自転車と家族の日記

My Life with bicycle

氷河時代

大阪市立自然史博物館で特別展をやっていた。


気候変動について、分かりやすく展示してある。

氷河期というのは、世界中のどこかに氷河がある時代のことで、現在も氷河期です。
恐竜の時代は暖かかったけど、徐々に気温が下がり、約5000万年前に南極大陸に氷河ができはじめた。
氷河期には長い氷期と、その間に比較的暖かい間氷期が交互にやってくる。
最終氷期は約7万年前から、約1万1700年前に暖かくなって間氷期へと移行し現在に至ります。
人類の文明は、最終氷期が終わってからの間氷期のものです。

これは氷期に生きていたナウマンゾウとオオツノジカ
IMG_4759.jpg

大阪平野にもいたらしい。

見上げてみるとかなり大きい。日本でも昔はこういった大型動物を狩ることで食料にしていた。
ホモ・サピエンスは集団で狩りができるように進化していく必要があったということだろう。
豊富な食料がある間は文明ができることはなかった。温暖化して動物がいなくなったために、やむなく農耕を開始したのでしょう。


スポンサーサイト
  1. 2016年09月19日 20:51 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2512-6b86b07c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)