自転車と家族の日記

My Life with bicycle

にわかエコノミスト2 ~公務員の給与を上げよ~

一昨日からの続き.

世の中の景気を良くするためには、みんなにお金を使ってもらわないといけない。

安倍政権になって、建設国債を大量に発し、その国債を日銀に買わせて、復興のためのインフラ建設とかに投入するらしい。
これって日銀に刷らせたお金を企業に回すってことになりますので、一気に関連する株価が上昇しました.

金融破たんのリスクが増えるので,日銀は当然嫌がる.
左系のヒトも,そんなお金があったら福祉に回せってことになるでしょう.

だけど、もうちょっと直接的な方法もあります。
わたしは国家公務員の給料を上げれば良いと思いますね。

景気が悪くなって民間の給与が下がってくると、国民の不満が溜まってくる。
企業が儲からないのは国の政策のためだ、ということで、不満の捌け口を議員や公務員に向けたりします。

企業の赤字と国家の赤字を同列に考えて
「国も赤字なんだから人件費を削減すべきだ.」
なんてことが正論みたいに思われる.

だけど、そんなことはないでしょう.国家経営と企業経営ではキャッシュフローが全く違います.
企業は売り上げが悪ければ人件費を削るのは当然ですが、国や自治体の出て行くお金,入っていくお金を考えると、企業とは全然質が違います.
支出に占める人件費の割合も高くない。多少人件費を削減したって、国や自治体の赤字をどうこうできるってことはないでしょう.

だけど、テレビとか新聞、雑誌なんかでも議員の給料にはとっても厳しいですな。
マスコミの人たちもとっても良い給料貰ってるはずなんですけどね。
文句付けるなら自分たちの給料も開示しろ!って言いたい.

すると民意は公務員給与を下げろ!って話になって,公務員給与を大幅に削減する政策を出すヒトが選挙で通ったりする.

↓年収ラボより
IMG_6146hhjjj.jpg

国家公務員の給与も下がってきてるようですが。。

しかし、これって景気対策としては逆になっちゃってるでしょう。

今みたいに物が売れなくなると企業業績が悪くなる。多くの企業が人件費を削りだすと、市中にお金が周らなくなって、物=金のバランスが崩れ、物>金になる結果、金の価値が上がり、物の値段が下がる。

一見良いことのように思うが、物の値段が下がればますます企業は苦しくなる。
さらに日本のような輸出立国では、デフレ(=金の価値が上がる)になることは円高を引き起こし、輸出した物が海外で高くなってしまい、ますます企業業績を悪化させてしまいます。

これがデフレスパイラルだけど、一番の原因は日本国内でお金が市中に出てこないことでしょう。

公務員給与を下げれば、彼らが物を買わなくなる。
ますます物が売れずに、デフレスパイラルを激しくしているようなものなんです。
また、将来の給料が下がる見込みなら、不安が大きく、みんなお金を貯蓄に回しちゃうってのも悪影響です。

特に現役世代でバリバリ働いているような人には十分な給料を出すべきです。
もちろん、予算が厳しいのは分かる。世論も反対するでしょう。

だけど、予算を一番圧迫しているのは年金ですので、そこからお金を引っ張ってくれば良い。
特に公務員向け年金(共済保険)は優遇されてますからね。

そこに税金を使うのを控えましょう。
今の日本にしちゃったのは、引退世代の人たちの責任ですからね。
また、その世代の人ってとってもお金を持ってる。その割りに使わんからね~

こうやって、うまく引退世代からうまく現役世代にお金を回していけば良いと思うのですが、どうでしょう。

公務員制度の悪いところは、民間みたいに簡単に首が切れないってことです。
だから緊張感がないし、使えないのにも給料を払い続けないといけない。
その部分が一番改革が必要だと思うな~、、働かないと首になるかも、って緊張感があるからこそ、熱心に仕事するわけですからね。

あと、民主党が公務員の採用をなくしたのは愚策中の愚策です。
それなら上の方の首を切れ!と言いたい。





スポンサーサイト
  1. 2012年12月22日 18:53 |
  2. 色々、考えたことなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/885-d585a2f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)