自転車と家族の日記

My Life with bicycle

ガラスの地球を救え



手塚治虫氏のエッセイです。手塚氏は1989年に亡くなったとのこと。
確かに1980年代は変化の激しい時代だったんで、このままだったら地球が壊れちゃうんじゃないか?なんて思えたでしょうね。
いつの時代も大切なのは子どもでしょう。現代社会は子どもたちに決して優しいとは思えない。
現世代の借金を、子どもたちに背負わせるってのだけは避けたいですな。





スポンサーサイト
  1. 2016年10月02日 22:59 |
  2. 読書と映画の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2524-dba3daea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)