自転車と家族の日記

My Life with bicycle

台風一過

昼の健診で


昨日は台風でしたが,今日はすっかり涼しくなった.
千切れた雲が,ずっと続いてますね.


虐待を受けたり,保護者が何らかの理由で養育できなくなった子どもは施設に入ることになる.
その中のいくつかに関わっているが,ソフト面もハード面も昭和を思わせるくらい古臭い.
福祉行政の中で,忘れられているという気がします.
老人ホームはあんなに立派なのがたくさんあるんですけどね.

子どもには選挙権がない.だから子どもの生活環境向上のためには,税金が投入されることは少ない.
ましてや,保護者がいない子ども達がどんな環境で育てられているのか?実態を知っている人はごく僅かでしょう。

虐待を受けて育っている子どもは,様々な発達のゆがみがある.
そのまま成人すると,社会的なインパクトは極めて大きい.アメリカではそれを経済的損失として計算されている.
ここに投資して,正常な発達を促すことは,生涯賃金など将来のリターンが極めて大きいということは常識になっている.

しかし,某学会で子どもの政策立法に関わっている議員が,そういうことを初めて知った,と言っていた.
わたしにとっては常識だったので,正直言って驚愕した.
政治家がその程度の認識なんだから,目の前の施設がボロいのも当然なんですね.

もうちょっとでも子どもたちに“幸せ感”を感じさせてあげることはできないだろうか?
どこへ,どういう風に声をあげていけば良いのか?わたしには良く分かりませんが.


スポンサーサイト
  1. 2016年08月30日 22:36 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2488-716abff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)