自転車と家族の日記

My Life with bicycle

Cultureと文化

英語のカルチャーの語源は,「畑を耕すこと」,とのこと.そう言えば,聞いたことがあるような・・
日本語では文化になるらしい.これって面白い対比だと思うけど.

ヒトがなぜ生存競争に勝つことができたのか?実は,ヒトの最大の武器は文化です.

デジタル大辞泉によると,文化とは

人間の生活様式の全体。人類がみずからの手で築き上げてきた有形・無形の成果の総体。それぞれの民族・地域・社会に固有の文化があり、学習によって伝習されるとともに、相互の交流によって発展してきた。

ということですが,何かイメージがわかない.

文化とは,つまり,太古からヒトが培ってきた,生きるための情報の蓄積のことです.

Culture以前にも文化はあったでしょう.石を叩いて,するどくしたら動物の皮を剥ぐのに使えるだとか,透明感のある黒っぽい石(黒曜石)はとっても鋭く割れるとか,人々の間ではそういった情報が伝わっていった.
そのうち,狩猟採集の生活から農耕が起こるようになった.最初は種を地撒きしてたでしょう.
ある日,何かのきっかけで耕しておけば,麦が良く育つことに気がついた.
この知恵(情報)を,周りの人々に伝えよう.次世代にも伝えよう,ってことになった.
これが文化ですね.Cultureは文化の原型だったとも言える.

なお,人はものすごく長生きです.これは文化と関係します.
チンパンジーの平均寿命は50年くらいですが,出産ができなくなると死にます.
他の動物もそうですね.次世代に遺伝子を渡すと,その個体は死ぬのが普通です.

ところが,ヒトだけは,生殖年齢を過ぎても生き続けます.
長生きは種として生き残るためには不利です.1人当たりの食料が減るからです.
子どもを作れなくなったら,さっさと死んだ方が良い.その方が,子ども達に餌を残すことができる.
そう考えて,鮭は産卵後さっさと死んじゃいますよね.

“第二の人生”が長いヒトはかなり特殊な生き物です.寿命を延ばすことが選択されたのはなぜか?
その理由が文化にあります.つまり,寿命を延びたのは,情報を次世代に伝えるためなのです.
世代間で情報が伝えられると,世代を経る毎に情報は蓄積します.
それが文化となり,人類を繁栄させる決定的な“強み”になったわけです.

こう考えると,老人の話はちゃんと聞かなくてはいけませんね.


わたし,いつもはぼろいGパンとポロシャツで,着る物に無頓着なタイプです.
アラフィフになり,さすがにいい歳なんで,もうちょっとマシなカッコをしようと一念発起.

で,昨日、アウトレットの立派な店でジャンパーを買った.

↓こんなブランド
IMG_4584.jpg

革のジャンパーですが,なんと定価20万円!!値札を見てひっくり返りそうになった。
しかし、値引きがあって,買値は7万円とのこと.それでも高いけど.
ブランド服って,定価があってないようなものですな.




スポンサーサイト
  1. 2016年09月05日 20:46 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2494-3970cfa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)