自転車と家族の日記

My Life with bicycle

生命の星の条件を探る

少し前に読んだ本


著者の阿部氏はホーキング博士と同じ病気とのこと.
全身の麻痺が進む病気だけど,かろうじて動く指でパソコンを操作し,この本を書いたらしい.
すごい情熱です.

この手の本はたくさん出てるけど,氏の研究テーマである水と地球環境についての記述が多い.
個人的にはプレートテクトニクスが地球環境の安定に寄与しているという話が良かった.文章も平易で分かりやすい.
難をいえば,図解が少なく,文章ばかりなので,ビジュアルな説得力に欠けるってところかな.
氏の病気のことを考えれば仕方ないのか?

地球外生命がいれば面白いけど,いくら文明が発達しても,他の惑星との交流は無理でしょうね.
生命の証拠だけでもつかめればとっても面白いのだが.


スポンサーサイト
  1. 2015年09月26日 22:05 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2116-4b0d58b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)