自転車と家族の日記

My Life with bicycle

「右翼」と「左翼」のなぞがよくわかる本

コンビニで買った本


相変わらずコンビニの本は安くて楽しめる。

戦前、戦中、戦後まで、政治的な主張に暴力を伴うことが多かった。
また、そういった政治結社の主要人物、思想家が国によって処刑されることも多かった。

ロシア革命は皇帝一家と資本家を皆殺しにして、労働者が政権を持つという革命です。
当時日本は天皇が神だということで国民をまとめていた。日本人のアイデンティティもそこから来ている。
ロシア革命の影響を受けたコミンテルンや共産主義国家が力を持つというのは、許しがたいことだったでしょう。

と考えると、朝鮮までのロシアの南下や満州を緩衝地帯にしたかったという気持ちも分かります。
でも、結果的に中国の共産化を助けちゃったんですけどね。

今は暴力革命ってありえないけど、ほんの近代までそれが当たり前だったってことは分かっておいた方が良いように思います。
スポンサーサイト
  1. 2016年08月20日 23:41 |
  2. 読書と映画の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2473-9254049e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)