自転車と家族の日記

My Life with bicycle

家族という病

連休中に読んだ本


実はわたしの母親が作者と友人とのことで,紹介された.

しかし,内容ははまったくダメダメでしたね.
家族という価値観に縛られない方が幸せなこともある,って言いたかったんだと思いますが,それを伝えるにはあまりに作者の身内を悪く書きすぎてます.もうちょっと伝え方があるでしょう.
表現力も文章力も感じられず,読んでも気分が悪いだけ.正直言って時間の無駄だった.
この本が何十万部も売れたというのは信じ難い.
  1. 2017年02月13日 23:14 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沈黙 -サイレンス-

連休中に観た映画.
遠藤周作氏の原作を映画化した沈黙 -サイレンス-


17世紀はじめ,江戸幕府によってキリスト教の迫害が行われている日本にやってきた宣教師の苦悩を描くものです.
ある文化にまったく違うイデオロギーを持ち込むことの摩擦と,信仰を捨てることの葛藤がテーマになってる.

映画で描かれてるのは,ヨーロッパでは宗教改革の後,カトリックが対抗宗教改革で世界各地に布教して回っていた時代です.
当時のヨーロッパ人の価値観はキリスト教に根差したもので,それを捨て去ることは,人が人でなくなるほどのインパクトがあったのでしょう.現在は多様な価値観が当たり前で,当時の精神世界は想像しにくいですが.一神教の神を信じさせることで相手を救うと考えるおせっかい精神が,世界を席巻していったんですね.

人間が人間になった最大の理由は“祭り”の精神があったこと,つまり集団意識なんですけど,その代表が宗教です.
映画の後半ではイデオロギーの対立がくっきり描かれてて,支配者階級は異教が広まることがはっきり平和を害する行為だと考えています.だけど,悲惨な生活を強いられていた農民は,新しい救いに飛びついた人も多かったでしょう.
現世に不満のある人ほど違う宗教を求めたはずです.

上映時間は長いですが,最後まで退屈しなかった.ストーリーも分かりやすく,わたしでも楽しめるし勉強になった映画でしたね.ただし,ラストの演出はいらんかったかな.

  1. 2017年02月12日 20:23 |
  2. 読書と映画の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古代ギリシャ展

神戸市立博物館で


古代ギリシャからローマに服属するまでの歴史に関係する展示があった.
西洋の石作りの文化は,古いものでもよく残ってるのでいいですね.

その間約7000年,ローマから現在まではたった1700年だから,古代史の方がずっと長いということになる.
  1. 2017年02月11日 23:25 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20年前

特に書くこともないので,昔の写真など.

ちょうど20年前


友人(Nさん)と出場したオフロードレース.
ヘルメットをかぶってるのがわたし.

このときは残念ながらフレームが折れてリタイヤだったと思う.
それにしても元気だった.バイクのレースはめちゃくちゃ興奮した.
良い思い出です.
  1. 2017年02月10日 21:00 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ままごとや

朝仕事,昼から会議.夜は会食.

最近はまってる心斎橋のままごとやへ

金目鯛のお寿司と,毛がににかに味噌ソースをかけたもの.


若い店主ですが,魚料理が美味しいですね.
お店の雰囲気も良.ここはリピートします.
  1. 2017年02月09日 22:49 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケリ



この時期の田んぼでよく見かけます.
ルックスは悪くないのですが,鳴き声がうるさすぎる.
  1. 2017年02月08日 22:32 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョウビタキ

朝の自転車通勤で

滝川にいたジョウビタキ


背中の白斑が特徴です.
IMG_2754jyou.jpg

ネットで見ると,ピントがもっとドンぴしゃりな写真が多い.
これはキャノンのコンデジ20倍ズームで撮影したんですが,どうしてもぼやけてしまいます.
うまい撮影の方法があるのでしょうか?

  1. 2017年02月07日 22:53 |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0