自転車と家族の日記

My Life with bicycle

自由民権運動



明治初期の自由民権運動は,明治6年の政変で追い出された負け組みの人々が火を付けて,権力を奪われた不平士族の間に広まった.

薩長藩閥の人々が政治を牛耳ってる.なぜ俺達の意見が通らないのだ!という反骨心が全国的な運動につながった.
結果として,国会が開設されたり,憲法が作られることにつながったのだから,それなりの意味があったのでしょう.
選挙権を得るために、当時の人々がどれだけ苦労したかのかが分かりますね。

今の政治も,とやかく言われてますが,選挙という形で参加することはできる.良い時代です。


スポンサーサイト
  1. 2016年09月01日 22:06 |
  2. 読書と映画の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2485-e57750e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)