自転車と家族の日記

My Life with bicycle

冬の大台ケ原ヒルクライム

念願の冬季大台ケ原に行ってきた。

朝5時起床。大台ケ原ドライブウェイ入り口手前に駐車。旧道が残ってるのでちょうど良い。
迷惑にもならんでしょう。

7時15分出発。かなり寒い。氷点下は間違いない。
2013_03_03_07_07;_IMG_6693

さて、ここから上ります。通行禁止になってますけど、登山者ということで許してもらいましょう。
2013_03_03_07_11;_IMG_6695

いきなり凍ってます。
2013_03_03_07_12;_IMG_6696

スパイクタイヤがやっと活躍。つるつるで立てないくらいの氷ですが、滑らないですね。
2013_03_03_07_12;_IMG_6697

上ってると、氷のところが増えてきます。スパイクでないと無理です。
2013_03_03_07_49;_IMG_6712

しばらく上ると、またゲートが。写真は通過後。どうやって通ったかは想像にお任せ。
2013_03_03_08_10;_IMG_6717

向こうに大峰山脈。大普賢岳を見ながら上ります。
2013_03_03_08_41;_IMG_6730

他に誰もいない。この景色独り占め。

辻堂林道との合流地点。
2013_03_03_08_55;_IMG_6732

こんな感じで走ってます。
2013_03_03_09_22;_IMG_6738

樹氷も見えるようになってきました。
2013_03_03_09_42;_IMG_6750

徐々に道の雪が多くなってきました。タイヤが潜るので走りにくい。
2013_03_03_09_24;_IMG_6742

あと7Kmの時点で、、、ついに雪山が。走行不能です。
2013_03_03_09_53;_IMG_6755

ちょっと一息。仕方なくMTBを押して進みます。
2013_03_03_10_19;_IMG_6764

ところが、雪の抵抗が大きく、めちゃくちゃ疲れる。
あと5Kmのところで自転車をデポ。歩いて行こうとしたのですが。
2013_03_03_10_32;_IMG_6767

しばらく歩いて南側斜面ま行くと,雪が少なくなることに気付き、再びデポしたところまで戻って自転車で。
なんとかこいつも上まで連れて行ってやりたい。

雪の多いところと少ないところが数100m毎に繰り返します。

アイスバーンのところは自転車に乗って、雪のところは押していきます。

雪が少なくなると乗りやすい。黒っぽいところは全て氷です。
2013_03_03_11_23;_IMG_6768

後半の乗車率は3割くらいですかね。最後の2Kmははめちゃくちゃ体力使った。もう限界。。。

何とか大台ケ原の駐車場まで。ここまで4時間13分。もうヘロヘロでした。
2013_03_03_11_23;_IMG_6769

もちろん売店は開いてない。自販機も作動していません。

テルモスに入れてきた温かいお茶とおにぎりで昼食。
2013_03_03_11_32;_IMG_6774

実は日出ヶ岳まで自転車で行こうって思ってたのですが、余裕なかった。
今回はここで断念。

さて、下りです。

上りのトレースに沿って走りますが、やっぱり雪で進まない。
2013_03_03_12_43;_IMG_6787

乗車できるところはラッキーですが、、
2013_03_03_12_52;_IMG_6789

こんな雪が多いところはやっぱり押しが入ります。あーしんど。
2013_03_03_12_58;_IMG_6790

大台ケ原ドライブウェイは上り返しも結構あって、その度に消耗します。

半分ほど下ると雪が少なくなってホッと一息。
向こうに見えるのは近畿最高峰の八経ヶ岳と弥山です。
2013_03_03_13_03;_IMG_6794

紀伊半島の山々。八百万の神がいるのかな?
2013_03_03_13_28;_IMG_6796

その後は凍ってるとこを慎重に下って、クルマまで。
行動時間は7時間弱でした。

山鳩の湯に寄って帰る。
2013_03_03_15_05;_IMG_6816

他の人には一人も会いませんでした。
この時期に上るのは体力も半端なく消耗します。雪山の装備も必須です。

スポンサーサイト
  1. 2013年03月03日 22:15 |
  2. MTBであちこち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ホンマに行ったんや、凄い!
次はランでどうですか?
4月に高野山を登ります
(もちろん走って)
  1. 2013/03/05(火) 00:11:22 |
  2. URL |
  3. アラフォーライダー #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Nさん

背中を押してくれてありがとう。
この時期だから上れたけど、もっと雪深かったら無理だった。

高野山をランで上る方がすごいッス。
アラフィフのサブスリーは、全国にもそうはおらんやろな~
  1. 2013/03/05(火) 22:10:10 |
  2. URL |
  3. たつお@奈良 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tatsuonobicycle.blog10.fc2.com/tb.php/986-e25b420d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)