自転車と家族の日記

My Life with bicycle

聖徳太子

コンビニで買った本。


別冊宝島は素晴らしい。A4カラーで100ページ以上もあって、たったの1000円。
コンビニで売られるってことは、初版での部数がすごいだろうから、この値段になるんですね。

面白い本でした。聖徳太子が活躍した時代の解説と、非実在論の紹介まで様々な角度から解説いてある。
非実在論ってのは1996年に大山誠一氏が本を出した中で唱えられた説らしい。
確かに当時のことは大部分は日本書紀に書かれたことから推理するしかないわけで、政権の思惑は入ってくるでしょう。
特に日本書紀を編纂した藤原不比等は、蘇我氏を滅ぼした中臣鎌足の息子ですから、蘇我氏が悪く書かれるのは仕方ない。
そうでないと、乙巳の変の正当性がなくなってしまいます。

本から得た知識だと、聖徳太子は仏教を伝えたから美化されて、伝説になりましたけど、実在しなかったというのあhあまりにも飛躍した議論のようです。

写真は太子道
P1020101syoutoku.jpg

聖徳太子は晩年は斑鳩に移り住んで、飛鳥まで通ったらしい。
その道を太子道と呼んでいる。

聖徳太子が座って休んだとされている石。
P1020104syoutoku.jpg

太子道は全長28Kmもあり、通うのは大変だったろう。
何のために聖徳太子が飛鳥を離れて斑鳩に来たのか、良く分かってないらしい。
スポンサーサイト
  1. 2016年05月08日 23:00 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2359-32480b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)