自転車と家族の日記

My Life with bicycle

五経博士

最近読んだ世界史図譜から

前漢の時代、紀元前136年に武帝によって五経博士が設置され、儒学の官学化が行われた。その前の時代に漢国内で呉楚七国の乱が起こってしまった反省から、思想統制のために儒学の解釈を統一する必要があったのでしょう。

古代ローマでキリスト教が国教になったのが313年。その時にもニケーア公会議が行われて教義の統一が行われた。為政者ってのは、歴史のどこの時代でも同じことをしてるみたいですね。各国、各時代で人々の価値観をまとめるのに、いかに苦労してたかが分かります。

当たり前だけど、社会ってのは人間の集団で構成されている。もともとホモ・サピエンスは脳の多様性を確保することで集団として生存競争に勝ち残ってきた。脳の中でもっとも多様性に富む部分は前頭葉で、創造力を司る部分です。実は前頭葉は個体が生き抜くためにはまったく必要なく、むしろ重いし消費エネルギーが大きいので、生存競争には不利になります。それなのに、ここを大きくするように進化してきたのは、とってもパラドキシカルですが、マンモスを狩るためには、個人の力量を上げるより、集団としての能力を向上させたほうが効率が良かった。だから前頭葉はどんどん大きくなっていったのでしょう。

他の生物なら思想統制は簡単です。鮭は集団で川を遡上する、雁も群れになって空を移動する、みんな同じように行動するでしょう。だけど、人間は“変わったことをする奴”が一定の割合で混じってるのが普通。それが為政者には邪魔だったのでしょう。

人間集団に同じ価値観を持たせるのにもっとも成功したのはキリスト教かな。
宗教だけじゃなく、マルクス主義の影響力もすごいと思うけど。

王滝MTBから郵便物が届いた。何かな?って思った開けてみれば、なんと表彰状でした。
IMG_3401outaki.jpg

年代別3位!おー、素晴らしい。またぜひ出場したいですな。

スポンサーサイト
  1. 2016年06月12日 23:39 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2398-6aa6db32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)