自転車と家族の日記

My Life with bicycle

人体 失敗の進化史



動物の遺体を解剖することで,進化の過程を調べるのを遺体科学って言うらしい.
DNAで調べたりするのじゃなく,見た目で勝負ってのが古くて新しい.
ヒトがヒトになるために,どれほどの紆余曲折があったのか,その一端が垣間見える内容です.

ヒトってのは決して完成品じゃない.むしろ,動物がたまたま獲得した様々なパーツを改変して,何とか適応しているってのが真実でしょう.しかも,産業革命以来の大きな変化には,ヒトの体はとてもじゃないが追いつけない.
だから現代社会の環境は,ヒトが住むには決して良い物じゃないんですね.
むしろ,体が適応できずに様々な病気の原因になってしまっている.

この本は文章も平易で理解しやすいし,お勧め.
スポンサーサイト
  1. 2016年04月03日 19:08 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2322-bfb915ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)