自転車と家族の日記

My Life with bicycle

日本国憲法 前文

最近,憲法が話題になることが多い.

ところが,読んだこともないし,読んだとしても難しくってさっぱり分からないだろう.
大多数のヒトって同じじゃないのか?それじゃ,議論もできない.

とりあえず前文だけでも読んでみた.

1,日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

冒頭は,憲法の全体像を示すものになっています.

国民主権にして,議会制民主主義で国の方針を決定しなさい.また,日本国民とその子ども達のために,他の国々との協調と自由主義を貫くこと!絶対に戦争しちゃダメだよ.ってことかな.

直前まで戦争してたアメリカが作った憲法だから,反戦を強く盛り込むってのは自然なことのように思う.

2,そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

「そもそも国政は」・・・の“そもそも”には,全体主義に走って国のやりたいことばっかりするのはダメだよ,ってニュアンスが入ってるのでしょう.

続くのは国民主権の内容ですね.アメリカで始まった国民主権の考え方は,リンカーンの言葉
government of the people, by the people, for the people
に代表されるのですが,日本国憲法にもそれが反映しているのでしょう.

ただ,「これが人類普遍の原理である」,つまり,世界中どこにいってもそうなんだ!って言ってるのはどうなんかな.
アメリカ人の“俺たちの価値観が人類の価値観!”みたいな考えが出てるのですが,それって国際的な常識じゃないでしょう.
現実とは乖離があると言わざるを得ないですね.

続く「これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除」の詔勅ってのは天皇の言葉のこと.
天皇が憲法に従うってことを明確にしているのでしょう.

3,日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

この辺から分かりにくくなってる.
「人間相互の関係を支配する崇高な理想」の意味が分かりません.キリスト教の“神の下での平等”という思想が背景にあるのでしょうか.

「諸国民」は世界中の国の人ってことだから,自国だけでなく世界を信頼して,その上での安全と生存を保持する,ってこと.つまり世界中の国が「公正と信義」を持ってるはずだから,という前提がある.究極の平和主義ですね.次の国際社会の記載も含め,あまりに理想的というか,現実離れしているのは確か.「専制と隷従、圧迫と偏狭」がない国は現在でも世界中さがしてもない.キリスト教的天国を思い描いているのかも.

4,われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


ここはアジアに侵略?したことを反省しなさい,ってニュアンスを含んでいますね.主権国家同士は対等なもので,他国の主権を侵害しないことは,世界中の国が守るべき規範(政治道徳)なんだよってことかな.ただ,政治道徳の法則は普遍的,ってのはありえないですね.ここも究極の理想主義であるとも言える.

続いて「崇高な理想と目的」は日本で達成することを誓うのかな?
世界中がそうなるように(日本国民が)努力することに誓う,とも読める.

日本国憲法って,確かに理想主義的というか,現実離れしたところがあるみたいですね.
この理想社会を作るために世界をリードするのか?現実的な危機を避けるために,修正するのか.
どっちの言い分も正しいように思う.

憲法を改正するのは,最終的には国民の選挙による.
内容を知らなければ話にならない.けど,この難解な文章を一般の人は理解できるんだろうか?
わたしの読解力(中学生レベル)では厳しいですね.



スポンサーサイト
  1. 2015年08月14日 22:44 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2058-173be187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)