自転車と家族の日記

My Life with bicycle

元興寺(がんごうじ)

今日は新大阪で会議。

先日、興福寺に行ったとき、南都七大寺のうちの一つ,元興寺にも行ってきた.

ちなみに南都七大寺ってこれ(Wikiより)

興福寺(こうふくじ、奈良市登大路町)
東大寺(とうだいじ、奈良市雑司町)
西大寺 (さいだいじ、奈良市西大寺芝町)
薬師寺(やくしじ、奈良市西ノ京町)
元興寺(がんごうじ、奈良市中院町、芝新屋町)
大安寺(だいあんじ、奈良市大安寺)
法隆寺(ほうりゅうじ、生駒郡斑鳩町)

南都というのは京都から見た南都ですね.奈良時代に平城京周辺にたくさんの寺院が建てられたけど,都が京都に移ってからも,奈良ではお寺が大きな勢力を持ち続けたってことが分かります.

しかし,元興寺は思っていたよりもずっと寂れた,うらぶれた感じのするお寺でした.
2013_01_24_16_42;_IMG_6094

そんなところなのに,持っている文化遺産はすごい!
建物は国宝だし,重要文化財指定の仏像もずらり.

↓本堂は国宝です。
2013_01_24_16_43;_IMG_6095

その他にも収蔵庫には室町時代の仏像とか,めちゃくちゃ価値のあるものが無造作に置かれている.
心配になるくらいだ.

あと,すごいと思ったのが,何と飛鳥時代!の瓦が残ってて,屋根に使われてるんですよ.
飛鳥時代って,1400年も前です.聖徳太子とか,蘇我氏とか,天智天皇が活躍してた時代.
2013_01_24_17_00;_IMG_6112

そんな時代に生きた人々が作った瓦を見れるなんて、、、いや~感激ですな.

飛鳥時代の瓦のアップです。
2013_01_24_17_01;_IMG_6116

元興寺は元々蘇我氏の氏寺で,飛鳥寺の兄弟分に当たるらしい.

元興寺も興福寺も古い歴史のある寺院だし、持っている文化遺産もすごい。
ですが、経営的には非常に厳しいようです。

一方で、葬式ビジネスで大成功している寺院もあるんですけどね。
お寺の価値とか、存在意義って、どこにあるのか?

スポンサーサイト
  1. 2013年01月27日 22:10 |
  2. 歴史散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/932-361446c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)