.

ターボジェットはもっとも古典的なジェットエンジンで,圧縮した空気でジェット燃料を燃やし,その爆発力を後方に噴射して前方への推進力を得るものです.欠点は低速では極めて効率が悪く,爆発音がノズルから出るので音がすごいってことですね.
現在では主に戦闘機に使われているようです.

ターボファンってのが,我々が普通ジェットエンジンって思ってるの.ターボジェットと同じように圧縮した空気で燃料を燃やしますが,それでファンを回します.後方のファンは前方のファンと同軸で繋がっており,前方のファンがプロペラのように推進力を作ります.主に旅客機に使われるタイプですが,ジェットの吹き出しの周りに隙間があります.これが前方のファンで作られた空気の流れを後方に流す部分です.ターボファンは,爆発による推進力を直接後方に流すわけではないので,空気圧をコントロールしやすく,燃費も良いのですね.欠点は,推進力はファンなので,音速に近づけるのは無理.あと,ジェットエンジンの周りに空気を通さないといけないので,エンジンが大きくなるってことかな.ある程度大きな旅客機に採用されることが多い.

この飛行機はターボプロップですが.ジェットエンジンで作った回転力を前方のファンではなく,プロペラの回転力に変換するものです.利点はエンジンが小型化でき,ファンよりプロペラは大きいので低速でも推進力が出しやすく,燃費も良いってことです.欠点はターボファンよりも高速化が難しいってことでしょうか.

ちょっとWikiするだけで勉強になった.ネット時代は素晴らしい.
スポンサーサイト
  1. 2015年06月25日 22:40 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2000-08173520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)