自転車と家族の日記

My Life with bicycle

ホッブス

リバイアサンで有名なホッブス(1588-1679)の研究者による本です.


えらくマニアックな本でした.社会学の知識がないと楽しめる本じゃないな.
知らない人名がわんさか出てきて,混乱した.文体も読みにくいが,文系の人ってこんな本をスラスラ読めるんだろうか?
正直言って,読むのが苦痛だった.もったいないので最後まで目を通しましたが.

近代的な,領域と主権が決まってる国家は,社会契約論がないと成立しなかった.
ホッブスは,人間は自然権を持ち,生存のために自然状態では「万人の万人に対する闘争」が発生するのは避けられないとした.
だから,人々が契約した強力な権力に,社会秩序を作ってもらうべきだと考えたようです.
王権を認める理論だって思っていたけど,著者によるとホッブス自身はそうは考えていなかったみたい.
権力は議会や国民でも良いですからね.

ホッブスが活躍したのは,17世紀前半ですから,宗教改革が起こった後で,ヨーロッパの人々の精神世界がガラッと変わった時代です.
イギリスでは国王を処刑したピューリタン革命,ヨーロッパ大陸では中世最大の戦争である30年戦争と重なります.
どちらも宗教がらみですし,30年戦争の後のウェストファリア条約で,主権国家の概念ができた頃だったというのがポイントでしょうか.
ホッブスの思想には,神が社会をコントロールするという中世的な考えから人間中心になっていったのと,臣民に対する国の役割がどうあるべきか?が見直される時期だったという,2つのことが影響しているのではないかな.

民主主義って,社会契約論がなければ始まらない.中華思想では無理だったし,中国や日本にはホッブスみたいな思想の土壌はなかったですしね.一神教がこういった世界を作ったのは間違いないでしょう.皇帝や天皇より偉い誰か(神)がいて,その権威がなくなっていったときに,新たなる主権者として国民の存在がクローズアップされた.

ホッブスの後にロック,ルソーって続いて,アメリカ市民革命,フランス革命が起こり,国民国家が形成された.
著者はホッブスの社会哲学がなければ,その後の思想的な展開はなかったと考えているようです.



先日のことだけど,東京五輪のエンブレムが決まったとのこと.



おいおい,どんだけ地味なんだ?これで良いのでしょうか.
このエンブレムで,国民の力を結集してオリンピックを成功させようって気になるかな?

↓前のデザインの方がはるかに良かったと思うのはわたしだけだろうか?
f4239ce1.jpg
スポンサーサイト
  1. 2016年04月30日 22:23 |
  2. 読書と映画の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2346-8e5e0d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)