自転車と家族の日記

My Life with bicycle

安保雑感

安保はすごいことになってますな.
これは自分なりの考察をしておかないと,,って思い,つまらん文章のアップ.

憲法9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

赤字のところが芦田修正で,1946年にGHQが提示した憲法で,当時の日本政府の憲法委員会の芦田均氏が入れた文言です.

元になった英文は下記になります.

War as a sovereign right of the nation is abolished. The threat or use of force is forever renounced as a means for settling disputes with any other nation.
No army, navy, air force, or other war potential will ever be authorized and no rights of belligerency will ever be conferred upon the State.

第一文のsovereign rightは主権って意味でしょう. abolishedはabolish slavery (奴隷制度を廃止する)みたいに使われる動詞のようです.ニュアンスとしては,古い,悪い制度を廃止するってことかな.憲法では.受身ですから廃棄させられたってことです.
つまり,国家権力としての戦争を行う制度(社会体制?)は廃棄させられた.って意味になる.
原文は連合軍視線で書かれたものになっているようです.この辺が押し付けられた憲法って言われる所以なんでしょう.

第二文はがっつり軍隊の禁止をうたってる.
陸海空軍は二度と(ever),認められない(be authorized).交戦権は授けられない?(be conferred).
すべて受身の文章です.

まあ,いま読めばめちゃくちゃ上から目線の憲法なんですが,当時は戦勝国と敗戦国で対等ではなかったからですね.
アメリカも戦争で大きな被害を出したので,「もうたまらん」って思ったのでしょう.
二度とこんな目に遭わされないように,“小さい日本”になっておきなさいって意味だと思います.
国家権力を縛りたかったのでしょう.

ただ,この憲法は硬性憲法(改正が非常に困難に作られている憲法)として作られているので,後世に強い影響がある.
当時は戦争が終わったって言っても,ソビエトの脅威が残っていました.
だから,芦田氏は将来は軍隊を持てるようにと,赤字の部分を追加したということでしょうか.

それによって,どうなったか?ニュアンスは随分変わった.

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求するために,軍を持たない.

という意味になりました.ということは裏を返せば

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求できなければ,軍を持てる.

となる.

前項の目的を達するためがその次の文章までかかってるとすれば

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求できなければ,交戦権を持つ.

も言えるでしょう.

実際,太平洋戦争終結後,5年も経たないうちに朝鮮戦争が起こりました.
このとき,アメリカが軍を出さなかったら,南朝鮮,日本も共産化してしていたでしょう.
その後アジアの民主主義の拠点として,アメリカが日本に軍を持つように要請した.
つまり,米ソの対立が自衛隊を作ったんですね.
自衛隊が良いか悪いかはともかく,当時,芦田氏が文言を入れてなければ再軍備はできなかった.

さて,集団的自衛権は憲法9条に反してるのでしょうか?どう思われるでしょう.

憲法学者の意見が二分しているのは,9条が玉虫色だからに他ならない.
そうなると自分の信条が意見に反映されるので,大きな日本を目指したい人は合憲,小さな日本を目指したい人は違憲の判断を出すでしょう.
だから憲法学者がこう言うから,ってのはまったく当てにならない.
報道ステーションには違憲の人ばっかり出演しますしね.自分達で判断するしかない.

しかし,今回の騒ぎほど醜いものはなかったな.

日本は三権分立ですが,最高権力は立法府である議会です.総理大臣(内閣)じゃないよ.
内閣は行政機関(法律の執行役)で,裁判所は法律に合致しているかどうかを決めるだけです.
ということで,議会が一番強いんですよね.

その日本の最高機関の人々の態度がね~
議会の決定は話し合いで行うってのが民主主義の原則です.あれって完全に暴力じゃない.
しかも,様々な抜け道を使って,長々と演説したり,採決のやり方も唐突ですしね.
某氏の葬式パフォーマンスなんて最悪でしょう.

同じ国で党派が違うってだけで,話し合いで決められないのであれば,やっぱ“切れれば”戦争になりますね.
やっぱ,国ってのは恐ろしいもんだ.
スポンサーサイト
  1. 2015年09月19日 23:02 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2109-7687b46e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)