自転車と家族の日記

My Life with bicycle

雪山から色々考えた

2013_01_20_10_29;_IMG_5986

なぜ奈良みたいなところに,こんなに雪が積もるんだろう?

考えてみた。

冬型の気圧配置はこれ.
kiatuhaiti.jpg

日本は西に世界最大の大陸が,東には世界最大の海があるというものすごく特異な場所にある.

冬になると,陸は冷たくなる.一方,海は冷えにくい.
シベリア当たりの地面の温度は氷点下だろう.
対して,太平洋が凍りつくってことはないので,海水温は0℃以下にはならない.
地球表面の温度の差はかなりのものになる.

ということは気温も大陸>海ということになり,空気密度に差ができる.
大陸の空気は重く,海の方が軽いことになる.
結果、海上の空気は上に移動し,冷やされて大陸側に下りる.
地表面では逆に大陸から海に空気が移動する.

こんな理屈で大陸から太平洋に向かう風が吹くことになる.

さて,もうひとつすごいのは,日本は大陸から少しだけ離れた,微妙な位置にあるということだ.

太平洋は世界最大の海だけど,地球は球体で自転しているので,赤道に近い方が速いスピードで地表が動いていることになる.

対して,海水のような流動体は,その場に静止しようとして,地表が動く方向と逆向きの力が加わる.
この力は赤道付近で最も大きく,北に行くほど小さくなる.地表の移動スピードが落ちるからだ(白矢印).

そのため,太平洋の北半球では時計周りの海流ができ(コリオリの力),日本の近海は南から暖かい海流が流れてくることになる.これが黒潮となる.
kaiyruu21212_1.jpg

日本と朝鮮半島の間には隙間があるので,黒潮の一部が対馬海流となって,日本海に流れ込む.
南からの暖かい海流が、日本海という狭い海域を暖め、空中の水蒸気量を増やす。

冬型は大陸から海に向かって風が吹くので,日本海の上の水蒸気を含んだ空気が日本に移動する.
日本はプレートの狭間で,土地が凸凹している.山が多いわけだが,そこに水蒸気を大量に含んだ風が当たって吹き上げると,上空で冷やされた空気が雪を降らせることになる.

そのお陰で日本海側は世界一の豪雪地帯とのこと

じゃ,何で奈良の山までそんなに雪が降るのかと言うと,,.

関西には琵琶湖っていう大きな湖がある.
琵琶湖の北の方は高い山がなく、風が吹き込むことになる.
それが鈴鹿山脈とか台高山脈に当たって雪を降らせることになるのだと思います.
6333345464654.jpg

スポンサーサイト
  1. 2013年01月22日 20:32 |
  2. 色々、考えたことなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

なるほど!

昨日と今日のブログを読んで大自然の驚異に感動しました!
先生!本当に博学ですね!しかし、最近の冬山登山はどんどんエスカレートしていますね!
山の事故には十分に気をつけて下さいね。
まだ自転車は辛そうですね!長引いていますね…時間薬なのかもしれませんが、ちょっと心配です。
今週に入ってインフルA型が急に増えました!柏原もですか?



  1. 2013/01/23(水) 02:50:37 |
  2. URL |
  3. A木 #-
  4. [ 編集 ]

Re: なるほど!

A木先生 ありがとうございます。

当地でもインフルの流行始まりました。けど、やっぱり少ないですね。
ブログの記事はあちこちネットで調べたり、本で読んだりのつぎはぎです。


> 昨日と今日のブログを読んで大自然の驚異に感動しました!
> 先生!本当に博学ですね!しかし、最近の冬山登山はどんどんエスカレートしていますね!
> 山の事故には十分に気をつけて下さいね。
> まだ自転車は辛そうですね!長引いていますね…時間薬なのかもしれませんが、ちょっと心配です。
> 今週に入ってインフルA型が急に増えました!柏原もですか?
  1. 2013/01/23(水) 22:04:43 |
  2. URL |
  3. たつお@奈良 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/927-cae7b7e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)