自転車と家族の日記

My Life with bicycle

東条英機 大日本帝国に殉じた男

アマゾンで中古で買って読んでみた.


東条英機は近代史の最重要人物であるにも関わらず,どんな人物だったのか,首相になる前にはどんな仕事をしていたのか?
あまり知られていないのではないでしょうか.歴史の教科書でも,開戦時にいきなり登場する人物です.

氏の人生が簡潔にまとめられてる本で,当時の時代背景もわかりやすい.
しかし,驚くことにこの本は絶版なんですね.東条英機のことが話題になるのは,タブーなんでしょうか?

軍人の父のもとで生まれ,典型的な昭和の価値観を持って生きた人物です.
開戦時の首相ですが,実際は日本を戦争に仕向けたのではなく,軍隊という大きな組織が戦争に突っ走っていくのを止められなかったという風に書かれています.天皇が戦争を望んでいなかったからなんですが,それは実際にそうでしょうね.

映画に登場するときには,冷徹な悪役として描かれているのですが,この本での東条英機の方が実際に近いのでしょう.
戦後の価値観で読むと,ちょっと衝撃な一冊ですが,読んでみるのは悪くない.とってもお勧めな本です.

スポンサーサイト
  1. 2016年11月12日 21:36 |
  2. 読書と映画の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2569-02fce3ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)