自転車と家族の日記

My Life with bicycle

保育所での誤食

産経新聞の記事から


アレルギー児への給食、保育所3割で誤配・誤食 1500超の施設で発症 厚労省が全国調査

 食物アレルギーのある子供の給食について、間違えて配膳(はいぜん)してしまう「誤配」やほかの子供に配膳された食べ物を食べてしまう「誤食」が保育所の約3割で起きていたことが、厚生労働省による全国調査の速報で10日、分かった。約1割の1500超の施設で実際にアレルギー症状が起きていた。

 調査を担当した東京慈恵医大の吉沢穣治講師(小児外科)によると、食物アレルギーは低年齢ほど多いのが特徴で、誤食しないよう見張り役の職員が十分に確保されることが必要という。調査対象となった全国約3万3千施設のうち、3月初めまでに回答した約1万4千施設(4割強)の集計を終えた。

 集計によると、回答の約3割に当たる4138施設が「平成27年度に誤配・誤食があった」とした。実際にアレルギー症状が起きていたのは1589施設だった。誤りの原因は「アレルギー対応ではない給食を間違えて配膳した」(1890施設)が最多だった。

引用終わり


この記事、アレルギー学会が保育所に「誤食させるな!」って訴えているように見える。
しかし、現実には本当に食物除去が必要な乳児はほとんどいない。医者から過剰な食物制限が指示されているだけです。
食物アレルギーは食べることで治る。特に乳児はそうなんです。

食物アレルギーの子供が増えたのは、「危ない!」って情報ばかり出している学会の責任が大です。
それを上から目線でこんなデータ出すなんて、止めてくれと言いたい。
保育の仕事は大変だ。そもそも、あのがちゃがちゃしている1~2歳児で、誤食を防ぐなんて不可能です。
ひとりだけ別の食事なんて、教育的にも良くない。

医者は、アレルギーが心配で来院した母親のために、アレルギー抗体を持っているかどうか、血液検査で調べる。
そこでちょっとでも抗体があれば、食べさせないように指導する。しかし、99%の赤ちゃんはホントは食べられるはずです。
食物アレルギーは赤ちゃんの時代に食べるから治る。それなのに、わざわざ病院を受診して、検査をすることで食物アレルギーを作ってしまっているのです。

学会はそんな雰囲気を作ってしまった責任を取るべきです。
こんなバカな調査より、赤ちゃんにいかに食べさせるか、という方法を考えないといけないのですが。
方向性を誤っているとしか思えませんな。
スポンサーサイト
  1. 2016年05月10日 22:29 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2362-984bcc93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)