自転車と家族の日記

My Life with bicycle

大仙陵古墳

最近,古代史の本を読んだので,ブロンプトンで大仙陵古墳までポタリング
昔は仁徳天皇陵って呼ばれていた古墳です.仁徳天皇が実在したか定かでないので,現在は大仙陵古墳と呼ばれるようになった.

写真は前方後円墳の南端から.


前方後円墳とは言っても良く分からない.単に低い山って感じです.

日本史は,魏志倭人伝にある3世紀の卑弥呼の記載から,4世紀は記録がないのでずっぽり抜けている.
当時の倭には記録を残すほどの文明はなく,中国は五胡十六国時代で戦乱が激しかったので記録もないんですよね.
その間に中国を除く東アジアの各国では統一政権ができつつあったらしい.
中国が頼りにならなくなったので,自分のところでまとまったということでしょうか.

5世紀になると宋ができて,また記録が残っているが,その頃に作られたのがこの古墳群らしい.

とにかく巨大.面積では世界最大とのことなんで,ものすごく強力な支配者がいたはずです.
中国の始皇帝とか,ピラミッドを作ったクフ王に匹敵するような歴史のヒーローがいたはずですが.
残念ながら記録がなければ,何もわからない.


スポンサーサイト
  1. 2015年10月04日 23:19 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2126-2b0ce4a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)