FC2ブログ

自転車と家族の日記

My Life with bicycle

疫病と世界史



この本、前半は良いんだけど、後半の文章があきれるほど読みにくい。
もうちょっと一般の読者向けにかみ砕いて説明してほしいものです。

大きな文明が持つ感染症は、そのコミュニティ内では毒性をなくしていくが、その免疫がない集団に感染症が入り込むと、とてつもなく猛威を奮う。
感染症があったからこそ、文明は他の小さな文明を次々と吸収して大きくなってきたのかもしれませんね。

スポンサーサイト
  1. 2018年01月18日 19:58 |
  2. 読書と映画の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/2988-4e63a155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)