自転車と家族の日記

My Life with bicycle

1000年前

Wikiから


ちょうど1000年前の1115年.
この頃は平安時代,藤原氏の全盛期です.

天皇は三条天皇で,中宮は道長の娘,妍子.
翌1116年には道長が摂政となって

「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」
と,詠まれたのが21018年とのこと.

藤原氏が当時の政治を動かしていたのは間違いないのに,この歌が横暴とされたおかげで,権力闘争を繰り返す悪いやつら,ってイメージになってしまったんですね.
“妬み”を買うような行動や発言は,多くの人々の反発を買うってことか.
スポンサーサイト
  1. 2015年11月02日 22:28 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2159-c1608ea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)